語学を学ぶ上で避けては通れないのが、数字に関する表現です。

韓国語には、日本語と同じく「算用数字」と「数え数字」があります。

それぞれ読み方が違うので、苦手に感じる人も多いですが、それらの読み方や基本的な使い方を練習しましょう。

韓国語も基本は算用数字

漢字がベースの漢数字

数字の表現で基本になるのが、漢数詞です。

漢字をハングルで表したもの

壹、貳、參、肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾…

ハングルで表示する
↓↓↓

일、이、삼、사、오、육、칠、팔、구、십…

漢字ベースだから漢数字ともいうわけですが、日本語の「いち、に、さん」と同じ数え方をします。

漢数字の数え方

まずは1~10の数字を覚えましょう。

1桁の数字

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

発音が日本語の漢数字と似ているのも特徴ですね。

2桁の数字

11 십일
22 이십이
33 삼십삼
44 사십사
55 오십오
66 십육[육심뉵]
77 칠십칠
88 팔십찰
99 구십구

34なら삼(3)+십(10)+사(4)のように、10を超えた場合はそれぞれの数字をつなげて表現するだけです。

ただし16・26・36のように、1の位に「6」が来る場合、육の発音が鼻音化して「심뉵」となります。

3桁以上の数字

300 삼백
7000 칠천
60000 육만[융만]
50万 오십만[심만]
900万 구백만[뱅만]
2億 이억

100以上の数字も表現の仕方は日本語と同じですが、10万や100万は「심만、뱅만」と発音します。

また16000のように「6」も、ㄴ添加により「만뉵천」と発音が変わります。

パッチムにㅂやㄱを含んだ数字は組み合わせ次第で、発音が変化するので注意しましょう。

韓国にも「数え数字」はある

外国人の苦手な固有数詞

日本語の数え数字に相当するのが、固有数詞です。

外国人には難しい数え方

一つ、二つ、三つ、四つ、五つ…

韓国語では
↓↓↓

하나, 둘, 셋, 넷, 다섯…

日本語と違うのは、数え方が「99」まであることです。

固有数詞の数え方

固有数詞も、まずは1~10までを覚えましょう。

1から10までの数字

1 하나(한)
2 둘(두)
3 셋(세)
4 넷(네)
5 다섯
6 여섯
7 일곱
8 여덟
9 아홉
10

1~4は単位と組み合わさると「한、두、세、네」となります。

11から99までの数字

11 하나
20 스물(스무)
22 스물
33 서른
44 마흔
55 다섯
66 예순여섯
77 일흔일곱
88 여든여덟
99 아흔아홉

数え数字は、50以上になると使う機会が少なくなるかもしれません。

両親の年齢など、身近な人に関する話だけでも表現できるようにしておきましょう。

ちなみに「20」は、単位と組み合わさると「스무」になります。
※수무 개(20個)など

100以上の数字

105 다섯
7236  칠천이백서른여섯

数字が3桁以上になる場合は、100以上の数字は漢数詞で表し、そこに99以下の固有数詞を組み合わせて表現します。

固有数詞と漢数詞を混ぜた数字表現は、ニュースなどでよく見られます。

とは言いつつも、3桁以上の数字になると、すべて算用数字で表現してしまうことは多いです。

数字の0

「영」は漢数詞

日本語の零(れい)のような使い方をする場合です。

算用数字なので、当然算数や数学には「영」を使います。

気温0.3度なら「영점삼도」のような言い方ですね。

0×3=0
영 곱하기 삼은 영
0かける3は0

日本語なら「ゼロ」を使うこともあるので、そこは少し違う部分とも言えます。

ちなみにテストの0点は、빵점といいます。

他に金額の「0ウォン」を빵원と言ったりすることもあるので、빵も覚えておくといいですね。

공(空)は文字、記号として考える

공は「空」の漢字が示す通り、中は空っぽの「まる」というイメージです。

010-1234-5678
공-일이삼사-오육칠팔

電話番号にも「공」を使いますが、数字というよりはテキスト(文字)として、数字のやりとりをしていると思えばいいと思います。

固有数詞の「0」は?

固有数詞に「0」はありません。

日本語でもそうですが、あくまで数えるための数字なので、数え年も「1歳」からカウントしていきますね。

例えばりんごの数を聞かれた時、1つもなければ「ない」と答えますよね。

つまり「0」は、없다となります。

まとめ

1.韓国の算用数字
일、이、삼、사、오…

2.韓国の数え数字
하나、둘、셋、넷、다덧…

3.算用数字には영

4.電話番号などには공

初心者は1~20くらいまでを言えるようになりましょう。