単語を辞書で調べると、「名」や「動」あるいは「形」といった「品詞」が表示がされています。

品詞とは、単語を「意味や特徴」に合わせて分類(カテゴライズ)したもの。

この品詞の種類がわかれば、より効率よく辞書が使えるようになっていきます。

Ads

체언(体言)

文章の中でメイン、すなわち「核」となる部分です。

助詞(이/가や은/는、을/를など)と一緒になることで、主語(何が)目的語(何を)として使われます。

명사(名詞)

辞書を引くと명(名)と書かれている単語です。

「学校、勉強、恋愛」といった一般名詞もあれば、人名や地名のような固有名詞があります。

女子1-L

一般的な名詞の例
사람, 사랑, 꽃, 하늘, 평화

男子1-R

固有名詞の例
한국, 일본, 서울, 도쿄

依存名詞に注意

名詞を含めた体言は、それだけで意味を持ち、単独でも使用することができます。

しかし、依存名詞と呼ばれるものものだけは別です。

例えば、것は「こと」を意味しますが、必ず「내가 보낸 것」のように、それを説明する他の言葉と一緒に使うことになります。

それだけでは意味がわからないからですね。

男子2-L

依存名詞の例
것, 줄, 수, 바, 지, 듯, 채, 만큼

依存名詞は辞書に의명(依名)と明記されます。

대명사(代名詞)

「これ、それ、あれ」のような言葉のことで、辞書には대(代)で記されます。

女子2-R

人を指す代名詞の例
나, 저, 너, 당신, 우리, 이분, 그분, 누구, 아무, 어르신

デブ-L

モノを指す代名詞の例
이것, 그것, 저것, 무엇

女子3-R

空間を指す代名詞の例
여기, 거기, 저기, 어디

鬼軍曹-L

時間を指す代名詞の例
인제, 아무 때, 어느 때

人やモノを表す言葉だけを考えがちですが、場所や時間などを指す言葉も、代名詞にはあります。

수사(数詞)

文字通り数を表す言葉で、辞書には수(数)と明記されます。

「いち、に、さん」と数える漢数詞と「一つ、二つ、三つ」と数えていく固有数詞があります。

数詞について、詳しくは「漢数詞と固有数詞について」を参考にしてください。

Ads

용언(用言)

文章の中でも意味の中心、結論を表す述語(どうだ、どうする)としてよく使われます。

述語は意味を伝える上で最も大事な部分で、これがないと結論のない文になってしまいます。

一般的な動詞と形容詞の他に、있다/없다や이다が用言として扱われます。

동사(動詞)

行動などを表し、辞書には동(動)と表示されます。

女子4-R

난 어제 남자친구랑 만났어요.
私、昨日彼氏と会ったよ

リーR

오늘은 삼겹살을 먹어요.
今日はサムギョプサル食べるよ

文中では「どうする」の部分によく使われます。

형용사(形容詞)

状態など表し、辞書には형(形)と表示されます。

アジュンマ-L

셔츠가 하얘요.
シャツが白いです

yuna-L

하늘이 파래요
空が青いです

文中の「どうだ」の部分を表します。

이다(~だ、~である)

이다(~だ、~である)は、「助詞」に分類され、辞書にも助詞として表示されます。

しかし、使い方が動詞や形容詞と似ているため、用言の一つとして扱われています。

男子1-R

나는 10년전에는 대학생이었어요.
私は10年前は大学生でした

医者-R

저기는 도서관입니다.
あれは図書館です

-입니다や-이에요、-이요などは、みんな이다の語尾が変化したものです。

用言を述語として扱わない「連体形」

動詞や形容詞は、述語以外にも使われることもあります。

女子3-L

코트를 입은 여자를 봤어요.
白いコートを着た女性を見たよ

yuna-L

공원에서는 운동하는 사람이 많아요.
公園では運動している人が多いです

「白い」や「運動している」はそれぞれ、「コート」や「人」を修飾する言葉で、述語(結論)ではありません。

使い方としては日本語と似ていますが、こういう部分も含めて「動詞と形容詞を区別する」必要があります。

Ads

수식언(修飾語)

修飾語は、意味を付け足す言葉です。

後に来る単語や文の内容を補足したり、意味を強めたりします。

韓国語の修飾語には、冠形詞(連体詞)と副詞の2種類があります。

관형사(冠形詞、連体詞)

日本語の連体詞に相当し、辞書には관(冠)と表示されます。

冠形詞(連体詞)は名詞を修飾するのが特徴なので、必ず名詞の前で使います。

医者-R

책 저한테도 보여줄래요?
その本私にも見せてくれる?

男子1-R

 옷이 맞아요?
服で間違いないんですか?

本や服といった言葉に「その」や「この」が付くで、意味がプラスされています。

「この、その、あの」の違い

話し手のそばにあるもの「これ」
聞き手のそばにあるもの「それ」
お互いから離れているもの「あれ」

連体詞「この、その、あの」や代名詞「これ、それ、あれ」の、距離に対する感覚はこのようになります。

兵士-L

그거 어디 갔지?
あれ、どこ行ったっけ?

デブ-R

그게 뭔데?
あれ?

ただし、目に見えない特定のものを指す場合、日本語なら「あれ」ですが、韓国語では「それ」になります。

부사(副詞)

辞書には부(副)と表示され、動詞や形容詞などの意味を強めます。

女子2-L

날씨도 추운데 빨리 가자.
寒いし、早く帰ろう

アジュンマ-L

이게 엄청 밋있네!
これ、超うまいね

早く行く、うまい」など、もとの意味が強化されていることがわかると思います。

Ads

관계언(関係語)

조사(助詞)

助詞は조(助)と表示され、名詞や代名詞などと一緒に使います。

ビッグボス-L

고기보다 생선 좋아해요.
僕は肉より魚が好きです

鬼軍曹-L

치킨 맥주 잘 어울려요.
チキンはビールとよく合います

助詞の使い方によっては、主語にも目的語にもなるように「文章内での役割、位置関係」が変化するので、「関係語」と呼ばれます。

日本語にも助詞はあるので、深く考えなくてもいいですが、「基本的な組み合わせと使い方」だけは覚えておきましょう。

독립어(独立語)

감탄사(感嘆詞)

感嘆詞は감(感)で表示されます。

日本語では、間投詞(かんとうし)、感嘆詞(かんたんし)、嘆詞(たんし)などとも呼ばれます。

男子1-R

, 이게 진짜 맛있다!
わあ、これすごいうまいよ!

女子1-L

진짜? 나도 먹어봐야겠다.
本当?私も食べてみないと

感動、応答、呼び掛けなどを表すので、それだけでも文として成立します。

まとめ

1.文の主役となる体言
名詞
代名詞
数詞

2.結論を表す用言
動詞
形容詞
있다/없다や이다も用言として扱う

3.体言や用言に新たな意味をプラスする修飾語
名詞には連体詞
動詞や形容詞には副詞

4.助詞によって文中の名詞や代名詞の役割が変化する

5.感嘆詞は単独でも文が成り立つ

辞書を引く時は、単語の品詞にも目を向けるようにしてみましょう。