分かれ道

말하다を「말하기」とするように、動詞や形容詞の語幹に-기や-ㅁ/음を付けると、用言を名詞のように使うことができます。

ただこれらの使い分けに悩む人は多いのではないかと思います。

そこで用言を名詞化する-기と-ㅁ/음の違いについて解説していきます。

-기を用いた用言の名詞化

動詞の語幹に「-기」をつけ『~すること』を表現

用言の語幹に-기をつけることで、名詞化させることができます。

달리다 + -기 = 달리
(走る→走り)

놀다 + -기 = 놀
(遊ぶ→遊び)

하다 + -기 = 하
(する→すること)

-기をつけることによって、「~する」から「~すること」のように変化します。

「-기」を用いた単語の使用例

名詞化によって、文章中でも名詞と同じような扱いになります。

아무 것도 하기 싫어요.
何もやりたくないです
가기 전에 연락 주세요.
行く前に連絡ください
내일은 말하기 시험이 있어요.
明日はスピーキングのテストがあります

ただし-기は日本語に訳した際に、単純に「~すること」とはならないこともあります。

가기 전에を「行くことの前に」としたら、不自然な文になってしまいますね。

-ㅁ/음を使った名詞形

「-ㅁ/음」の使い方

-ㅁ/음でも用言を名詞化させることができます。

パッチムなし
하다 + ㅁ =
가다 + ㅁ =
크다 + ㅁ = 

パッチムあり
있다 + 음 = 있
했다 + 음 = 했

変格活用の語彙
걷다 + 음 = 걸
춥다 + ㅁ = 추

語幹にパッチムがあるかないかで使い方が変わり、パッチムがない場合は-ㅁ、ある場合には-음をつけます。

ただし걷다など変格活用の語彙は、変化しあとに-ㅁ/음を付けます。

「-ㅁ/음」を用いた単語を使った例文

名詞に助詞が付くように、-ㅁ/음にも同じことが起こります。

입금하신 금액이 확인되었음을 알려드립니다.
入金された金額が確認できたことをお知らせいたします
열심히 했음에도 불구하고 안 됐어요.
一生懸命やったけど、ダメだったよ
껍데기, 여기는 갈매기 이상없음.
コプテギ、こちらカルメギ異常なし

-ㅁ/음も「~すること」と訳せない場合はあるので、文脈に合わせて判断することが重要です。

ちなみに-ㅁ/음は無線機でのやりとりにも出てきたりします。

-기と-ㅁ/음の違いは時間ではない

明確な事実や決まったことがあるかを考える

-기と-ㅁ/음の違いを時間によって使い分けると思っている人は多いと思います。

しかし結論から言うと、それは間違いです。

-기:まだ決まっていない、結果が出ていない
-ㅁ/음:既成の事実、結果がある

2つの違いは「既成の事実か」どうかで変わり、明確な事実や結果が存在するかによって決まります。

過去はもちろん現在や未来のことでも、これがハッキリしていれば-ㅁ/음を使い、逆にまだ決まっていない、これから結果が出ることには-기を使います。

얼기と얼음

얼기 얼음
凍っていく、凍る

얼기はまだ水が凍ってはいない、これから凍っていくので「凍ること」を意味します。

ところが水が凍れば氷になるというのはみんな知っている事実なので、얼음は「氷」となります。

ちなみに얼은 물と言えば「凍った水」ですが、얼음물になると「氷の入った水、氷水」を意味します。

살기と삶/살음

살기 삶/살음
生きること 人生や生き方

살기はこれからのことなので「生きていくこと、生きること」を意味します。

ところが삶/살음は生きてきた事実、結果そのものなので「人生や生き方」を表します。

これからの「過去」とすでに決まった「未来」

すでに決まったことや既成の事実が「すべて過去のこと」とは限りません。

아침 9시부터 게시판에 공지함.
朝9時から掲示板に公示します

明日のことでも「すでに公示すること」は決まっている、明確な事実なので-ㅁ/음を使います。

영어 공부하기 시작했음.
英語の勉強を始めました

英語の勉強をしてきた実績はまだないので공부하기になります。

しかし「勉強を始めたこと、決心したこと」は事実なので시작했음を使っています。

事実や結果のないものは未来のことを言っている場合が多いものの、時間が基準になるわけではないということを押さえておきましょう。