壁ドン

韓国語の受け身(受動態)は、日本人が苦手とする表現の一つと言われています。

日本語にも受け身はあるのに、なぜ韓国語だとわからなくなるのでしょうか。

受け身は「表現の原則」を押さえることが、理解する第一歩になります。

今日は「受け身」をやるって聞いて、教科書見てきたんですけど、さっぱりわからなかったんです。
受け身が苦手って人は多いからね。
受け身って「告白された」とか、「~される」っていう文でしょ?
そこまではわかるんだけど・・・
韓国語になると、わけがわからなくなるんだよ。
それは「受け身で一番重要なこと」を押さえていないからかもね。
一番重要なこと?

Ads

受け身ってどんな文?

能動態と受動態

まずは「受け身」がどんな文章か?
そこから話していかないとね。
例えば「サッカーの日韓戦で日本が1点入れた」という文があったとするでしょう。

日本が韓国に1点入れた。
(能動態の文)

韓国が日本に1点入れられた。
(受動態の文)

能動態は「日本が入れた」。
受動態だと「韓国が入れられた」。
そもそも「能動態」って何・・・?
能動態っていうのは「自分が何かをする時」で、いわゆる普通の文章のこと。
なんだ、普通の文か!
だから「日本が~」になってるでしょ。
受動態は「韓国が~」で、逆になってる。
受け身(受動態)は「もらう側、される側」の立場に立った文のことを言うの。
される側から見た表現か・・・
だから、立場が逆になってるんだ。
韓国語の受け身は、これが一番大事だからね!
ふむ。
される側の立場になって考える・・・
(メモ・・・)

受け身は主語が入れ替わる

じゃあ今度は、次の文を見比べてみて。
「警察が泥棒を捕まえた」という文ですね。

겅찰이 도둑을 잡았다.
警察が泥棒を捕まえた。
(能動態)

도둑이 경찰에게 잡혔다.
泥棒が警察に捕まった。
(受動態)

能動態では、そのまま「警察」が主語になってる。
しかし、受け身では立場が「泥棒」に変わるから、主語も泥棒になってる。
出来事に対して「誰の立場で話しているか」が受け身の文を作るポイントだから、覚えておいてね。
네!

受け身の表現のパターン

韓国語の受け身の文は5種類のパターンに分かれるの。
5種類かあ・・・

韓国語の受け身の文の種類

1、되다を使う
2、動詞に-아/어지다が付く
3、受け身の動詞を使う
4、通常の動詞で受け身の表現を作る
5、他人が主語の文章で受け身を表現する

5つも覚えられるかな・・・
ちゃんと説明するから、大丈夫。

Ads

되다を使う(名詞+되다)

まずは「되다」を使うパターン。
これが一番簡単じゃないかな!
簡単な方がいいです!

생산하다 → 생산되다
(生産される)

결정하다 → 결정되다
(決定される)

「〇〇하다」を「△△되다」にすることで受け身になるパターン。

漢字語+되다になるので、日本語でもそのまま「△△される」と訳しやすい言葉です。

じゃあ一人づつ、このパターンで文を作ってみて。
うーん。
미국에서 생산된 핸드폰
アメリカで生産された携帯電話

こんな感じですか?

좋아요!
じゃあ、今度はみか。
입금이 확인됐어요.
入金が確認されました

こういうのもいいんですか?

응~, 둘이 잘 했어요!
二人とも되다は大丈夫だね!

動詞の-아/어+지다

ここから、少しづつ難しくなっていくからね。
気合い入れないと!
普段の会話で「動詞」はどのように使ってる?
例えば「밥을 먹다」なら、どういう風に言う?
「밥을 먹어요」とかですか?
먹어요とか공부해요のように、-아요/어요の形で使うでしょ。
そうですね。
この動詞の「-아/어」に지다が付くと受け身になるの。

만들다→만들어지다
作る→作られる

이탈리아에서 이 자동차를 만들었어요.
イタリアでこの車を作りました。

この文を受け身にすると?

えーと、話す立場(主語)が変わるんだから・・・
誰かがイタリアで車を作った。
それを車の立場で話す・・・
車が主語なら「車が作られた」。
만들어に지다を足せばいいんだから・・・
이 자동차는 이탈리아에서 만들어졌어요.
この車はイタリアで作られました

こういうことですね。

じゃあ、これはどう?

이탈리아에서 만들어진 자동차예요.
イタリアで作られた自動車です

あれ?
車が主語じゃない・・・
・・・
ㅎㅎㅎ.
文の最初に、이것은(これは)を入れたらどう?

