【-던と-았/었던の違い】2つを『~していた』だけで考えるとややこしくなる

「~していた」を表す、-던と-았/었던の違いなどについて解説していきます。 2つのニュアンスを正しくつかむためには、時間の流れをしっかりと意識することがポイントです。 -던が苦手な人は、時間軸に注目してニュアンスをとらえてみましょう。 未完了の-던と完了の-았/었던 -ㄴ/은と-던がわからないと何もはじまらない まずは、-ㄴ/은と-던の違いからです。 完了と未完了 내가 마신 우유. 私が飲んだ牛乳 내가 마시던 우유. 私が飲んでいた牛乳 -ㄴ/은は単純な過去の話で、すでに終わったこと「完了」を表します。 一方で、-던は動作が完了してはおらず、現在まで続いている「未完了」を意味します。 このようなイメージで考えてみましょう。 -던と-았/었던(하던と했던)の違いは? -ㄴ/은と-던を整理したところで、今度は-던と-았/었던の違いについてです。 その前に「大過去」という文法を習ったことがあるでしょうか? 「大過去」って? 었었다/았었다のように「ずっと昔の話」をする時に使います。 갔었다(大過去) ↓ 갔다(過去) ↓ 現在 昔ばなしなどに았/었었다を使うと思ってもいいです。 この考え方は、-던にも当てはめることができます。 마시던は「今まで飲んでいた」と未完了ですが、마셨던は「過去に飲んでいた」なので、すでに終わっている動作、つまりは「完了」です。 これらを「飲んでいた」という言葉だけで理解しようとするから、ややこしくなります。 相対時間により未完了が「完了」になる -던を使いこなすためには、絶対時制と相対時制について、知っておく必要があります。 これは「いつの時点を基準に話をしているのか」というものです。 絶対時制: 現在「今」を基準に話をする 相対時制: 過去の「ある時点」を基準に話をする 「昨日の話」なので、운동하는(運動をしている人)と現在形を使っていますが、運動そのものはもう終わっています。 この相対時制が「-던」と組み合わさると、次のようになります。 있던(人がいた)と未完了を使っていますが、さっき(過去)の話なので、もう出入り口に人はいません。 時間がずれることによって「完了」のニュアンスになるわけです。 「-던」には別の使い方がある 過去の習慣的な行動を思い出す「-던」 던には、過去に何度も繰り返していた動作、習慣的に行っていたことを思い出す時にも使われます。 これで、学校に通っていたという「過去の習慣」を表現できます。 「牛乳を途中まで飲んでいた」のような文とは、少し異なる使い方です。 過去を思い出す時にも「-었/았던」を使うことがある? 過去に繰り返し行っていた行動を表現する時にも、-았/었었を使う場合があります。 ただし、この場合は-던と意味の違いはありません。 -던:過去の習慣を「過去」を基準に話す -았/었던:過去の習慣を「現在」を基準に話す 過去の反復的・習慣的行動(すでに終わっている)に対して、表現の時制が違うだけで、伝える事実は同じです。 -던と-았/었던のニュアンスを区別する -았/었던はわかりやすい どんな文であろうと、-았/었던はすでに完了しているのでニュアンスをつかみやすいと思います。 何も考えなくても「完了」の文だからです。 「昔使っていた、以前着ていた」ということがすぐにわかるので、迷うことはありませんね。 -던は補足の言葉がないと正確な意味は伝わらない 一方で「-던」の文はどうでしょうか。 「いつを基準に話をしているのか」によって、意味が変わってきます。 現在が基準なら 「未完了」なので、今後もパソコンを使う可能性はあるし、シャツもまた弟が着るかもしれません。 過去が基準なら 「完了」を意味することになるので、パソコンは以前使っていただけで、服もまた着ることはなさそうです。 つまり、いつの話なのかを判断できる材料がないと、-던だけでは正確な意味はわからないのです。 まとめ -던のニュアンスは、話の流れや前後の言葉から内容を判断をする必要があります。 なんだかんだ言っても、日本語と同じような使い方になってるわけです。 ここをおさえておけば、-던の文で迷うことはなくなるでしょう。