「~란 말이야」
「~단 말이야」

これは間接話法と一緒に「말」を使うことで、「強調や確認」を意味する表現をですが、一度は聞いたことがあるでしょうか。

今回は、こういった表現について、話していきます。

Ads

間接話法に「말」が組み合わさった構造

間接話法がどう短縮されているかに注目

-는 말이다や-ㄴ 말이다といった表現は、間接話法に말を合わせた構成になっています。

 다고 하다+ㄴ+말이다
다고 한 말이다
말이다

 다고 하다+는+말이다
다고 하는 말이다
다는 말이다

 라고 하다+ㄴ+말이다
라고 한 말이다
말이다

-다고 하다-라고 하다하다が連体形(하는など)になり、そこにがつきます。

そのため、まずは間接話法をしっかり押さえることが前提になります。

短縮と表現の例

間接話法の部分を短縮させた場合と、そうでない場合を見比べてみましょう。

間接話法を短縮させない

デブ-R

그 여자가 내 여자친구라고 한는 말이지.
その女の子が俺の彼女さ

女子1-R

지금 미국에 있다고 한 말아야?
今アメリカにいるの?

おじさん-R

혼자 먼저 떠났다고 한 말이야?
一人で先に出発したのか?

間接話法を短縮させる

デブ-L

그 여자가 내 여자친구라는 말이지.
その女の子が俺の彼女さ

女子1-L

지금 미국에 있단 말이야?
今アメリカにいるの?

おじさん-L

혼자 먼저 떠났단 말이야?
一人で先に出発したのか?

「-라고 하는」なら「-라는」のように短くなります。

品詞を間違えないようにしよう

間接話法は、組み合わさる品詞によって「-다고 하다」と「-라고 하다」を使い分けます。

名詞であれば-라고 하다、形容詞や動詞なら-다고 하다とですね。

女子4-R

그 사람이 니 남자친구라는 말이야?
その人があなたの彼氏ってこと?
(名詞の場合)

yuna-R

단 말이야.
嫌だって
(形容詞の場合)

リーR

난 내일 미국에 간단 말이야.
俺は明日、アメリカに行くんだよ
(動詞の場合)

ここでの말は「~なこと」のようなニュアンスで、これらを一緒に使うことによって、強調や確認といった表現ができるわけです。

ちなみに말を組み合わせた言い方には「○○ 말이야」などもあります。

これは前に来る名詞などを強調する表現で、「~단말이야」とは区別して考えましょう。

Ads

強調の意味として使う

語尾を肯定文にすれば「強調」

文を肯定文で締めくくることで、内容を強調することになります。

兵士-L

너를 사랑한단 말이야.
おまえの愛しているんだ

「愛しているんだ」という強調は、日本語に訳しにくいですが、ただ言うよりも強いニュアンスです。

警察-L

나 진짜 피곤하단 말이야.
俺はすごい疲れてるんだよ

普通に「나 피곤해요」と言うよりも、「疲れて、ヘトヘトなんだよ」という強い意味合いになります。

種類によってもバリエーションがある

組み合わせる間接話法の種類(命令文や勧誘文など)によっても、表現に幅が出ます。

デブ-R

빨리 오란 말이야.
早く来いって言ってるじゃん
(命令文:-라고 하다+말)

女子3-R

얼른 가잔 말이야.
早く行こうよ
(勧誘文:-자고 하자+말)

組み合わせや短縮の仕方は、平常文と同じ要領です。

よく使う組み合わせとパターンも、おぼえておくといいでしょう。

女子4-L

언제 샀냐는 말이죠.
いつ買ったのって話だよ
(疑問文:-냐고 하다+말)

いずれにしても強調の機能があるので、同じことを2回、3回と言わなければいけないような時に使うことが多くなります。

Ads

確認の意味とや応用

語尾を疑問文にすれば「確認」

文の最後を疑問文にすることで、確認の意味になります。

yuna-R

또 늦는다는 말이야?
また遅れるの?

おじさん-R

이걸 다 니가 만들었단 말이야?
これ全部おまえが作ったのか?

「~ってこと?」のような意味合いをイメージするといいでしょう。

兵士-L

여기를 저 혼자서 청소하라는 말씀이십니까?
ここを私一人で掃除しろとおっしゃるんですか?

말を「말씀」にすれば、敬語表現として使うことができます。

確認の表現はアルバイトなどでも使う機会はあるので、覚えておいて損はありません。

間接話法と것の組み合わせ

-란 말이다や-단 말이다の「말」のかわりに、「것」を使うこともあります。

兵士-L

나보고 어쩌라는 거야.
俺にどうしろっていうんだ?

女子2-L

남자친구랑 헤어졌다는 거야?
彼氏と別れたってこと?

男子2-L

그게 힘들다는 거야.
それが大変だって言ってるんだよ

말と것のどちらを使うか、自分なりのパターンを作ってみてもいいでしょう。

使いこなせれば表現の幅も広がるので、いろいろ練習してみましょう。