韓国製パソコン

これから留学する人や、就職や結婚などで韓国に長く住むことになった人などは、韓国製のパソコンを一つ買おうと思っているかもしれません。

そこで、韓国製パソコンを購入するメリットとデメリットについて話していきます。

韓国のパソコンと日本のパソコンの特徴の違いを押さえましょう。

Ads

韓国製パソコンを使うメリット

キーボードが韓国語

最初からハングルが打てるキーボードになっているので、韓国語の入力が楽なのは言うまでもありません。

日本製のパソコンに、ハングルのキーボードシールを張らなくていいのは、大きなメリットでしょう。

また、キーボード言語の設定を変えれば、日本語の入力も可能になります。

大半はローマ字入力で日本語を打ち込むと思うので、キーボードにアルファベットさえ書いてあれば、日本語の文字入力は事足ります。

コンセントの形状

韓国のコンセント

韓国製パソコンであれば、コンセントの形状に気を使う必要もありません。

そのまま差し込めばOKです!

日本製のパソコンを韓国で使う場合は、韓国のコンセントに合った変換プラグを用意する必要があります。

CタイプSEタイプのプラグを購入しましょう。

通販サイトやネットバンクなどが利用しやすい

韓国の通販を利用

韓国の通販サイトやインターネットバンキングなどを利用する時にも便利です。

ネットショッピングやネットバンクは、通販サイトや銀行のホームページが指定する補助プログラムなどをあらかじめインストールしなければならない場合があります。

しかし日本製のパソコンでは、これらのプログラムにうまく対応しないことがあり、一部の通販サイトやネットバンキングの利用が難しいことがあります。

Ads

韓国製パソコンのデメリット

コンセントの形状

韓国製パソコンを日本に持ち帰って使う場合は、メリットがデメリットに変わってしまいます。

まず、コンセントの形状がそうですね。

韓国製パソコンを日本で使うためには、日本のコンセントの形状にあった変換プラグを準備する必要が出てきます。

この場合はAタイプの変換プラグを準備しましょう。

すぐに修理ができない

パソコンの修理

故障してしまった場合、修理に出そうと思っても日本ではできなくなります。

めったに壊れる物ではありませんが、保証期間内でも、韓国にいなければ無料修理が受けられないといったことも忘れてはなりません。

逆に日本で買ったパソコンを韓国に持ち込む場合にも、同じことが言えるので、帰国するまで修理には出せなくなりますね。

どうやってパソコンを購入する?

通販で買う

韓国のパソコンを購入する方法の一つが「通販」です。

通販のいいところは、パソコンがどのくらいの値段で販売されているのか、ある程度の目安がわかることです。

じっくりと商品を比べることもできるし、何よりもいちいち店に出向かなくても自宅にパソコンが届くのも通販の魅力です。

ただし、初期設定などは自分で行う必要があります。
(もちろんハングルです)

また、万が一届いたものが壊れていた場合、返品や交換に対応してもらう必要が出てきます。

直接お店に行って買う

パソコンの修理

お店に行って、直接現物を見て買う方法です。

お店で買うメリットは、初期設定まで行ってくれることです。

すぐに使える状態にして、持ち帰ることができるので、パソコンに詳しくなくても、安心して購入することができます。

하이마트のような家電量販店、あるいは龍山などにある電機商店街(秋葉原のようなところ)や江邊(カンビョン)のテクノマートなどに行きましょう。

パソコンに詳しい韓国人の友達がいれば、一緒に来てもらうのもいいでしょう。

Ads

韓国パソコンの使い方

日本語キーボードの追加

パソコンを購入し、初期設定まで終わったら、自分が使いやすいようにカスタムしていく必要があります。

初期状態では、韓国語もしくは英語しか打ち込めないようになっているので、日本語が入力できるようにしましょう。

日本製のパソコンに「韓国語キーボード」を追加する方法を解説していますが、同じ方法で韓国パソコンに日本語キーボードを追加設定することもできます。

OSの日本語表示

パソコンのシステム(OS)を「日本語表示」に切り替えたい人は、こちらも変更しましょう。

これで日本製パソコンとほとんど変わらない使い方ができます。

韓国語表示のままで使える人は、特に変更する必要はありません。

アプリケーションの言語設定を切り替える

言語切り替え

個別に言語切り替えを行わなければいけないのが、個別にパソコンにインストールしたアプリケーションプログラムです。

システムの表示言語を変更した時に、アプリケーションプログラムの表示言語が自動で切り替わらない時は、個別に設定変更をしましょう。

設定画面から「環境設定、言語設定」などの表示をたどっていけば、切り替えができます。

インストールするプログラムに注意

インストールするプログラムには、日本語向け、韓国語向けといったように特定の言語での使用しか想定していないものがあります。

こういうソフトをインストールしようとすると、たとえOSの表示言語を切り替えていても文字化けが起こることがあります。

文字化け

写真は、日本語向けのソフトをインストールした際に、ハングルの羅列で文字化けが起こった例です。

逆に、日本のパソコンに韓国のプログラムを入れると、カタカナの羅列が出てくることがあります。

これはインストールしようとするソフトが、表示されている言語ではなく、もとのパソコン本体の言語で動くように設計されているからと言えばわかりやすいでしょうか。

したがって、表示言語の切り替えは万能ではないということも覚えておきましょう。

まとめ

韓国製、日本製、どちらのパソコンを買うかは人それぞれです。

使う場所や環境によってメリット、デメリットが変わってきます。

これらを把握した上でパソコンを購入するのであれば、留学を機に韓国製パソコンを使うのもありです。

自分の使い方に合わせて、選んでいきましょう。