チマチョゴリ

이왕이면 다홍치마(どうせなら赤いスカート)ということわざについて、由来や使い方を解説します。

このことわざは、もとの意味と現代の意味はかなり違ったものになっています。

また、現代の韓服の事情についてもお話していこうと思います。

Phote: Republic of Korea

Ads

이왕이면 다홍치마「どうせなら赤いスカート」

どんな意味で使う言葉?

「同じものなら、よりいいもの」を選ぼうという意味です。

例えば「値段の同じ服なら素材のいいものを買おう、かわいい方にしよう」とか、「同じお金持ちの男性ならイケメンの方がいい」というような場合に使います。

同じものを比べた時に、より条件のいいものを選択しようというニュアンスです。

語学堂や学院ではもともとの由来を教えない


Phote: Republic of Korea

語学堂や韓国語学院では、ことわざの本来の意味を教えないところもあります。

授業では「同じ値段の服なら赤いものがより華やかでいいとされているからだよ」と教えるケースが多いです。

しかし本来はかなり違ってて、同價紅裳(동가홍상)という四字熟語が元になっています。

同價紅裳の紅裳とは붉은 치마(赤いチマ)のことで、チマチョゴリを着ていた人を表す言葉、녹의홍상(綠衣紅裳)から来ています。

赤いチマが意味するものは?

녹의홍상(綠衣紅裳)とは、연두저고리(明るいグリーンの上着)と다홍치마(赤いチマ)のことを言い、この組み合わせのチョゴリを着ていた人は「若い女性」でした。

つまり녹의홍상(綠衣紅裳)とは、未婚の若い女性を象徴する言葉で、同價紅裳(동가홍상)とは「女性は紅裳を着ている(若い)方がいい」という意味です。

早い話、当時の男性が一般的にどんな女性を好んだのかを表した言葉です。

似た意味のことわざ

部分的に他の言葉を使ったりしますが、ことわざそのものの意味は変わりません。

기왕이면 다홍치마.
どうせなら赤いスカート
같은 값이면 다홍치마.
同じ値段なら赤いスカート

現在では、本来の意味を知らない人が増えつつあり、ことわざに対するとらえ方もかなり変わった言葉です。

もとの意味を知ってしまうと、差別的な発言にもなりえるので、語学学校では詳しく教えないのでしょう。

考え方はその人次第


Phote: Republic of Korea

同價紅裳(동가홍상)を、文章で表現したのが이왕이면 다홍치마です。

日本語の「女房と畳は新しい方がいい、女房と茄子は若いほうがいい」という言葉も、似たような表現ですね。

一方で、「女房と鍋釜は古いほど良い、女房と味噌は古いほどいい」とい言葉や、フランスにも「女とワインは古いほうがいい」ということわざもあります。

なんだかんだ言って、考え方は人それぞれです。

Ads

チマチョゴリの色とイメージ

チョゴリの色と着ている人

赤いチマが若い女性を象徴するように、チマチョゴリの色と着ている人には関連姓があります。

紅裳(홍상):赤いチマ
靑裳(청상):青いチマ

紅裳の対になる言葉として、靑裳(青いチマ)がありました。

つまり、赤いチマと青いチマがあったわけですが、それぞれのチマチョゴリを着ていた人は次の通りです。

紅裳(赤いチマ)を主に着ていた人
처녀=年頃の未婚の女性

靑裳(青いチマ)を主に着ていた人
과부=未亡人
기생(妓生)、기녀(妓女)

※日本でいう芸妓、芸子

赤いチマと青いチマには、このようなイメージがありました。

しかし、今ではさまざまな色やデザインのチョゴリが作られ、色と着用する人のイメージは関係なくなりました。

身分は低くても特別な人

主に青いチマチョゴリを着ていた人でも、기생(妓生)、기녀(妓女)と呼ばれる人たちは他とはちょっと違います。

彼女たちは、伝統舞踊や音楽、教養など高度な教育を受けた人達です。

そのため、身分上は奴隷と同じ最も低いランクに位置していましたが、特別な扱いを受けていました。


Phote: Republic of Korea

そんな彼女たちが踊っていた韓国の伝統舞踊、現代でも残っているので、機会がある人は一度見てみましょう。

日本舞踊に比べて、動きがダイナミックで見ごたえがあります。

Ads

新しいスタイルの韓服

動きやすく作られた「生活韓服」

最近は新しいスタイルの韓服も作られています。

従来の長い裾を短くして、動きやすさも追求した생활한복(生活韓服)というものが出てきました。

新しい韓服のデザイン
Phote: KIYOUNG KIM

韓服らしさを残しつつも、かなりカジュアルなイメージになっています。

通常の韓服と比べて通気性もいいらしいです。

日本ではほとんど着ている人もいないと思うので、興味のある人は韓国に行った時にでも購入してみましょう。

まとめ

ことわざは昔の時代背景を映しているものも多く、当時の意味がそのまま現代に通じるとは限りません。

韓服にしても、今はみんな自分が好きな色のもの着ています。

もし、韓服を着る機会がある人は、自分が着たい色のものを選んでみましょう。