韓国のスマホ

韓国に留学している人(だけじゃないですが)は、日本製もしくは韓国製のスマートフォンを使用している人も多いかと思いますが、言語設定はどうしているでしょうか。

韓国のスマホを使っている場合、そのままで問題ない人はいいですが、ハングル表示になれていない人やIT機器が苦手な人は、画面を見るだけでも大変ではないでしょうか。

そこで韓国スマホを日本語表示に切り替えて使う方法を紹介していきます。

android4.4.4の場合

android4.4.4バージョンをもとに言語表示の設定方法です。

多少バージョンが違っても、同じような設定画面のものには使えると思います。

設定画面の呼び出す

上端から画面を下に向かってなぞり、簡易設定メニューを呼び出します。

「ギヤのマーク」をタップし、端末の設定画面に入りましょう。

ホーム画面から、設定ボタン(歯車のマーク)をタップしてもかまいません。

設定画面に入ったら、언어 및 입력(言語および入力)を選択しましょう。

表示言語を「日本語」にする

表示言語の設定を行うので、언어(言語)をタップしましょう。

入力言語(キーボード)の設定は、表示言語とは別に行う必要があります。

選択できる言語の一覧が出てきます。

ここで表示言語に日本語を選べばOKです。

画面がこのように日本語に切り替わり、スマホを日本語で使えるようになります。

ただしダウンロードしたアプリケーションによっては、個別に言語設定を行う必要があるかもしれません。

android7.0の場合

android7.0バージョンでの設定方法です。

こちらも「同じような設定画面」であれば、多少のバージョンの違いは気にしないでください。

言語設定メニューの呼び出し

androidのスマートフォン共通の操作方法で、上から画面を下に向かってなぞり、設定画面に入りましょう。

あるいはホーム画面から、設定ボタン(歯車のマーク)をタップしてもかまいません。

設定画面が出たら、일반(一般)を選択します。

そこから、언어 및 입력 방식(言語および入力方式)と進ん生きます。

表示言語の設定を行う

言語設定に関する画面になったら、언어(言語)をタップします。

端末に入っている「言語パック」の一覧が表示されます。

この現時点では韓国語しかないので、本体の表示もすべて韓国語になっています。

画面右上の편집(編集)をタップしましょう。

使用言語を追加し、優先順位を「日本語」にする

ここでやることは、まず「使用言語」の追加です。

端末で使う言語を追加し、使用の優先順位を変えることで、表示言語が切り替わるようになっています。

windoows8やwindoows10の言語設定の変更に近いと思ってください。

選択できる言語の一覧が出てきたら「日本語」をタップしましょう。

日本語が追加されたら、言語の優先順位を変更します。

三角のマークを押しながら、日本語を言語リストの一番上に持ってきましょう。

これで、表示言語が日本語に切り替わります。

日本語に切り替わると、画面はこんな感じになります。

これで韓国スマホが日本語で使えるようになります。

スマホの表示言語とアプリの対応言語にも注意

アプリによっては日本語に対応していないものがあり、表示言語を日本語に変えても「韓国語か英語でしか使えない」といったケースがあります。

例えば韓国人がよく使うバスや地下鉄の時刻表アプリなどがそうです。

こういう時は、英語か韓国語で使うしかありません。

アプリの使用言語が本体の表示言語に自動で対応していない場合、あきらめてそのまま使うしかありません。

しかしアップデートで対応する可能性もあるので、気長に待ちながら使いましょう。