「ありがとう」と言われた時、返すべき言葉としてまず思い浮かぶのは「どういたしまして」です。

教科書に出てくるからというのもありますが、実際に「どういたしまして」を言わない人は多いです。

Ads

韓国版「どういたしまして」は、最も役に立たない表現?

一番使わないのは천만에요

「どういたしまして」のお手本となる韓国語といえば、천만에요です。

デブ-L

감사합니다.
ありがとうございます

女子3-R

천만에요.
どういたしまして

천만에요は「礼にはおよびません」という意味です。

模範的な表現ですが、周りで천만에요と言っている人を見た記憶はないし、自分もまず使ってはいません。

ある意味、「最も役に立たない表現」の称号を与えてもいいのではないかと思っています。

천만에요の由来って?

천만は漢字で「千萬」と書きますが、1000万はとてつもなく大きな数字です。
※萬は万の旧字体

ここでちょっと、「宝くじ」をイメージしてください。

ちょうど「1等」の当たる確率が「1000万分の1」と言われています。

あるいは「雷に打たれる」のも同じくらいの確率らしいですが、どちらも想像もできないと思います。

この「想像できない感覚」が천만です。

천만에요のは超謙遜の言葉

천만は、数字が大きすぎるあまり「まったく現実感がない」わけです。

可能性がものすごく低い、想像できないことから、「考えてもいなかった言葉」として천만의 말씀と言うようになります。

早い話、自分は「ありがとう」と言われるほどのことはしていないし、まったく考えてもいないという、超謙遜した表現だったわけです。

これが短くなって、천만에요になりました。

Ads

천만에요の代わりに使うなら

礼儀正しく言いたいなら별 말씀을요

천만에요が超礼儀正しい表現だとしても、日常的に使っている人はそう多くはありません。

「そんなこと考えてもいませんでした」とか言えば、ちょっとわざとらしい感じもします。

そこで出てくるのが、별 말씀을요です。

女子4-L

별 말씀을요.
どういたしまして
오히려 제가 도움을 받았어요.
むしろ私が助けてもらいましたよ

アジュンマ-L

별 말씀을 다 하시네요.
そんなことおっしゃらなくても

별 말씀을요も、「別に大したことじゃないですよ、当然のことをしたまでです」というニュアンスです。

目上の人に対してやビジネスなど、場をわきまえた表現としていいでしょう。

少し丁寧に言うなら별 거 아니에요

「별 말씀을요」ほどではないけど、ある程度丁寧さを残したいのであれば、별 거 아니에요が無難です。

警察-R

그 정도는 별 거 아닙니다.
そのくらい大したことないですよ

おじさん-R

이 정도 가지고 감사하다니
このくらいのことで、ありがとうだなんて
별 거 아니에요.
別にいいんですよ

「大したことないですよ、別にいいんですよ」のような感じで使いたい時にピッタリです。

普通に言うなら아니에요や괜찮아요でOK!

ありがとうに対して、普通に返したい時は、아니에요괜찮아요で十分です。

女子1-L

덕분에 일이 빨리 끝났어요. 고마워요.
おかげで仕事が早く終わったよ。ありがとう

デブ-R

아니에요.
いいんだよ

「いえいえ」のような感じで、「大したことしてないよ」というニュアンスを表すのは日本語と同じですね。

女子2-L

이거 비싼 거 아니에요? 감사해요.
これ高いんじゃない?ありがとう

男子2-R

괜찮아요.
大丈夫だよ

こちらも、日本語と使い方が似ていますね。

一番よく使う表現ではないかと思います。

Ads

ちょっと変わった「どういたしまして」の言葉

実は「네」で十分だったりする

友人など親しい相手に対しては、「네」で十分だったりします。

男子1-R

이거야 이거 고맙다.
これだこれ、助かったよ

リーL

네/응.
おう

「네」でも「응」でもなんでもいいですが、ちょっとしたやり取りなら、こんな感じで済ませてしまう人も多いです。

プレゼントを渡した時などに使える切り返し

プレゼントを渡した時などに使える言い方です。

リーR

사실은 이거 갖고 싶었어요.
実はこれ欲しかったんだよ
고마워요.
ありがとう

女子4-L

네, 잘 쓰세요.
大事に使ってね

服であれば「かっこよく着て」とか、モノであれば「大事に使ってくれ」とか、渡すものに合わせて使い分けます。

男子1-R

멋있는 넥타이네요.
かっこいいネクタイだね

女子3-L

이걸 매고 다음 주 발표도 화이팅해요. 
これで、来週の発表も頑張ってね
※넥타일를 매다=ネクタイを締める

「仕事などの場で使ってくれ」など、言い方はなんでもいいです。

プレゼントを渡す予定がある人は、ちょっと使ってみましょう。

ひねくれ者、あまのじゃくが使う表現

ありがとうと言われても、みんな「どういたしまして」のように、いい言葉で返すとは限りません。

悟-R

더분에 살았어, 땡큐. 
助かったよ、サンキュー

ベジ-L

착각하지마, 네놈을 도와준 게 아냐.
勘違いするな、貴様を助けたわけじゃない
감사 따위 필요없어.
礼などいらん

「礼などいらん」とか、감사하지마(感謝なんてするな)のような言葉は、ひねくれ者で通っている人にはいいかもしれないですね。
※自己責任で使ってください

覚えなくてもかまいません。

まとめ

日本語でも「どういたしまして」と言う人は少ないと思います。

韓国語でも、どう言えばいいかという正解はないし、その場に合った言葉を使い分けているのが現状です。

いずれにせよ、上から目線の発言はやめておきましょう。