이것은 이탈리아에서 만들어진 자동차예요.
これはイタリアで作られた自動車です

「これ=自動車」だから、車が主語になってる。
こういう使い方もあるわけか!
なんか国語の授業みたい。
じゃあ、今度はこれ。
兵士-R

이 병원은 1938년에 세워졌습니다.
この病院は1938年に建てられました

ビッグボス-R

주어진 임무가 뭔지 말할 수는 없습니다.
与えられた任務が何なのか言うことはできません

「建てる」は세우다で、受け身は세워に지다をつけて「세워지다」になる。
だから「병원이 세워지다」ってことか。
与えられる・・・
받다(もらう)じゃないの???
どうなってんだ・・・
順番に考えれば大丈夫!
주다は「与える」で、「もらう立場」に置き換えるから「与えられる」
주어に지다を付けると주어지다でいいのかな?
「与えられる」は받다ではなく、주어지다ってことか。
二人とも正解にたどり着いたみたいね。
ところで、-아/어지다の受け身には注意すべきことがあるの。

-아/어지다の受け身の注意点

動詞の-아/어지다
受け身を表す

形容詞の-아/어지다
変化を表す

-아/어지다でも、動詞と形容詞では全く違うので注意しましょう。

参考:形容詞の-아/어지다で「変化」を表す

動詞と形容詞でも違うんですね。
間違える人が多いから気を付けてね。
네!

忘れ去られた〇〇

잊다(忘れる)の受け身は히が加わり잊히다ですが、なぜか잊혀지다で使われます。

잊혀진 금매달리스트
忘れられた金メダリスト

잊혀진 무인도가 다시 주목받고 있다.
忘れら去られた無人島が再び注目されている

잊다-아/어지다で二重受け身?とも言えるような状態になっています。

それぞれ、「忘れられてだいぶ時間が経った」、「とっくに忘れ去られてしまった」というようなニュアンスです。

このような例外もあるので、覚えておきましょう。

Ads

受け身の動詞を使う(이,히,리,기)

次は「受け身の動詞」を使うパターン。
さっきの警察と泥棒の話を思い出してみて。
えーと、警察が主語なら「捕まえる」
泥棒が主語なら「捕まる」
「捕まえる」から「捕まる」に変わるように、受け身に変化した単語で表現するの。

韓国語の受動態

立場(主語)が変わることで、目的語や述語もすべて入れ替わるんですね!
受け身の単語に変わる規則のようなものはあるんですか?
잡다(捕まえる)に「히」が加わって잡히다(捕まる)になるように、動詞の中に「이,히,리,기」のどれかが入るの。

動詞に「이,히,리,기」が加わることで、受け身の単語ができます。

잡다+=잡히다
안다+=안기다

이,히,리,기」のうち、どれが加わるのかに規則性はないので、そのまま暗記するしかありません。

よく使う単語を表にしてみたから、受け身になると単語がどう変わるのか見比べてみて。

受け身になる動詞一覧

※ここに書かれている受動態の動詞は一例です

能動態 受け身 受け身の意味
보다 見える
섞가 混ざる
바꾸다 変わる
닫다 閉まる
쓰다 書かれる
쓰다 使われる
살다 生かす
먹다 食べられる
묻다 埋まる
놓다 置かれる
잡다 捕まる
뽑다 選ばれる
읽다 読まれる
안다 抱かれる
듣다 聞こえる
じゃあ、受け身の単語で例文を作ってみようか。
誰からやってみる?
俺が先にやります。
自信ありますよ!

문이 닫힙니다.
ドアが閉まります

バッチリですよね!

응, 괜찮네요.
次はみか。

아무도 없는 방에서 이상한 소리가 들리네요.
誰もいない部屋から変な音が聞こえるなあ。
面白い例えね。
私、バイオハザードとか、ホラー系好きなんですよ。
部屋暗くして見ると、迫力があって面白いですよ!
部屋暗くとか、だめだめ。
怖い話とか苦手なんだよ・・・
見かけによらず、だらしないな。
ホラーは韓国語と関係ないだろ!

「~される」と訳さない単語

受け身が難しい理由の一つとして、닫히다(閉まる)のように「~される」と訳さない単語があることです。

こういう場合は、発想を変えてみましょう。

バスのドアであれば、運転手がスイッチを操作することで、つまり運転手によって「扉が閉じられる」といったようにです。

こんな感じで考えていくと、ニュアンスがつかみやすくなるかもしれません。

Ads

通常の動詞で受け身を表現

4つ目は、通常の動詞で受け身を表現する方法。
通常の動詞で受け身って、どういうことなんですか?
使っている表現は受動態ではないけど、意味としては受け身になるって言えばいいかな。
例えば、こういう文のこと。
男子1-L

