「しらばっくれるな」
「とぼけるな」

これらは初級で習う単語でも表現できる言葉です。

難しい言葉を使いそうなイメージがありますが、実はとそうでもなかったりします。

「しらばっくれる、とぼける」を意味する表現には、どんなものがあるのかを紹介していきたいと思います。

しらばっくれる、知らんぷりする

知らないふりをする「모른 척하다」

しらばっくれるとは「知っているのに知らないふりをする」という意味です。

これを初級の単語で表現できるといいましたが、その単語とは「모르다」です。

너 내 아미스크림 먹었지?
あんた私のアイス食べたでしょ?
나 아닌데…
俺じゃないけど…
이 사림이 뻔뻔하게 모른 척하네.
ずうずうしく、しらばっくれちゃって

「-ㄴ/는 척다」は「~のふりをする」という意味の文法です。

これと모르다(知らない)を使って、모른 척하다(知らないふりをする)と、表現するわけです。

見て見ぬふりというニュアンスも

모른 척하다は「見て見ぬふりをする」というニュアンスもあります。

어려운 사람을 보면 모른 척할 수 없어요.
困っている人を見ると、ほっとけないんだよ
뾰루지 모른 척하지 마요.
吹き出もの、そのままにしないで

こうなると、まったく違う文になることがわかると思います。

「모른 척하다」をどのような意味で使うかは、その時の状況によって変わってきます。

すっとぼける、はぐらかす

関係ないことをする「딴청을 피우다、딴청을 부리다」

모른 척하다以外にも似たような意味合いの表現はあり、딴청(딴전)을 피우다も「しらばっくれる、とぼける」という意味になります。

다 알면서 딴청을 피우지 마.
全部わかってるくせにとぼけるな
딴전 피우지 마. 넌 저거 무서운 거지?
とぼけるなよ。お前あれがこわいんだろ?

딴청(딴전)とは、全く関係ない行動や言動のことを言います。

딴청을 부리지 말고 집중해.
さぼってないで、集中しろ
수업 시간에 계속 딴청을 하고 있거든요.
授業中に関係のないことばかりしてるんです

授業中に話を聞かず、教科書に落書きをするというようなことをやってたりするのが、딴청です。

つまり聞かれたことにきちんと答えず「質問とは関係ない行動」をとることで、しらばっくれるわけです。

もともとは딴전が正しい表現ですが、딴청と言う人も多いため、どちらも標準語として使われるようになりました。

シラをきるは「시치미를 떼다」

「ある行動や出来事」が由来になった慣用句もあります。

그걸 니가 어떻게 알아? 시치미 떼지마.
どうしてそれをあんたが知ってるの?とぼけないで
시치미 떼지 말고 솔직하게 말해요.
シラを切らず、正直に言いなさい

시치미를 떼다には「シラをきる」というような意味があります。

시치미를 떼다の由来

昔、鷹を使った猟が盛んだった頃、鷹を飼っている家がたくさんありました。

鷹の足には시치미と呼ばれる「名札」が付いており、これで飼い主を区別していたわけですが、鷹がもとの主人の家ではなく、他人の家に入っていってしまうことがありました。

この時、鷹の足に付いている名札(他人の名前が書かれたもの)を外して、自分の名札に付け替えた行為から、시치미를 떼다と言うようになりました。

こうして疑われても「俺はやってない、知らない」と、シラを切っていたわけです。

まとめ

「しらばっくれる」を意味する表現

1. 모른 척하다

2. 딴청(딴전)을 피우다.

3. 시치미를 떼다

日本語でも「しらばっくれる、とぼける、シラを切る」など、表現はいくつもありますが、韓国語でもいろいろ使い分けてみましょう。