白いワイシャツ」
開放的な部屋」
うれしそうな表情」

名詞に新たな意味をつけ加えるため、形を変えた動詞や形容詞を「連体形」といいます。

用言が連体形になると-는や-ㄴ/은などになりますが、一見すると同じ形もあるため混同しやすくなります。

動詞の連体形は「現在、過去、未来」で考える

現在には「-는」で『~している』を使う

現在について話す時には-는を使います。

거기서 이야기하는 사람이 수연이에요. 
そこで話をしている人がスヨンです
이거는 내가 자주 먹는 라면이에요.
これは私がよく食べるラーメンです

「~している」というニュアンスになるものが多く、文形はパッチムの有無にかかわらず、語幹に-는が付きます。

過去の話は「-ㄴ/은」で『~した』になる

過去の話をする時には-ㄴ/은を用い、すでに「~した」という意味になります。

방금 전화로 이야기한 사람이 누구예요?
さっき電話で話した人は誰なんですか?
아침에 빵이랑 같이 먹은 요거트예요.
朝にパンと一緒に食べたヨーグルトです

語幹のパッチムの有無で「-ㄴ」と「-은」を使い分けます。

未来の話の「-ㄹ/을」は『~する』ニュアンス

未来の話には-ㄹ/을を使い、これから「~する」というニュアンスです。

같이 이야기할 사람이 없어서 외로워하는 거 아닐까?
一緒に話す人がいなくて、寂しがってるんじゃない?
둘째가 태어났을 때는 맨날 천천히 밥 먹을 여유가 없었습니다.
二番目が生まれた時は、毎日ゆっくりごはん食べる余裕がなかったです

パッチムがない動詞には「-ㄹ」を用い、パッチムがある動詞には「-을」を付けます。

動詞による修飾は「現在、過去、未来」の3つに分けて考えることができるので、ニュアンスが区別しやすいと思います。

形容詞の連体形は時制で区別しない

「-ㄴ/은」は現在と過去の区別がない

形容詞による修飾は、語幹に-ㄴ/-은を付けます。

現在の話

즐거운 주말을 보내세요.
よい週末をお過ごしください
어두운 곳에서 책을 보면 눈이 나빠져요.
暗いところで本を見ると目が悪くなりますよ

過去の話

캠핑 가서 가족들이랑 즐거운 시간을 보냈어요.
キャンプに行って家族で楽しい時間を過ごしました
어두운에서도 독서를 했지만 시력이 안 떨어졌어요.
私は暗いところでも読書をしたけど、視力は下がらなかったです

語幹のパッチムの有無で「-ㄴ」と「-은」を使い分けますが、現在と過去どちらも同じ形になります。

形容詞は「どうだ」という事実を表すだけ

形容詞による修飾が動詞のように過去と現在を区別しないのは、形容詞が状態や属性などを表す言葉だからです。

属性や状態は、時間に左右されるものではありません。

基本的に中身は変わらないのが形容詞の特性で、動詞と形容詞の-ㄴ/은を区別するポイントにもなります。

過去でも未来でも「黒いものは黒い、白いものは白い」のです。

「-ㄹ/을」は未来ではなく『推測』になる?

形容詞も未来形の-ㄹ/을で使うことはあります。

방이 더울 경우 에어컨에서 큰 소리가 날 수 있습니다.
部屋が暑い場合、エアコンから大きな音がする場合があります
신청자가 많지 않을 경우 강의가 취소될 수도 있습니다.
申請者が多くない場合、講義が中止になることもあります

先のことについて話すので「~であろう」という感じのニュアンスといえばいいでしょうか。

-ㄴ/은にしても話が通じないわけではないので、形容詞を-ㄹ/을にして使う機会は少ないかもしれません。

連体形の否定文にも違いが出る

動詞の「-지 않다」と使う場合

用言の連体形が否定文になる際、どのように変化するのかも押さえておきましょう。

먹지 않은 음식까지 치워버리면 어떡해요!
まだ全部食べてない料理も下げてどうするの
(過去形)
질리지 않는 게임이 없을까?
飽きないゲームはないかな
(現在形)
서울 집값이 떨어지지 않을 이유가 과연 무엇일까요?
ソウルの住宅の値段が下がらない理由は一体何でしょうか?
(未来形)

過去形:-지 않다に「-은」が付いて-지 않은
現在形:-지 않다に「-는」が付いて-지 않는
未来形:-지 않다に「-을」が付いて-지 않을

動詞の連体形は、否定文でも「現在、過去、未来」の3つに分けて文型を作りましょう。

形容詞の「-지 않다」と使う

形容詞も文型は肯定文と原則的には同じです。

비싸지 않은 노트북을 추천해 주세요.
高くないノートパソコンでおすすめはありますか
(状態)
올해 봄은 작년처럼 쌀쌀하지 않을 거에요.
今年の春は去年みたいに肌寒くはないと思うよ
(推測)

状態:-지 않다に「-은」が付いて-지 않은
推測:-지 않다に「-을」が付いて-지 않을

形容詞の連体形は否定文になっても、-ㄴ/은と-ㄹ/을になります。

否定文も動詞と形容詞の文形に則りながら、練習してみましょう。

まとめ

時制 動詞 形容詞
過去 -ㄴ/은 -ㄴ/은
現在 -는
未来 -ㄹ/을 -ㄹ/을

連体形はそれぞれのニュアンスをうまくとらえながら、使い分けていきましょう。