「つい~だろうと思った」
「てっきり…と思ってた」

-ㄹ 줄 알다/모르다には「~できる、できない」の他に、~だろうと思った/思わなかったという意味があり、同じ形でも全く異なる表現として使うことがあります。

過去形で「~したと思った」

「-ㄴ 줄 알다」を動詞と用いる

動詞を過去の連体形「-ㄴ/은」にすることで、~したと思ったという意味になります。

먼저 간 줄 알았어요.
先に(店を)出たと思ったよ
신촌에 이사 간 줄 알았어요.
新村に引っ越したのかと思ったよ

連体形を使って過去の話をする-ㄴ/은ができれば、-ㄴ 줄 알다にもすぐ対応できると思います。

-ㄴ/은に自信がない人は、こういう機会に文型の復習も合わせて行うといいでしょう。

逆の意味なら「-ㄴ 줄 모르다」にする

알다の反意語である「모르다」を使えば、~したと思わなかったという逆の意味になります。

둘이 결혼한 줄 몰랐네요.
二人が結婚したと思わなかったですね
남자친구랑 헤어진 줄 몰랐어요.
彼と別れたとは思わなかったですよ

모르다は알다を否定する言葉でもあるわけですが、ニュアンスが逆になっても、基本的な使い方は肯定文の場合と同じです。

이렇다や그렇다ともよく使う

この文法は이렇다や그렇다ともよく使うので、要チェックです。

이런 줄 알았으면 왜 미리 얘기 안 했어요?
こうとわかってたら何で先に言わないの?
그런 줄 알았으면 많이 사왔을텐데.
そうとわかってれば、たくさん買って来たのに

「こうだ」や「そうだ」と一緒に使えば、細かいことを省略しながら伝えることもできるので、こういう言い方も練習してみましょう。

ところで言い方や口調によっては、口答えや言い訳に聞こえることもあります。

現在形で「~していると思った、~と思った」

「-는 줄 알다」を動詞と使う

動詞の現在の連体形「-는」と組み合わせることで、~していると思った/思わなかったという意味になります。

계속 건물 안에 있어서 비가 오는 줄 몰랐어요.
ずっと建物の中にいたから、雨は降ってるとは思わなかったです
나를 싫어하는 줄 알았는데 아닌 것 같아요.
私のこと嫌ってると思ってたけど、そうでなかったみたい

現在の様子を話す-는に、-줄 알다が組み合わさっていることがわかると思います。

는を使う復習にもなるので、文型の見直しも合わせて行いましょう。

形容詞には「-ㄴ 줄 알다」を使う

形容詞の連体形は「-ㄴ/은」になるので、これと組み合わせれば「-ㄴ 줄 알다」となります。

意味としては「~と思った」という感じですね。

김치찌개가 이렇게 매운 줄 몰랐어요.
キムチチゲがこんなに辛いとは思わなかったよ
더운 줄 알았는데 생각보다 시원하네요.
暑いと思ってたけど、思ったよりも涼しいですね

「辛い、暑い」といった形容詞は状態を表すので、動詞と扱い方が違います。

動詞と形容詞の-ㄴ/은は混同しやすい部分なので気を付けましょう。

名詞では이다と「-ㄴ 줄 알다」を組み合わせる

名詞には이다を使うのが基本です。

つまり이다を連体形にして組み合わせれば「名詞+인 줄 알다」となります。

난 그 사람이 외국인인 줄 알았어요.
あの人は外国人だと思ったよ
키 큰 사람인 줄 알았는데 실제로는 아니네요.
背が高い人かと思ってたけど、実際は違うんですね

ニュアンスとしては「~だと思った、~であると思った」という感じですね。

扱い方は形容詞に近いと思えばいいでしょう。

있다と없다は動詞に近い

있다/없다を使う場合、-는 줄 알다/모르다のようになります。

니가 와 있는 줄 몰랐네.
お前が来ているとは思わなかったな
냉장고에 계란이 없는 줄 알았는데 남아 있었구나.
冷蔵庫に卵がないと思ってけど、残ってたんだね

있다/없다の連体形は、他の動詞のように-는が付くからです。

動詞、形容詞、있다/없다など、それぞれ文型が違うので、どのようなになるのかしっかり押さえておきましょう。

未来「~だろうと思った」

「-ㄹ 줄 알다」は推測が基本

動詞も形容詞も、-ㄹ 줄 알다/모르다にすると推測や予想の意味になります。

つまり「~すると思った、~だろうと思った」という文になります。

오늘은 일요일이라 사람이 많을 줄 알고 일찍 왔어요.
今日は日曜だから人が多いと思って早めに来ました
항상 약속시간에 늦는 상우씨가 제시간에 나타날 줄 몰았어요.
いつも約束の時間に遅れるサンウさんが、時間通りに現れるとは思わなかったです

많다を推測にすれば「人が多いだろうと予想した」というニュアンスですね。

다들 그 아이가 초등학생일 줄 몰랐습니다.
みんなあの子が小学生だろうとは思いませんでした

이다も「~だろうと思った」という文に使うことができます。

いずれも自分が予想していたことについて話すことになります。

「~できる」と「~と思う」は別のものと考える

-줄 알다/모르다は「-ㄹ/을」を使うと、二つの意味になります。

能力による「~できる」
予想や考えを表す「~と思った」

ところがこれらを同じ文法として考えるとややこしくなるので、それぞれの意味や使い方を分けて考えるのがおすすめです。

文型は同じでも全く違う文法として考えることで、頭の中も整理しやすくなるでしょう。

外国語文法でもこれらは分けて扱うので「~できる」と「~と思った」は全く別のものとして考えましょう。

まとめ

時制 動詞 形容詞 있다/없다 이다
過去 -ㄴ/은 줄 알다
~したと思った
-ㄴ/은 줄 알다
~と思った
있었는 줄 알다
いたと思った
-인 줄 알다
~だと思った
現在 -는 줄 알다
~していると思った
있는 줄 알다
いると思った
未来 -ㄹ/을 줄 알다
~すると思った
-ㄹ/을 줄 알다
~だろうと思った
있을 줄 알다
いるだろうと思った
-일 줄 알다
~だろうと思った

一気に全部覚えようとすると大変ですので、少しづつ練習してみましょう。