やりなさい

韓国語を勉強している人が、難しさを感じるのが「使役」です。

日本語で「~させる」と表現することの多い使役は、韓国語になると「~させる」と訳せないものがたくさんあるからです。

今回は、使役の表現の種類やニュアンス、使い方などについて解説していきます。

Ads

使役の文章の基本

韓国語の「使役」って?

「使役」とは、自分が直接何かをするのではなく、「人やものを介して、間接的に何かをする」ことです。

어머니가 밥을 먹어요.
お母さんがごはんを食べる
(能動文)

어머니가 아이에게 밥을 먹여요.
お母さんが子供にご飯を食べさせる
(使役の文)

能動文(通常の文)では、母親がごはんを食べるというように、主語と行動する(食べる)人が同じです。

ところが使役の文になると、主語と実行動が一致しなくなります。

主語(お母さん)に対して、ごはんを食べる(事実上の動作)のは子供です。

母親は箸やスプーンといった道具を使って、子供がごはんを食べるのを補助しているだけです。

使役の文はいくつもあるの?

韓国語の使役の文は、3種類に分かれます。

・시키다を使った使役
・使役の動詞を使った表現
・-게 하다を使った表現

気をつけておかなければいけないのは、韓国語の使役には、日本語の「~させる」で表現できないものが多いという点です。

Ads

시키다を使った使役

名詞+시키다「~させる」

○○하다を○○시키다に変えることで、「~させる」と表現します。

김철수-R

수면은 인간의 기억력을 향상시킨다.
睡眠は人間の記憶力を向上させる

이소룡-R

영화는 사람들을 감동시킨다.
映画は人々を感動させる

~시키다は、そのまま「○○させる」と訳せることが多いので、覚えやすいと思います。

이현빈-R

사장님은 맨날 나한테 일을 시켜요.
社長はいつも俺に仕事をふるんだよ

「~를 시키다」のように、名詞と시키다を切り離して表現することも可能です。

何かを持って来させる

시키다にはちょっと変わった使い方があり、「注文する、出前を頼む」という意味になることもあります。

최지현-L

우리 뭘 시켰지?
私たち何注文したんだっけ?

