진짜と정말は、どちらも「本当」を意味する言葉です。

同じ意味で使うことが多いため、これらの違いで迷ってしまう人もいるかもしれません。

そこで今回は、진짜と정말を含めた「本当」を表す表現についてです。

Ads

「本当」を意味する表現

「事実かどうか」を確認をする

「話が本当なのか、真実かどうか」について話す時に、진짜や정말が用いられます。

이현빈-L

그 사람이 결혼했대.
あの人結婚したって

최지현-R

진짜?/정말?
本当?

疑問文で使うことも多く、どちらも意味に変わりはありません。

また、진짜と정말の他に、英語の「REAL」から来た「레알?」なんて言葉もあります。

「진짜、정말、레알」いずれも、同じように使います。

「本当であること」を主張する

진짜や정말を「肯定文」で使えば、自分の話が「本当だよ」とアピールすることになります。

김대호-L

나 UFO 봤어.
俺UFO見たんだ

양승희-R

에이, 거짓말.
うそだ~

김대호-L

진짜야/정말이야.
本当だって

「本当だよ」という主張に対して、「うそだ」と相手の話の否定したいのであれば、거짓말を使えばOKです。

数学でよく使う「참」

진짜や정말の他に、本当を意味する言葉には「참」もあります。

참には「理にかなった、物事の真理」という意味があり、「理にかなっていて正しい」ことを表します。

そのため、数学の「真偽を問う問題」などによく使われます。

다음 공식은 인가 거짓인가?
次の公式は真か偽か?

1.(x+y)² = x²+2xy+y²

2.(x-y)² = x²-2xy+y²

3.(x²+y)² = x⁴+2xy+y⁴

真偽と言えば難しく聞こえるかもしれませんが、要は「物事が成り立つかどうか?」です。

数学で「참」が使われるのは、公式や法則が成立するかを問う問題が多いからですね。

そのため、一般的な○×の問題に「참」は使いません。

Ads

진짜と정말の違い

진짜と정말のニュアンス

진짜と정말の本来の意味は、このようになります。

진짜:真実である、本物である
정말:嘘や偽りがない

진짜?と聞けば「本当のことを言ってるんだね?」というニュアンスになり、정말?なら「その言葉に嘘や偽りはないんだね?」となります。

要は、聞き方が違うわけです。

使い方や意味は同じでも、そこにたどり着くまでのアプローチが違うのが진짜と정말です。

진짜と정말を使い分けるべき状況

意味は同じと言っても、진짜と정말を使い分けないといけない時はあります。

目上の人と話す場合や公の場などです。

김철수-R

이건 정말 중요합니다.
これは本当に大事です(

김철수-L

이건 진짜 중요합니다.
これは本当に大事です(×

진짜には「マジです」のような、くだけたニュアンスがあるので、友達との会話に使っても、仕事の場では使わない方がいいでしょう。

もちろん試験の作文も同じです。

次の( )に入る単語を考えてみましょう。ただし진짜と정말を使ってはいけません。

황수지-L

그 사람 말이 ( )예요?/이에요?
あの人の話は本当なの?

よく使う言い方ですが、日本語を直訳すると、答えにはたどり着けないでしょう。

※答えは最後にあります。

Ads

文の意味を強める言葉として使う

「本当に、すごく」という意味

진짜や정말は、後ろに来る言葉の意味を強める時に使うこともあります。

兵士-R

이게 진짜 맛있어.
これ、すげえうまい!

이소룡-R

정말 영어를 잘 하네요.
本当に英語がうまいね

話を強調する時に「すごい、マジで、本当に」という言葉が入るのは、日本語も同じですね。

「참」もよく使われる

「참」も意味を強める時によく使われます。

정현주-L

오늘 날씨가 좋네요.
今日は本当に天気がいいね

한상우-L

경치가 좋다.
すごい景色が綺麗だ

この場合であれば、「진짜、정말、참」どれもを使っても同じということですね。

また、참は정말と同様に、公の場でも使える語彙です。

まとめ

1.本当かどうかを話すのが진짜や정말

2.진짜と정말の意味に差はない

3.話相手や場面によって진짜と정말は使い分ける

 사실(事実)

直訳すると「事実なの?」となります。

진짜や정말も間違いではないですが、こういう言い方も覚えておきましょう。