日本語の「~こと、~もの」を韓国語にすると、일と것になります。

これらは何を基準に区別し、どのように使い分ければいいでしょうか?

今回は「일と것」の違いを解説していきます。

일のニュアンスと使用例

仕事や用事、職業としての意味

일は大きく二つの意味に分けることができ、一つは「仕事や用事」というニュアンスです。

주말도 할 이 많습니다.
週末もやることがいっぱいです
다음 달부터 새로운 을 찾아야 돼요.
来月から新しい仕事を探さないといけません
오늘은 볼 이 있는데요.
今日は用事があるんだけど

一番多いのは仕事や職業としての意味で使うケースでしょうか。

また일을 보다で「用事を済ませる、用を足す」という意味があります。

出来事やイベント、ある事情

일には「出来事やイベント」というような意味もあります。

무슨 이 있어?
何かあったの?
이 아니야.
大したことじゃない
급한 이 생겼어요.
急な事情ができちゃいました

急な事情と用事は似ている部分もあるので、どうとらえるかは人によりますが、いずれにせよ「일」です。

것の意味と使用例

特定の「人やもの」を意味する

ある人物やものを指す場合に「것」が使われます。

特定のものを指す場合

이 귤 누가 산 야?
このみかん、誰が買ったの?
지금 쓰는 은 논문이에요.
今書いているのは論文です

買ったものは「みかん」
書いているのもは「論文」

このように、代名詞のような使い方をすることがあるのも特徴です。

거は것の口語で、話す時はよくこの形になります。

特定の人を指すケース

너는 내 야.
お前は俺のものだ

人は所有物ではないので「おまえは俺(私)のものだ」と異性から言われたい人がいるかはわかりませんが、このように人を指すこともあります。

考えや行動などを表す「~すること」

것は考えや行動などを意味することもあります。

わかりやすく言うと「~すること」のような表現をする時です。

웃는 은 스트레스를 푸는 효과가 있습니다.
笑うことはストレスを解消する効果がありますよ
내 꿈이 의사가 되는 이에요.
私の夢は医者になることです
어제는 택시를 타고 집에 간 예요.
昨日はタクシーに乗って家に帰ったんです

「笑うこと」
「医者になること」
「タクシーに乗って帰ったこと」

どれも考えや行動そのものを指していますね。

일と것を区別してみよう

「いいもの」と「いいこと」の違い

일と것を使った文を比べてみましょう。

좋은 을 샀네요.
いいもの買ったね
좋은 이 있을 거야.
いいことあるよ

ここでの것は「モノ」を指しますが、일は「出来事」を意味しています。

것がものを表すことはあっても、일がものを表現することはありません。

남의 이 내 , 내 도 내 .
人の物は俺のもの、俺の物も俺のもの

したがって、ジャイアンのセリフには「것」を使うことがわかると思います。

同じ文でも일と것では異なる文になる

同じような文でも、일と것のどちらが入るのかだけで、全く違う意味になります。

놀라운 이 있었어요.
おどろくものがあったんです
놀라운 이 있었어요.
びっくりすることがあったんです

ここでの것も「もの」を意味しますが、일は「出来事」です。

つまり、びっくりするような「もの」と「イベント」の違いですね。

일と것どちらを使う?

次の「일の文」を訳してみてください。

생명을 구하는 입니다.
생명을 구하는 입니다.

※答えはタップすると見れます

일の文は仕事や用事なのか?出来事やイベントを意味するのか?を見極めましょう。

まとめ

1.일が指すもの
仕事や用事
出来事やイベント

2.것が表すもの
ある人や物
行動や考えなど

もし일と것で迷ったら、まずは일を当てはめてみて、違うようなら것を使ってみましょう。

大抵はそれでなんとかなるでしょう。