注文をとる

ワーキングホリデービザなどで韓国に来ている人は、アルバイトをする機会があると思います。

業種としては食堂やカフェといった「飲食系」のアルバイトが最も多いのではないでしょうか。

そこで飲食店のアルバイトで使える表現などを紹介していきます。

お客が来店した時の対応

「いらっしゃいませ、何名様ですか?」から始まる

すべては客が来店し、挨拶するところから始まります。

「いらっしゃいませ」は“어서 오세요”ですが、この時に客が何人で来ているのか、人数を確かめる必要があります。

몇 분이세요?
何名様ですか?

-분は-명(-人)の尊敬表現ですが、こういう部分にも敬語を使わないといけないですね。

日本語と韓国語は似ているところが多いので、難しく考えなくても大丈夫でしょう。

予約して来店した客にはどう対応する?

もしかしたら予約が入っている場合があるかもしれません。

そんな時は予約して来た客なのかどうかを確認しましょう。

예약하셨어요?
ご予約の方ですか?

また必要に応じて、予約の名前を確認する時もあるでしょう。

성함이 어떻게 되세요?
お名前をお伺いします

이름ではなく성함と尊敬語を使うことも忘れないでおきましょう。

客を席に案内する「こちらにどうぞ」

人数を確認したら、席についてもらいましょう。

이쪽으로 앉으시겠어요?
こちらにお座りいただけますか?
손님 이쪽으로 오세요.
お客様こちらにどうぞ

席が店の奥の方にあるなら、そちらに移動を促します。

別のフロアーに席があるならそちらに案内すればいいし、言い方に正解はありません。

「空いている席へお座りください」はどういえばいい?

座席は자리と言いますが、店が空いていて、どこに座らせても問題がない。

そんな時「お好きな席にどうぞ、ご自由にお席までお進み下さい」などと言うことがありますね。

편하신 자리에 앉으시면 돼요.
お好きな席にどうぞ

こんな感じのことを言えば、お客は適当に空いている席に座ってくれます。

とはいっても必ず好きな席に座らせる必要もないので、言葉がすぐに出てこなければ、こちらから席を指定してしまいましょう。

注文を取り、オーダーを伝える

どうやって注文を取ればいい?

お客が席に着いたら、さっそく注文を取りましょう。

뭐 드릴까요?
何になさいますか?
주문하시겠어요?
ご注文はいかがなさいますか?
주문 도와드리겠습니다.
ご注文お伺いいたします

뭐 드릴까요?以外にも言い方はいろいろあるので、その場に合わせて使いましょう。

焼酎やビールには種類がいくつかある

焼酎やビールは、いくつかの銘柄を扱っている飲食店が多いです。

そのためどんなお酒があるのか聞かれることもあります。

소주는 어떤 게 있나요?
焼酎はどんなものありますか?
처음처럼이랑 참이슬이랑 진로가 있습니다.
チョウムチョロムとチャミスルと眞露があります
그럼 진로로 해주세요.
じゃあ眞露にしてください
네, 알겠습니다.
かしこまりました

焼酎やビールの種類を聞かれた時のために、あらかじめ何があるのかを把握しておきましょう。

自分自身がお酒を飲まなくても、飲食店でバイトをするなら、韓国のお酒もある程度覚えておくといいでしょう。

もし注文を聞き取れなかったらどうする?