김선아-L

배고파, 우리 치킨 시키자.
お腹すいた、チキン頼もうよ

피자 시켜 먹자なら「ピザの出前を取ろう」ということですね。

注文や出前をすることで「何かを持って来させる」と考えれば、理解しやすいのではないかと思います。

注文や出前をする人(主語)と、実際にチキンやピザを持ってくる人は別です。

友達を「紹介する」は使い方が特別

「誰か紹介してよ」のような表現には、소개해줘요でもいいんですが、소개시키다もよく使われます。

양승희-L

나한테 멋진 남자를 소개시켜줘.
私にカッコイイ男性紹介してよ

普通なら「友人が『知人の男性』を自分に紹介する」という話なのに、韓国語を直訳すると、おかしくなります。

これは、そのまま丸暗記しましょう。

시키다が使えない動詞

머리하다밥하다のような動詞は、시키다を使うことができないので注意しましょう。

머리하다:手入れ、カット、カラーリングなど、髪の毛に手を加えること
밥하다:ご飯の支度をすること

したがって밥을 시키다と言えば、「ご飯を注文する」という別の意味になります。

Ads

使役の動詞を使った表現1

「着る」を「着せる」など、能動の動詞を使役の動詞に変える

使役の動詞には2種類あります。

1つは「食べる」を「食べさせる」とするように、通常の動詞を使役の動詞に変えたものです。

먹다 +  = 먹
食べる → 食べさせる

입다 +  = 입
着る → 着せる

녹다 +  = 녹
溶ける → 溶かす

それぞれの単語の中に「이や히」が加わっている。

使役の動詞を作る方法は、受け身の場合と似ていて、接詞と呼ばれる「이、히、리、기、우、구、추」のどれかが動詞の中に入ります。

しかし、どの接詞が入るのか「法則性や規則性」はありません。

「~させる」と訳せないもの

韓国語の使役は、日本語で「~させる」と表現できないものも多いです。

익히다

황수지-R

되지고기는 잘 익혀서 드세요.
豚肉はよく火を通して召し上がってください

익다は「火が通る」という意味ですが、そのまま「火を通させる」にしたら、しっくりこないでしょう。

加熱させる→火を通させる→火を通す

したがって、こんな感じで考えてみましょう。

녹이다

정현주-R

많이 추웠을텐데 얼른 손을 녹여요.
寒かったでしょ、早く手を温めて

녹다(溶ける)を使役にしたのが녹이다(溶かす)ですが、凍えた手を温めたりする時にも使います。

凍った「手」を溶かす→温める

漫画のように、氷づけになった手を火にかざして、溶かしていくようなイメージをしてみましょう。

올리다

양승희-R

사진은 페이스북에 올려 놓았어요.
写真はフェイスブックに載せたよ

올리다(上げる)も、フェイスブックに「アップさせる」とすれば、理解しやすくなるのではないでしょうか。

使役になる動詞一覧

動詞 使役系 使役の意味
보다 見せる
녹다 溶かす
먹다 食べさせる
죽다 殺す
입다 着せる
돌다 回す
살다 生かす
벗다 脱がす
타다 乗せる
숨다 隠す
비다 空ける
날다 飛ばす
알다 知らせる
맡다 預ける、任せる
웃다 笑わせる

주다、받다、잃다、돕다などは使役に変化しない動詞です。

Ads

使役の動詞を使った表現2

形容詞を使役に変化させる

使役の動詞には、形容詞を動詞に変えたものもあります。

김지성-L

소리를 좀 낮춰봐.
音量少し下げろよ

낮다(低い)に「추」が加わり、낮추다(低くする)になります。

김영주-L

추우니까 온도를 좀 높여줘.
寒いから温度を少し上げてちょうだい

높다(高い)に「이」が加わり、높이다(高くする)です。

機械を使って「音量や温度を変化させる」と考えれば、ニュアンスがつかめるのではないかと思います。

いずれも、主語(人間)と実際に変化するものが同じではないことがわかると思います。

使役になる形容詞一覧

形容詞 使役 使役の意味
넓다 広げる
밝다 明るくする
식다 冷やす
높다 上げる
낮다 下げる
맞다 合わせる
좁다 狭める

※ここに書かれているものは一例です

Ads

-게 하다の使役

ニュアンスがさらに広くなる

使役の3つ目は、「-게 하다」を使った文章です。

兵士-R

어머니가 아이에게 밥을 먹인다.
お母さんが子供にご飯を食べさせる

먹이다は、子供の口に食べ物を運んで食べさせる、直接的な行動です。

兵士-L

어머니가 아이에게 밥을 먹게 한다.
お母さんが子供にご飯を食べさせる

ところが먹게 하다は、子供に「早くごはん食べなさい!」と食事を促するような、間接的な行動も含まれます。

-게 하다は、他の使役よりもニュアンスを広く捉える必要があります。

ある状況を作り出す、ある状況にする

-게 하다は「~させる」という意味よりも、何らかの状態・状況にもっていくと考えましょう。

김선아-R

방을 밝게 한다.
部屋を明るくする

部屋を「明るい状態」にしています。

김철수-R

그렇게 할게요.
そうします(そのようにします)

こちらが「ある状況になるよう取りはからう」という意味ですね。

박석중-R

같은 말을 반복하게 하지 마.
同じこと何度も言わせるな

「自分が同じことを言うようような状況」に、相手がしているという意味です。

また、-게 만들다のように、하다の代わりに他の動詞を使うケースもあります。

이소룡-L

바로 잠을 자게 만들어주는 안대
すぐに寝れるアイマスク

「すぐに寝る状態を作り出してくれる」というニュアンスです。

勘違いさせる、思い違いをさせる

-게 하다や-게 만들다は、相手を「ある状態にする、特定の状況に持っていく、誘導する」という意味でも使えます。

김대호-L

날 기대하게 만들지 마.
気のあるふりはしないでくれ

「勘違いや思い違い」をするような状態に持っていく、仕向けるというニュアンスで、恋愛話にも使える表現です。

「気のあるふり、そぶり」を見せれば、相手が勘違いすることは十分ありえます。

まとめ

1.~시키다で「~させる」

2.使役の動詞を作る
動詞や形容詞に「이히리기우구추」を加える

3.-게 하다
他の使役よりもニュアンスが広くなる

使役は覚えるべきことがたくさんあるので、少しづつ勉強しましょう。