누구と아무は、どちらも「誰」を表す言葉ですが、文章の種類や使い方によって、意味合いが変わります。

누구と아무のニュアンスの違い、使い方を学んでみましょう。

Ads

누구と아무の基本的な意味

누구は「知らない人」

누구は「知らない人」を表す言葉です。

自分が知らない「誰か」を指すので、疑問文によく使われます。

リーR

저 사람이 누구예요?
あの人誰ですか?

なび-R

누가 내 아이스크림을 먹었어?
誰が私のアイス食べたの?

ポイントは「あの人」や「アイスを食べた人」といったように、特定の人物像があることです。

しかし、その人物がわからないから「누구=誰」という言葉を使うことになります。

ちなみに누가は누구가の短縮形になります。

아무は「不特定の人物」

아무は「不特定の人物」を指す言葉です。

特定の誰かを指すわけではないので、知っている人物かどうかが重要ではありません。

おじさん-L

집에 아무도 없어요?
家に誰もいないんですか?

「誰もいないのか」という質問も、その家に住む一個人を指しているわけではないんです。

警察-L

컴퓨터를 잘 아는 사람을 아무나 보내줘.
パソコンに詳しい人を、誰でもいいから寄こしてくれ

「誰でもいいから」も、この人!と特定の人物を指定しているわけではありません。

누구と違って、漠然としているのが아무の特徴です。

Ads

도や나と一緒に使う

도と否定文で「誰も~ない」

助詞「도」と組み合わせた否定文で、「誰も~ない」という意味の文になります。

男子2-L

누구도 할 수 없는 일이에요.
誰もできないことです(

医者-R

아무도 할 수 없는 일이에요.
誰もできないことです(

「誰もできない」には、不特定多数の人が対象の아무を使います。

「あの人も、この人も、みんなできない」というように、特定の人物像が決まっていないからです。

도を肯定文で使うことはあまりない

도の肯定文は、否定文に比べて使用頻度がずっと下がります。

兵士-L

누구도 할 수 있는 일이에요.
誰でもできることです(

ビッグボス-L

아무도 할 수 있는 일이에요.
誰でもできることです(×

도を肯定文であまり使わないのは、도は「追加」のニュアンスが強いからです。

そのため、「あの人できない、誰できない」というような使い方になります。

「誰も~ない」は아무도の否定文と覚えておきましょう。

나と肯定文で「誰でも~する」

助詞「나」と組み合わせた肯定文で「誰でも~する」という意味の文になります。

女子4-R

이건 누구나 아는 사실이에요.
これは誰でも知ってることです(

リーR

이건 아무나 아는 사실이에요.
これはみんな知ってることです(

나には「強調」の意味があります。

つまり、「この人ですら知ってる、あの人だって知ってる」というニュアンスです。

나を否定文で使うことはあまりない

도とは逆で、나を否定文ではあまり使いません。

これは言い方の問題で、「도」の方がよく使われるからです。

女子4-L

이건 누구나 모르는 사실이에요.
これは誰も知らないことです(

リーL

이건 아무나 모르는 사실이에요.
これは誰も知らないことです(

「誰でも知らない」よりも「誰も知らない」という言い方をするということですね。

女子4-R

이건 누구나 아는 사실이 아니에요.
これは誰でも知っていることではありません

もし나を使いたいのなら、肯定文の後に否定の表現を持ってきます。

「誰でも~する」は나の肯定文と覚えましょう。

Ads

누구나と아무나のニュアンスの違い

누구나の方が条件が厳しい

누구나と아무나では、ニュアンスが変わってきます。

女子2-R

아랍어는 아무나 할 수 있는 외국어예요.
アラビア語は、誰にでもできる外国語だよ

아무나は不特定多数の人たちを示すので、それだけ多くの人ができる簡単な外国語だよというニュアンスです。

女子3-L

아랍어는 누구나 할 수 있는 외국어예요.
アラビア語は、誰でもできる外国語だよ

しかし、누구나は「人物像や条件」が限定されます。

そのため努力すれば誰でもできるよ」といったように、아무나より「誰でも」の意味が弱まります。

「努力する人」という条件がつくということですね。

「누구나=誰でも」には条件がある

누구(誰)には条件があるといいました。

yuna-R

이 청소기는 누구나 쉽게 이용할 수 있어요.
この掃除機は、誰でも簡単に使えます

男子1-R

누구나 가입할 수 있어요.
誰でも入会可能です

掃除機を使うには、「使い方がわかる」あるいは「説明書を読んで操作方法が理解できる知識が必要」といったことが欠かせません。

通販やファンクラブの会員になる場合も、「~歳以上で」というような加入条件を満たす必要があります。

女子1-L

누구나 좋으니까 남자 좀 소개시켜줘.
誰でもいいから、私に男性紹介してよ

人それぞれ「好みの異性のタイプ」があるように、本当に誰でもいいというわけではないですよね。

条件に合う人なら誰でもOKなので、要するにえり好みしている状況です。

「아무나=誰でも」は切羽詰まってる

아무나は「本当に誰でもいいのか」でしょうか?

女子3-L

아무나 좋으니까 남자 좀 소개시켜줘.
誰でもいいから、私に男性紹介してよ

こう言われたからといって「誰でも構わない」と思う人はいないはずです。

「条件を下げざるを得ない」
「えり好みする余裕もない」

つまり、ここでは「とにかく誰か紹介して」と、切羽詰まっているのが本音だと言えます。

誰でもいいという言葉は「慣用句的に使っているだけ」なので、누구と아무によるニュアンスの差は、ぜひ覚えてください。

まとめ

1.누구は人物像は決まっているが、知らない人

2.아무は知っている人も含めた、漠然としたイメージ

3.「誰も」は아무도の否定文で使う

4.「誰でも」は누구나と아무나の肯定文で使う

5.누구나と아무나のニュアンスの差
누구나は条件が限定される
아무나は条件が広くなる

누구나や아무나などで迷ったら、누구と아무の基本的なニュアンスに立ち戻ってみましょう。