100점을 맞어서 선생님한테 칭찬을 받은 적이 있어요.
100点取って先生に褒められたことがあるよ

女子4-L

결혼식에 초대를 받았어요.
結婚式に招待されたよ

女子2-L

그 사람한테 고백을 받았어요.
彼から告白されたよ

칭찬을 받다=褒められる
초대를 받다=招待される

つまり、「받다」を受け身として使っているってことですね。

「告白される」にも使えるんだ!
받다だけじゃなく、他にはこういうのもね。
リーR

브라질이 9골이나 먹었어요.
ブラジルが9点も入れられたよ

兵士-R

뺨을 맞았어요.
ほほをぶたれたよ

女子2-R

어젯밤에 도둑을 맞았어요.
昨晩、泥棒に入られたよ

へえ!
サッカーで点を入れられた時は먹다なんだ。
도둑을 맞다(泥棒に遭う/入られる)とか、直訳できないし。
これらはみんな、される側の立場で表現してるでしょ。
ちなみに、悪口を言われることを「욕을 먹다」って言うからね。
욕을 먹다・・・
「悪口を言われる」か・・・
どうしたの?
悪口が得意な人、思い出したから・・・
너 대체 뭘 배웠어?
(お前いったい何勉強したんだ?)
기본이 안 돼.
(基本がなってねえ)
そうかも・・・
・・・
자, 우리 공부합시다.
(さ、勉強しましょう)

「~された」の単語

受け身の表現に使う単語の中には、「~された」と訳しやすいものがあり、それが당하다です。

죽임을 당했다.
殺された
무시 당했다.
無視された
거절을 당했다.
断られた

당하다は、名詞もしくは名詞形の言葉と組み合わせることで「~される」と表現することができます。

文字通り「やられた」というイメージで、よくない出来事などに多用されます。

Ads

他人が主語の文で受け身を表現する

受け身はあまり使わないって本当?

韓国語は受け身をあまり使わないって、聞いたんですけど本当ですか?
あ、それ俺も聞いたことある。
受け身を使わないってことはないんだけど・・・
もしかして、次のようなケースのことかもね。
女子1-R

언니가 내 케이크를 먹었어.(〇)
お姉ちゃんが私のケーキ食べた

女子1-L

내 케이크가 언니한테 먹혔어.(×)
私のケーキお姉ちゃんに食べられた

(×)の文章は文法としては間違いではないものの、すごく不自然です。

「お姉ちゃん」が主語の、普通の普通の文ですね。
ケーキを主語にした文がダメなら、完全に受け身の原則が当てはまらない。
日本語なら「~される」って表現する場合でも、韓国語では普通の文になるから「受け身を使わない」ってことなんだろうけど。
こういう「受け身を使わないケース」は、どうやって区別すればいいんですか?
やっぱり慣れるしかないのかな。

受け身を使うかどうかの判断基準

私の個人的な意見だけど、こう考えてみたらどう?

人>動物>物
人間や動物など「意志をもって動くもの」を優先的に主語にする

人:人、もしくは動物:動物
意識がどちらに向いているかで主語を判断

「何かをする側」と「される側」。
2つの立場を比べて、「される側」が優位なら受け身で表現するの。
デブ-R

말벌에게 물렸어요.
スズメバチに刺されたよ
(受動態)

鬼軍曹-R

뱀에게 물렸어요.
蛇にかまれたよ
(受動態)

「人>動物」で、人が主語になる。

「蜂に刺された」や「蛇にかまれた」などは受け身か。
確かに「蜂が私を刺した」とは言わないかも。
人間と動物、人間と自然なら、人間が優位ってことか。
さっきの「ケーキを食べられた」って文も、「人>物」で、ケーキよりもお姉ちゃんが主語になるってこと。
じゃあ、「人対人」の場合はどうなるんですか?
例えば「彼に手をつかまれた」という文なら。

그 사람이 내 손을 잡았어요.
彼が手をつかんできた

그 사람한테 나 손 잡혔어.
彼に手をつかまれた

彼が手をつかんできたのか。
私が手をつかまれたのか。

彼と自分のどちらに意識が向いているかってこと。

なるほど。
こういうのも、受け身が難しいって言われる理由かもね。

人:人でも受け身を使わないケース

人:人でも、受け身を使わないケースはやっぱりあります。

남자친구가 요리를 해줬어요.(ㅇ)
彼が料理を作ってくれました

남자친구한테 요리를 해 받았어요.(×)
彼に料理を作ってもらいました

「やってもらった、してもらった」などは、相手を主語にして話をします。

こういうケースには慣れるしかありません。

 

ジャジャーン!

今日はチーズケーキ持ってきたから、みんなで食べようね!
わあ。
美味しそうですね!
いただきまーす。

ガチャ・・・

 

얘들아 안녕!
(やあ君たち!)

수업 끝났어?
(授業終わりか?)

お、チーズケーキじゃん!
俺にもくれよ!

パク!!!

 

あ・・・
냠냠냠.
うん、うまい!
ん?
야, 지금 뭐하는 거야?
(なにすんのよ)
뭐야? 왜 화를 내?
(何そんな怒ってんだ?)
얘들아, 수동태는 이럴 때 쓰는 거야.
(あなたたち、受け身はこういう時に使うのよ)

이 사람이 내 케이크를 먹었다구!
(この人に私のケーキ食べられたって!)

ケーキより「人」が優先的に主語になる例か・・・