韓国語の動詞の中には、하다が付いたものと、되다がついたものが存在します。

하다動詞は「~する」
되다動詞は「~される」

こんな感じで訳すことが多いですが、これらの違いはなんでしょうか。

하다と되다のニュアンス

自分から行動する하다動詞

하다には、自分の意志で何らかの行動を起こすというニュアンスが含まれています。

つまり「やろう」という自分の意識に基づいて行動を起こすのが、하다動詞です。

저는 주말에 한꺼번에 빨래를 해요.
私は週末にまとめて洗濯をします
방을 잘 청소했어요?
部屋をちゃんと掃除しましたか?

これらはどれも、自分から行動を起こさないとできないことですね。

他に요리하다や식사하다なども、自らの意志によってアクションが起こります。

たとえ無理やり何かさせらたとしても、行動するのは本人なので、自分の意志で動いていることになります。

自分では制御できない되다動詞

되다には、何らかの状態になるというニュアンスがあります。

ポイントは「自分の意志」とは関係なく、何かが起こることです。

신종독감에 감염된 환자가 나타났습니다.
新型インフルエンザに感染した患者が発生しました
다음주부터 전람회가 개최된다고 하네요.
来週から展覧会が開催されるみたいですね

感染は自分の意志でどうにかできるものではないですね。

展覧会のような「イベント」も、企業などの主催者が行うものであって、展覧会が自分の意志を持って開催するわけではありません。

つまり、되다は外部からの影響で起こる変化とも言えます。

하다と되다の「自動詞と他動詞」の関係

하다動詞は他動詞が多い

하다動詞は、自分の意志でアクションを起こすものが多いので、他動詞に当てはまるものが多くなります。

여기에 자판기설치할 거예요.
ここに自販機を設置する予定です
내년부터 부가가치세를 3%로 인하하겠습니다.
来年から付加価値税を3%に引き上げます

他動詞は目的語(~を)と一緒に使いますが、自販機が「設置する」という動作の目的語になっているのがわかると思います。

付加価値税も「引き下げる」の目的語になっていますね。

되다動詞は自動詞が多い

되다動詞は、周りの影響によって「ある状態」になっていくので、自動詞になります。

하반기 수업은 9월부터 시작돼요.
後半期の授業は9月から始まります
영화 ‘용쟁호투(龍爭虎鬪)’는 8월15일 개봉됩니다.
映画「燃えよドラゴン」は8月15日開封されます

授業が自らの意思で勝手に始まることはないし、映画も自分で勝手に上映されることはありませんね。

ちなみに自動詞を使う文では、主語に助詞(-이/가、-은/는)が使われます。

하다動詞にも例外はある?

하다動詞と되다動詞の違いは、自分の意志で物事を進めるのか、周りの要素によって事が運ぶのかでした。

つまり「自分でコントロールできれば하다動詞だ」とも言えるわけですが、例外もあります。

긴장하다:緊張する
걱정하다:心配する

心配や緊張は意図的にはできません。

これらは自分でどうにかできるものではなく、まわりに左右される部分が大きいからです。

まとめ

1.하다動詞
自らの意志で行動

2.되다動詞
自分の意志は関係ない

3.하다動詞は他動詞が多い

4.되다動詞は自動詞が多い

5.하다動詞にも自分でコントロールできないものはある

하다動詞や되다動詞も「自動詞か他動詞か」を押さえると、助詞の間違いがなくなります。