韓国語の「~させる」って?使役の表現の種類とややこしくなるパターンは?

韓国語を勉強している人が、難しさを感じるのが「使役」です。 日本語で「~させる」と表現することの多い使役は、韓国語になると「~させる」と訳せないものがたくさんあるからです。 今回は、使役の表現の種類やニュアンス、使い方などについて解説していきます。 使役の文章の基本 韓国語の「使役」って? 使役とは、自分が直接何かをするのではなく、人やものを介して、間接的に何かをすることです。 어머니가 밥을 먹어요. お母さんがごはんを食べる (能動文) 어머니가 아이에게 밥을 먹여요. お母さんが子供にご飯を食べさせる (使役の文) 能動文(通常の文)では「母親がごはんを食べる」というように、主語と行動する(食べる)人が同じです。 ところが使役の文になると、主語と実行動が一致しなくなります。 主語(お母さん)に対して、ごはんを食べる(事実上の動作)のは子供です。 母親は箸やスプーンといった道具を使って、子供がごはんを食べるのを補助しているだけです。 使役の文はいくつもあるの? 韓国語の使役の文は、3種類に分かれます。 ・시키다を使った使役 ・使役の動詞を使った表現 ・-게 하다を使った表現 気をつけておかなければいけないのは、韓国語の使役には、日本語の「~させる」で表現できないものが多いという点です。 시키다を使った使役 名詞+시키다で「~させる」 ○○하다を○○시키다に変えることで、「~させる」と表現します。 ~시키다は「○○させる」と訳せることが多いので、覚えやすいと思います。 また「-를 시키다」のように、名詞と시키다を切り離して表現することも可能です。 ただし시키다には、受け身に近いニュアンスの文もあります。 とらえ方によって受け身にもなる文ですが、こういうケースもあるということを知っておきましょう。 注文する・出前を頼む場合は「何かを持って来させる」 시키다にはちょっと変わった使い方があり、「注文する、出前を頼む」という意味になることもあります。 피자 시켜 먹자なら「ピザの出前を取って食べよう」ということですね。 注文や出前をすることで「何かを持って来させる」と考えれば、理解しやすいのではないかと思います。 注文や出前をする人(主語)と、実際にチキンやピザを持ってくる人は別です。 友達を「紹介する」は使い方が特別 「誰か紹介してよ」のような表現には、소개해 줘요でもいいんですが、소개시키다もよく使われます。 「友人が『知人の男性』を自分に紹介する」という話なのに、直訳するとおかしくなります。 これは、そのまま丸暗記しましょう。 시키다が使えない動詞 머리하다、밥하다のような動詞は、시키다を使うことができないので注意しましょう。 머리하다:手入れ、カット、カラーリングなど、髪の毛に手を加えること 밥하다:ご飯の支度をすること したがって밥을 시키다と言えば、「ご飯を注文する」という別の意味になります。 使役の動詞を使った表現 能動の動詞を使役の動詞に変える「着る→着せる」など 使役の動詞には2種類あります。 1つは「食べる」を「食べさせる」とするように、通常の動詞を使役の動詞に変えたものです。 먹다 + 이 = 먹이다 食べる → 食べさせる 입다 + 히 = 입히다 着る → 着せる 녹다 + 이 = 녹이다 溶ける → 溶かす それぞれの単語の中に「이や히」が加わっている。 使役の動詞を作る方法は、受け身の場合と似ていて、接詞と呼ばれる「이、히、리、기、우、구、추」のどれかが動詞の中に入ります。 しかし、どの接詞が入るのか「法則性や規則性」はありません。 「~させる」と訳せないもの 韓国語の使役は、日本語で「~させる」と表現できないものも多いです。 익히다 익다は「火が通る」という意味ですが、そのまま「火を通させる」にしたら、しっくりこないでしょう。 加熱させる→火を通させる→火を通す したがって、こんな感じで考えてみましょう。 녹이다 녹다(溶ける)を使役にしたのが녹이다(溶かす)ですが、凍えた手を温めたりする時にも使います。 凍った「手」を溶かす→温める 漫画のように、氷づけになった手を火にかざして、溶かしていくようなイメージをしてみましょう。 올리다 올리다(上げる)も、SNSに「アップさせる」とすれば、理解しやすくなるのではないでしょうか。 使役になる動詞の例 動詞 使役系 使役の意味 보다 보이다 見せる 녹다 녹이다 溶かす 먹다 먹이다 食べさせる 죽다 죽이다 殺す 입다 입히다 着せる … 韓国語の「~させる」って?使役の表現の種類とややこしくなるパターンは? 계속 읽기