韓国の食肉文化

韓国は日本に比べて、肉を食べることが多い国です。

特にサムギョプサルは、日本でも知っている人の多い人気のメニューですね。

ところで韓国では、いつからこんなに肉を食べるようになったのでしょうか。

今回は、朝鮮半島の食肉文化についての話と、関連したことわざを紹介していきます。

Ads

食肉の習慣の衰退と発展

牛肉は昔から貴重な食べ物

人間はもともと狩猟による生活をしていたこともあり、朝鮮半島でも「肉を食べる」という習慣は、昔からありました。

また、農業が発展していく中で、家畜の飼育も行われるようになっていきます。

ところで三国時代の高句麗では、一般的に豚肉の方がよく食べられ、豚肉を양념(タレ)に肉を漬け込んで焼いた맥적(貊炙)という伝統料理もありました。

牛は労働力になる貴重な動物でもあることから、牛肉は祭祀の際に献上され、王や貴族たちが好んで食べたと言われています。

しかし、仏教が広まっていきながら「動物の殺生禁止令」の影響もあり、食肉の習慣は衰退していきます。

モンゴルの文化の流入とともに食肉も復活

王カルビ

高麗時代の後期、モンゴル人たちが入ってくるようになると、彼らの影響を受けて、再び食肉の文化が復活していきます。

朝鮮時代には、너비아니구이という宮廷料理も作られました。
※現代の불고기(プルコギ)のような料理

ところで、牛肉を食べれるのは王族など限られた人たちのみで、一般市民は王様が許可した時にしか食べれませんでした

水原は왕갈비(王カルビ)など牛肉で有名ですが、これは水原が王の別荘地でもあったためです。

王が別荘を訪れる日は、牛肉を食べることが許可されました。

なかなか「禁止令」が守られなかった

飼っている牛

朝鮮時代でも牛は、외양간という専用の管理小屋が建てられるほど、貴重な動物でした。

우금령(牛禁令)といって、むやみやたらに牛を屠殺(とさつ)してはいけない法律もあったくらいです。

しかし、みんな牛肉が大好きで、禁止令がなかなか守られない。

また、食用目的で牛馬を殺すことはできないものの、合法的に牛を食べる方法はありました。

黄牛

それが「牛の足を折る」というものです。

昔は牛乳を採取するという考えがなかったため、足を負傷した牛は農作業には使えず、処分するしかなくなります。

「牛が足を負傷してしまった」と役人に報告することで、堂々と牛肉を食べることができるわけです。

旧正月や秋夕といった명절(名節)が近づくと、「負傷した牛」の報告件数が急増したという記録も残っているくらいです。

役人も意図的に牛の足が折られたのどうかはわからなにので、特例として屠殺を認めることになります。

勝手に牛肉を食べたことがばれると?

牛肉を食べる

禁止されているにもかかわらず、勝手に牛馬を屠殺したことが発覚すれば、処罰を受けることになります。

特に「他人の牛」を盗んで屠殺した場合、最も重い刑として、絞首刑が言い渡されたようです。

소 잃고 외양간 고치다(牛を失ってから牛舎をなおす)のようなことわざからも、牛の盗難はそれなりに発生していたのでしょう。
※「泥棒を見てを綯う」に相当

ちなみに勝手に牛を食べたのがばれても、役人に賄賂を渡すことで見逃してもらうケースも多かったようです。

Ads

외상이면 소도 잡아먹는다「ツケなら牛だって食べる」

後先考えずに行動すること

みんな牛肉が大好きだったわけですが、そこから生まれたことわざが、외상이면 소도 잡아먹는다「ツケなら牛だって食べる」です。

これは、後先考えずに行動すること、今がよければそれでいいという考えを言います。

牛は家畜としても重要ですが、それを潰してまで食べてしまう行為から出てきた言葉です。

食料に困って牛や馬を屠殺したのではなく、牛肉が食べたいという欲求に従って行動した結果ですね。

見境なしに行動することを警告しているとも言えます。

似た意味のことわざ

同じような意味のことわざには、次のようなものもあります。

외상이면 사돈집 소도 잡아먹는다.
ツケなら親戚の家の牛も食べる
외상이면 꺼멍 소도 잡아먹는다.
ツケなら黒い牛だって食べる

「사돈집=親戚」と書いていますが、正確には結婚した身内の配偶者の家族を指します。

結婚によって親戚関係になった人のことですが、その親戚の家の牛にまで手を出すという意味です。

日本のことわざ

猪突猛進

日本のことわざでも「後先考えずに行動する」という意味で、後先見ずの猪武者という言葉があります。

猪の「まっすぐ前に進む習性」を、敵陣にそのまま突っ込んでいく武士に例えた言葉で、いわゆる「猪突猛進」です。

がむしゃらに突っ走っていくので、状況を考えない、思慮に欠ける人を猪に揶揄しています。

さいごに

いくら牛肉好きとはいえ、他人の牛を捕まえて食う人もいるくらいぐらいなのだから、相当なものです。

また、国が禁止令を出すほどなので、深刻な社会問題だったのでしょう。

しかし牛肉を食べる習慣がなかったら、今日のホルモンやユッケといったメニューもなかったかもしれません。