小さい唐辛子はもっと辛い

작은 고추가 더 맵다(小さいトウガラシはもっと辛い)ということわざについてです。

このことわざにはどんな意味があるのでしょうか。

また、韓国の唐辛子についてもお話したいと思います。

Ads

작은 고추가 더 맵다「小さいトウガラシはもっと辛い」

작은 고추가 더 맵다(小さいトウガラシはもっと辛い)とは、体の小さい人が大きな人よりも能力、素質が優れていることを言います。

唐辛子は大きなものよりも、小さなものの方が辛さが強いことから、このような言葉が生まれました。

体が大きいのは何をするにも得

体格が大きいというのは何をするにも有利で、バレーボールやバスケットボールといったスポーツなどではそれが顕著になります。

ところが、大昔の時代にスポーツはなく、あるのは「戦」です。

戦いにおいて「体格がよく、力がある」というのは「生き残る可能性が上がる」ことを意味します。

つまり「体格がいい=強い」という方程式が出来上がるわけですが、体の大きい武士の例といえば弁慶ですね。

牛若丸と弁慶

しかし、牛若丸のように体は小さくてもすばしっこくて強い人はいます。

そういう相手に「相手は小さいから」となめてかかれば、どうなるでしょうか。

負けてしまうかもしれないし、負けは「死」を意味します。

だからこそ、小さくても油断するな、見た目で判断するなという心構えが出来たといえます。

似た意味のことわざ

唐辛子と胡椒

작은 고추가 더 맵다に似たことわざには次のようなものもあります。

고추는 작아도 맵다(とうがらしは小さくても辛い)
후추는 작아도 맵다(胡椒は小さくても辛い)
고추보다 후추가 더 맵다(とうがらしよりも胡椒の方が辛い)
작아도 후추알/고추알(小さくても胡椒/とうがらし)

唐辛子と胡椒を比較するのも、胡椒の方が小さいからですね。

また、日本のことわざの「山椒は小粒でもぴりりと辛い」も同じような意味になります。

Ads

小さい唐辛子は本当に辛い?

結論から言ってしまえば、小さい唐辛子はめちゃくちゃ辛いです!

個人的には辛いものが好きですが、풋고추(青唐辛子)を生で食べた時の辛さには耐えられません。

舌がビリビリして、味覚がマヒするような感覚になります。

青唐辛子

そんな青唐辛子ですが、熱を加えることで甘味が増すので、小さく刻んで、料理に加えることが多いです。

そのため、鍋料理などを注文すると、刻んだ青唐辛子が中に入っているというのはよくあります。

また、青唐辛子が調理用のはさみと一緒に出てくる時もあるので、はさみで小さく切りながら料理に加えてみましょう。

唐辛子の入った鍋

一方で、赤唐辛子は青唐辛子に比べて辛さはないものの、加熱することによって辛みが増します。辛いものが苦手な人は、冷ましてから料理を口にするのもいいでしょう。

ちなみに、青唐辛子と赤唐辛子では辛さが10倍くらい違うそうです。

Ads

大きな唐辛子はあまり辛くない?

一方、大きな唐辛子は生で食べることが多いです。

大きさもキュウリくらいあるので、오이고추と呼ばれます。

しし唐

要するに「しし唐」のようなものですね。

コチュジャンや味噌につけて食べると최고(最高)です!

小さいトウガラシもそのまま、生で食べることがありますが、辛いものが苦手な人はやめておいた方が無難です。

韓国式青唐辛子の見分け方

唐辛子の見分け方

韓国の青唐辛子にも청양고추、청량고추、꽈리고추、오이고추などいろんな種類があります。

ものによっては大きさがにているものもあり、サイズだけでは辛さを判別しにくいものがあります。

そこで韓国式「唐辛子の辛さを見分ける方法」です。

唐辛子のふさの部分を触ってみましょう。

ふさをはさむようにして、中の種の密度を確かめます。

青唐辛子の見分け方

辛いものは比較的密度が高く、種がびっしりと詰まっている感があります。

逆に辛くないものはふさに厚みはあっても種が詰まっている感じはありません。

他にも細く鋭い形のものは辛いとか、丸みがあって太いのは辛くないというのもあります。

辛くない唐辛子を丸かじりしたい人は参考にしてみてください。

※感覚には個人差があるので、この方法で辛いトウガラシを引いてしまったとしても自己責任でお願いします。

まとめ

ことわざは意味だけでなく、その背景も考えてみると、覚えやすく忘れにくくなります。

また、その国の文化を知るにもことわざは最適なので、唐辛子だけでなく、いろんなことに目を向けてみましょう。

ps. 辛い唐辛子と甘い唐辛子をごちゃ混ぜにして「ロシアン唐辛子」とかやってみたら面白いかもしれません(笑)