-ㄹ 수 있다/없다は一般的に「可能・不可能」の意味として広く知られています。

ところがこの文法には他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。

そこで-ㄹ 수 있다/없다を可能・不可能以外の意味で使うケースを解説していきます。

許可や禁止の表現

「-ㄹ 수 있다」で許可を意味する

-ㄹ 수 있다で、許可(~してもよい)のニュアンスを表すことができます。

신호등이 파란 색이라면 건널 수 있습니다.
信号が青なら渡れます

信号が青ならが渡ることができる、つまり「青なら渡ってもよい」という意味です。

「~してもよい」というだけあって、動詞と一緒に用います。

미리 티켓을 구입하신 경우에만 들어가실 수 있습니다.
予めチケットを購入された場合に限り、中にお入りいただけます

文面は「入ることができる」とありますが、事前のチケット購入者のみ入場が許されるというニュアンスです。

「~できます」と言いながらも、ニュアンスが基本通りではないことがわかると思います。

禁止を意味する場合は「-ㄹ 수 없다」

逆に否定文にして使えば、禁止(~してはいけない)の意味になります。

여기는 교통통제 구역이라 통행할 수 없습니다.
すみませんがここは交通規制区域ですので、通行できません

~できませんという文ですが、禁止のニュアンスなので「通るな」という話をしています。

마스크 없이 대중교통을 이용할 수는 없습니다.
マスクなしで公共交通機関を利用することはできません

こちらも「~できません」という言い方をしているだけで、マスクがなければ公共交通機関を利用するなという意味ですね。

このようにして禁止のニュアンスを表現することができます。

疑問文はさらにニュアンスが変わる?

-ㄹ 수 있다/없다を疑問文で使えば、相手の承諾を求めることになります。

이 옷을 잠깐 입어볼 수 있어요?
この服ちょっと着てみてもいいですか?
이 책을 잠깐 빌릴 수 없을까요?
この本ちょっとお借りできませんか?
-ㄹ 수 있다:~していい
-ㄹ 수 없다:~してだめ

こうした使い方に慣れていくためには、どんな場面で話をしているのかをきちんと把握することが大事になります。

可能性を意味する表現

「~することもありえる」というニュアンス

-ㄹ 수 있다/없다は、可能性を意味する場合もあります。

비가 올 수 있으니까 우산을 챙겨 가요.
雨が降るかもしれないから、傘を持っていきなよ
진짜 그럴 수 있을까요?
ほんとに降るかな?
혹시 모르니까 가져 가라는 거예요.
もしかしてってこともあるから、持って行けと言ってるの

可能性の文では「~することもありえる、ありえない」というニュアンスになります。

つまり「雨が降ることもありえる」という意味ですね。

「可能性」なら形容詞にも使える

-ㄹ 수 있다/없다は動詞と使うのが基本ですが、可能性の意味であれば形容詞と使うこともできます。

그 날은 내가 바쁠 수도 있어요.
その日は私が忙しいかもしれないです
그건 절대 있을 수 없는 일입니다.
それは絶対にありえないことですよ

「忙しいこともありえる
ありえることではない」

ありえるかどうかを話をしているので、このような意味合いになります。

可能性の「度合い」はどのくらいか

肯定文なら何%だろうと「ありえる」

-ㄹ 수 있다/없다で可能性を表現した時、その度合いはどのくらいになるのでしょうか。

도착시간이 늦어질 수도 있습니다.
到着時間が遅くなることもありえます
내일은 아침부터 눈이 내릴 수 있다고 하네요.
明日は朝から雪が降るかもしれないそうですね

「遅い時間に着く可能性もある」
「雪が降ることもありえる」

肯定文はあくまで「かもしれない」というニュアンスの話です。

確率高いか低いかは関係なく、可能性があるならOKになります。

否定文なら0%「絶対ありえない」

逆に否定文なら「絶対にありえない」という意味になります。

도착시간이 빨라질 수는 없어요.
到着時間が早くなることはありません
태풍이 절대로 우리나라에 올 수 없어요.
台風は絶対に我が国に来ることはありません

「早く着くことはありえない、着くはずがない」
「台風が来るなんてありえない、来るはずがない」

-ㄹ 수 없다が意味する可能性は0%です。

-ㄹ 수 없다:可能性がわずかでもある
-ㄹ 수 없다:可能性が全くない

こういう部分にも注目すると、より話の内容を把握しやすくなるでしょう。

確率が0%でない限り雨は降る?

ところで天気予報の降水確率がどのように算出されているかご存知でしょうか?

降水確率は過去の統計から「似たような気象パターンで雨が降った例」はどのくらいあるかをもとに割り出します。

例えば90%の降水確率なら、過去に10回中9回は雨が降ったということになります。

また降水量が1mmでも「雨が降った」として判定されるのもポイントです。

つまり確率が0%でない限り、雨が降ることはあり得る(비가 올 수 있다)のです。

まとめ

1.許可/禁止を意味する
肯定文で許可
否定文で禁止
疑問文で「承諾」を求める

2.可能性を表す
肯定文なら可能性あり
否定文なら可能性なし

-ㄹ 수 있다/없다は文全体の流れにも注目しながら使ってみましょう。