「~と思った」
「~だと思った」

ㄹ 줄 알다には「~できる」の他に、「~だろうと思った」という意味があり、同じ形でも「全く異なる意味」として使うこともある文法です。

Ads

過去形で「~したと思った」

動詞と-ㄴ/은 줄 알다

動詞の過去形と組み合わせた「-ㄴ/은 줄 알다」の形で、「~したと思った」という意味になります。

男子1-R

먼저 나간 줄 알았어요.
先に(店を)出たと思ったよ

나가다(出る)が過去形の「나간」になっているので、「先に出たと思った」という意味です。

女子1-R

신촌에 이사 간 줄 알았어요.
新村に引っ越したのかと思ったよ

이사 가다(引っ越す)も過去形の「이사 간」なので、「引っ越したと思った」という文になります。

兵士-R

그런 줄 알았어.
そんなことだと思ったよ

-ㄴ/은 줄 알다は、이렇다(こうだ)や그렇다(そうだ)ともよく使うので、要チェックです。

-ㄴ 줄 모르다で「~と思わなかった」

알다の反意語「모르다」を使うことで、逆の意味「~したと思わなかった」になります。

リーL

둘이 결혼한 줄 몰랐어요.
二人が結婚したと思わなかったよ

デブ-L

남자친구랑 헤어진 줄 몰랐어요.
彼と別れたとは思わなかったよ

결혼하다の過去形「결혼한」と組み合わせることで、「結婚したと思わなかった」という文になります。

헤어지다(分かれる)も同様です。

Ads

現在形で「~していると思った、~と思った」

動詞と-는 줄 알다

動詞の現在形と組み合わせ「-는 줄 알다」で、「~していると思った」という意味になります。

アジュンマ-L

게임하는 줄 알았더니 공부하네.
ゲームしていると思ったら、勉強してるじゃん

「勉強している」という現在進行に「-는 줄 알다」が組み合わさっていることがわかります。

女子2-L

비가 안 오는 줄 알았는데…
雨は降っていないと思ったけど…

こちらは「雨が降っていない」という現在進行の否定に「-는 줄 알다」が組み合わさっています。

形容詞と-ㄴ/은 줄 알다

形容詞と組み合わせた「-ㄴ/은 줄 알다」の形で「~と思った」という意味になります。

女子3-R

더운 줄 알았는데 생각보다 시원하네.
暑いと思ってたけど、思ったよりも涼しいね

女子4-R

김치찌개가 이렇게 매운 줄 몰랐네.
キムチチゲがこんなに辛いとは思わなかったよ

「暑い」や「辛い」といった形容詞は「状態」を表すので、現在や過去と言った区別はありません。

動詞と形容詞の은/는などで混同しやすい部分なので気を付けましょう。

있다と없다は特別

있다や없다は形容詞ですが、動詞のように扱うので、는がついて「-는 줄 알다/모르다」の形になります。

警察-L

난 니가 있는 줄 몰랐다.
お前がいるとは思わなかったよ

デブ-L

그 사람이 없는 줄 알았는데…
あの人はいないと思ってたのに…

また、「いる、いない」に加えて、肯定か(~と思った)、否定か(~と思わなかった)にも気をつける必要があります。

이다と-ㄴ 줄 알다

이다(~だ、~である)は「名詞+인 줄 알다」で「~だと思った、~であると思った」という意味になります。

医者-R

키가 큰 사람인 줄 알았는데 실제로는 아니네.
背が高い人かと思ってたけど、実際は違うんだね

yuna-R

난 그 사람이 외국인인 줄 알았어요.
あの人は外国人だと思ったよ

이다の場合は、形容詞に近い扱いになっています。

現在形では「形容詞、動詞、있다/없다、이다」がどのようなになるのか、押さえておきましょう。

Ads

未来「~だろうと思った」

-ㄹ 줄 알다は推測が基本

動詞でも形容詞でも、-ㄹ/을は「推測や予想」の意味になります。

そのため-ㄹ 줄 알다を使えば、「~すると思った、~だろうと思った」という文になります。

アジュンマ-L

사람이 많을 줄 알았는데 생각보다 없네요.
混んでると思ったけど、思ったほどでもないね

많다と-ㄹ 줄 알다で「人が多いだろうと予想した」というニュアンスです。

おじさん-L

이럴 줄 몰랐다니까.
こうなるとは思わなかったんだよ

こちらは「こうなるだろう」という考えはなかった、「こうなるとは思わなかった」という意味ですね。

警察-R

다 그 아이가 초등학생일 줄 몰랐어.
みんなあの子が小学生だろうとは思わなかったよ

이다も「~だろうと思った」という文に使うことができます。

「~できる」と「~と思う」は別のものと考える

-ㄹ 줄 알다/모르다には、能力による「~できる」と、予想や考えを表す「~と思った」の意味の2つがあります。

ところが、これらを同じ文法として考えると、外国人にはややこしくなります。

そのため、2つの意味や使い方は分けて考えるのがおすすめです。

外国語文法でもこれらは分けて扱うので、「~できる」と「~と思った」は全く別のものとして考えましょう。

まとめ

時制 動詞 形容詞 있다/없다 이다
過去 -ㄴ/은 줄 알다
~したと思った
-ㄴ/은 줄 알다
~と思った
있었는 줄 알다
いたと思った
-인 줄 알다
~だと思った
現在 -는 줄 알다
~していると思った
있는 줄 알다
いると思った
未来 -ㄹ/을 줄 알다
~すると思った
-ㄹ/을 줄 알다
~だろうと思った
있을 줄 알다
いると思った
일 줄 알다
~だろうと思った

ちなみに운전할 줄 아는 줄 알았다のように、ㄹ 줄 알다を二重では使いません。

この文法の2つの意味合いを同時に使うことはないので、こういう場合は운전할 수 있는 줄 알았다のようにしましょう。