韓国語の動詞は自動詞と他動詞に分けることができます。

二つは「助詞の使い方」が異なるのが特徴で、これがわかると-이/가と-을/를を間違えなくなります。

今回は韓国語の動詞と助詞の関係を押さえましょう。

自動詞ってなに?

「S+V」の文で使う動詞

自動詞とは主語自身がどうするのか、どうなるのかを表す言葉です。

저는 매일 6시반에 일어나요.
私は毎日6時半に起きます
다음달에 친구가 일본에서 놀러 와요.
来月友達が日本から遊びに来ます

「私は起きる」
「友達が来る」

このように「S+V」の文で使われます。

自動詞とよく使う助詞は?

自動詞の文では目的語「~を」を必要としません。

言い換えれば、-을/를を使わないとも言えます。

저는 아침 9시에 회사에 갑니다.
私は朝9時に会社に行きます
피로가 잘 풀렸습니다.
疲れがすっかり抜けました

「〇〇が~する、〇〇が~した」というように、主語(S)と述語(V)さえあれば文が成立します。

また助詞は、主語になる名詞に「-이/가」や「-은/는」が使われます。

他動詞ってなに?

「S+O+V」の文で使う動詞

他動詞は他にどんな影響を与えるのかを表す言葉です。

저는 매일 고기를 먹어요.
私は毎日お肉を食べます
나는 한 달에 한 번씩 영하를 봐요.
私は月に一回映画を見ます

「肉を食べる」
「映画を見る」

他動詞の文では「S+O+V」の構造になります。

主語(S)と述語(V)だけではどんな文なのかはわからず、目的語(O)が加わってはじめて内容が理解できるのが特徴です。

他動詞には必ず「-을/를」を

他動詞を使う文には、目的語「~を」を加えましょう。

김영주-R

어제는 잡채를 만들었어요.
昨日はチャプチェを作りました

강소영-R

남자친구한테 시계를 줬어요.
彼に時計をあげました

「作る」と「あげる」は、どちらも「~を」にあたる言葉が必要なことがわかると思います。

自動詞と他動詞は目的語の有無によって区別するという点を押さえておきましょう。

受け身や使役の文章と動詞

受け身の単語は自動詞

受け身(~される)の単語は、自動詞に含まれます。

박기영-R

범인이 어제 잡혔어요.
犯人が昨日捕まりました

김지성-R

범인은 그저께 최포됐어요.
犯人は一昨日逮捕されました

動詞は主語である「범인」の動作を表しているように、目的語「~を」が必要ないことがわかると思います。

ちなみに되다動詞のほとんどは自動詞になります。

使役の単語は他動詞

使役(~させる)の表現は、他動詞に当てはまります。

김영주-L

생선을 가열시킨다.
魚を加熱させる

황수지-L

아이에게 야채를 먹였다.
子供に野菜を食べさせた

目的語である생선や야채は、助詞「-을/를」と一緒に使われていますね。

主語が省略されていますが「目的語+他動詞」はしっかり文に組み込まれています。

自動詞と他動詞どっち?

次の文章に使われている動詞「먹다」は、自動詞でしょうか?それとも他動詞でしょうか?

1.
어젠 친구랑 김치찌개를 먹었어요.
昨日は友達とキムチチゲを食べました
2.
피곤해서 그런지 화장이 잘 지 않아요.
疲れてるせいか、メイクのノリがよくないです
3.
새로운 양복을 마련하는 데 50만원 먹었어요.
新しいスーツを仕立てるに50万ウォンかかったよ

※答えはタップして確認できます

動詞の中には自動詞と他動詞、両方の特徴を持つものが存在します。

辞書を引くと動詞には必ず「자」「타」といった表示が出てきますが、これは자=自動詞타=他動詞を表しています。

辞書を引いた際は、こういう部分にも注目して見ましょう。