「何言ってるかわからねえ…」となることが、外国語で注文をとる時の悩みでしょう。

客の中には標準語で話さない人もいますが、特に慶尚道のなまりはソウルの韓国人も聞き取れないことがよくあります。

不安な時は注文内容を確認しましょう。

どうしても聞き取れない時は、잠시만요(少々お待ちください)と言って、他の店員に対応してもらうのも一つの手です。

厨房にオーダーを伝える「〇〇一つ」

オーダーを取ったら、注文内容をしっかりと厨房側に伝えましょう。

牛丼で言えば「大盛り一丁」と言うような感じですね。

닭갈비 하나 있습니다.
タッカルビ一つです
맥주 세 개 있어요.
ビール三つ入ります

オーダーは“〇〇 있습니다/있어요”のように伝えます。

ただ自動でオーダーが伝わるシステムがある場合は、こうした必要はないでしょう。

料理を出す時に一言添える

お待たせいたしました○○です

注文の次に緊張するのが、料理を運ぶ時でしょう。

실래하겠습니다, 육개장 나왔습니다.
お待たせいたしましたユッケジャンです

“〇〇 나왔습니다”は「料理が出来上がって出てきた」という意味です。

また나오다には「仕上がる」というニュアンスもあります。

スマホで写真を撮り、その場で이렇게 나왔어요(こんな感じになった)と、写り具合について話すことも可能です。

「ご注文の品はおそろいでしょうか」は言わない?

韓国であまり使わない言葉が「ご注文の品はおそろいでしょうか」のような表現です。

日本のように注文したものがすべて出てきたかをわざわざ確認しませんが、代わりによく使う表現があります。

더 필요하신 거 없으세요?
他に必要なものはございませんか?

必ずではないですが、追加するものがあるかを確認するんですね。

ただ混雑時は店側も注文を忘れている場合があるので、料理が出てこない時はきちんと指摘しましょう。

ごゆっくりお召し上がりください

注文から料理の提供まで一通り済んだら、ここで「もう一言」添えます。

맛있게 드세요.
どうぞお召し上がりください

ここまで言えば、バッチリでしょう。

言い方は違えど、やっていることは日本と大きくは変わらないと思います。

追加の注文やその他の対応

追加の注文に対応する

飲食店でしかも酒類を提供している店であれば、追加の注文が入る確率は高いでしょう。

呼び出しがあったら、こう答えましょう。

필요하신 거 있으세요?
必要なものはございますか?

追加注文やその他で呼ばれた時は、この一言で大体はOKです。

呼び出しにすぐに対応できない時

追加の注文やその他の呼び出しがあっても、すぐに対応できない時はよくあります。

잠시만요.
少々お待ちください

まずは「잠시만요」で、待ってもらいましょう。

韓国はせっかちな人が多いので、呼び出しベルを連打されることもありますが、気にせずに対応しましょう。

食べ終わったものを下げる時は?

食事中の席から空いた器を下げる時は、次のように言いましょう。

그릇은 치워드릴게요.
器はお下げいたします

明らかに食べ終わったとわかるものだけ下げれば、ひとまず問題はありません。

下げてほしいものがあれば、お客の方から치워주세요と言ってくるので、必要以上に気を使わなくても大丈夫でしょう。

그릇은 치워드릴까요?
器お下げいたしますか?

もし判断に迷ったら、下げてもいいか確認すれば確実ですね。

お会計は現金で?それともカードで?

現金で支払う場合

会計が終わってお客が帰るまでは、気は抜けません。

45,000원입니다.
45,000ウォンになります
(現金を出す)
50,000원 받았습니다.
5万ウォンお預かりいたします

ーーーーーーーーーー

(5,000ウォン返しながら)
감사합니다. 안녕히 가세요.
ありがとうございました。気をつけてお帰りください

おつりがあった場合の「000円のお返しになります」のようなことは、韓国では言われたことがありません。

したがって「45,000ウォンちょうどいただきます」というような表現を使うこともないでしょう。

カードで会計をする場合

韓国はカードで支払う人の方が多いです。

63,000원입니다.
63,000ウォンになります
(カードを出す)
(言わない人もいる)
결제 도와드리겠습니다.
お会計いたします

ーーーーーーーーーー

(カードを返しながら)
결제 끝났습니다, 감사합니다.
お支払いは完了です。ありがとうございました

“결제 끝났습니다”は言わない人もいるし、必ずこう言うわけでもありません。

コンビニならだまって決済を行い「감사합니다」の一言だけで、カードを返されることも普通です。

ここで紹介したものは、あくまでも例です。

どのような言い方をするかは人にもよるので、迷ったら先輩従業員をマネしながら覚えましょう。

その場に合わせて適切に対応できれば、それでよしです。