してこそ、して初めて

「あなたじゃなきゃだめ」
「彼がいないとだめなの」

こういった文に使える文法の一つに、-아/어야があります。

「~でこそ、~してこそ」という「必須条件」を表しますが、これがわかると「彼じゃないと」といった表現もできるようになります。

今回は、この「-아/어야」について解説していきたいと思います。

Ads

必須条件を表す

「-아/어야」の形で、後に来る内容が成立するための条件を表し、「~してこそ、~してはじめて」という意味合いになります。

おじさん-L

왜 찌개에다가 소금을 넣어요?
なんでチゲに塩を入れるの?

アジュンマ-R

찌개는 소금을 넣어야 맛있어요.
チゲは塩を入れないと美味しくないよ

「チゲは塩を『入れてこそ』美味しいんだ」という文です。

絶対的な条件を表すので、「塩を入れなければ美味しくない、塩は絶対に入れるべきだ」というニュアンスになります。

-아/어야は-면と違い、非常に強い条件となります。

やってみなきゃわからない

「やってみなきゃわからない」を「-아/어야」を使って表現してみてください。

文を直訳すれば「하지 않으면 모른다」ですが、実際にはそのような言い方をすることはまずありません。

※答えは最後に出てきます。

Ads

用言と-아/어야を使う

動詞では「行動や動作」が条件

-아/어야を動詞と一緒に使うと、後ろに来る内容が成立するための条件となる「行動や動作」を表します。

リーR

담배를 끊어야 건강할 수 있습니다.
たばこやめないとだめだよ

「たばこをやめてこそ健康な体にはなれるよ」という文です。

言い換えると「たばこはやめなさい」ということですね。

男子2-R

열심히 공부해야 대학에 들어갈 수 있어요.
ちゃんと勉強しないと大学に入れないよ

「一生懸命勉強してこそ大学に入れるんだ」という文ですが、要は「ちゃんと勉強しないと大学に入れないぞ」という意味ですね。

それぞれ「禁煙や勉強」といった、「行動」が条件になっていることがわかります。

形容詞は「状態や状況」が条件

-아/어야に形容詞を用いた場合は、後ろの内容が成立するための「状態や状況」を表します。

女子1-L

사과는 빨가야 사과죠.
りんごは赤くないと

「赤いからこそりんごだ」という文ですね。

「赤いリンゴ以外はリンゴとして認めない」というニュアンスにもなるので、この人は青りんごは一切食べないのかもしれません。

ビッグボス-L

너도 있어야 나도 가지.
おまえが一緒じゃないなら、俺も行かない

「おまえもいるなら俺も行く」という文なので、「お前が行かないなら俺も行かない」という意味になります。

いずれも「リンゴが赤い状態、おまえがいる状況」が条件になっているわけです。

Ads

体言と-아/어야を使う

名詞の場合

名詞や代名詞、つまり人やものが条件になる場合です。

名詞や代名詞は、이다と-아/어야を組み合わせ、「-이어야/-여야」にして使います。

リーR

신호등이 초록색이어야 건널 수 있습니다.
信号が青の時だけ渡れます

「青信号であること」が道路を渡る条件になっており、「青でこそ渡れる」という文です。

これも言い換えれば、「赤で渡ったらいけない」という意味にもなりますね。

女子2-R

이거는 소룡씨여야 할 수 있는 일이에요.
これはソリョンさんじゃないとできないよ

この仕事には「ソリョンさん」が必要で、「ソリョンさんだからこそできる仕事だ」という文です。

つまりは「他の人にこの仕事は任せられない」という意味ですね。

代名詞の場合

「代名詞+이다+아/어야」を使ったちょうどいい歌があるので、紹介します。

ソ・ジソプ、キム・ハヌル、ユン・ゲサンが出演するドラマ、「ロードナンバー1」。

このドラマの主題歌「바람이 되어서라도」に、次のような歌詞が出てきます。

내게 사랑은 너여야만 하니까… 나의 가슴은 너여야만 뛰니까…

「俺にはおまえだけだ、おまえじゃなきゃだめだ」という意味ですが、-아/어야を使ったいい例です。

너이어야が短縮して「너여야」となっています。

代名詞といえば「これ、それ、あれ」を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、「俺、おまえ、あなた」も代名詞です。

ドラマも大作となってるので、一度見てみてください。

まとめ

1.-아/어야 〇〇
「それなしで〇〇はありえない」という強い条件

2.動詞と-아/어야
行動や動作が条件

3.形容詞と-아/어야
状態や状況が条件

4.名詞と-아/어야
人やモノが条件

해봐야 알다.

해봐야 알죠など、「やってみて初めてわかる」という文で、「やってみなきゃわからない」という意味を表現します。

こういった直訳できない表現も少しづつ覚えていきましょう。