神の怒り

화를 내다と화가 나다はどちらも「怒り」を表した表現ですが、この違いはなんでしょうか?

今回は「怒る」をテーマに、韓国語にはどんな表現があるのかを紹介していきます。

よく使われる「怒りの韓国語」を覚ていきましょう。

Ads

화가 나다と화를 내다

화(火)の意味

いきなり風水のような話をしますが、화(火)は人間が活動する「エネルギーや力」を表わします。

「力」は、普段は人間の体内で静かな状態を保っていますが、何かのきっかけで暴れだし、体内からあふれ出すことがあります。

この力があふれ出した状態が「怒り」です。

エネルギーがあり余ってるとも言えますが、自分で感情をコントロールできない状態にあることがポイントです。

怒りが露になる

理性を失っているから「怒っている」とも言えますが、怒りの感情が表に現れた状態が화가 나다です。

日本語で言えば「怒りが露になる」といったところです。

男子1-R

그 사람 맨날 화나고 있어요.
あの人いっつも怒ってるね

「血の気の多い人=常に怒っている」というイメージがありますが、まんざらではなさそうです。

怒りを露にする

화를 내다は、怒りの感情を表に出すことです。

日本語なら「怒りを露にする」といったところですね。

男子2-R

그렇게 화를 내지마요.
そんなに怒るなよ

화가 나다が怒っている「状態」を表すのなら、화를 내다は怒る「動作」を表現します。

なび-L

나다.
(怒りが露になる)
내다.
(怒りを露にする)

どちらも「怒っている」ことに変わりはありませんが、助詞の使い方が違うことを押さえておきましょう。

怒りを鎮める

ごめん

怒りを鎮める、機嫌を直すは화를 풀다です。

いつ使うことになるかはわからないので、覚えておきましょう。

ビッグボス-R

제발 화를 좀 풀어봐요.
たのむから機嫌なおしてよ

「怒りが鎮まる、おさまる」は、화가 풀리다になります。

管理人-L

풀리다
(怒りが鎮まる)
풀다
(怒りを鎮める)

풀다と풀리다も、他動詞と自動詞による助詞の違いがあるので、注意しましょう。

参考:他動詞と自動詞の違い

Ads

その他の怒りの表現

열을 받다

だんだんイライラしてきた時に使います。

早い話「熱くなる」ことです。

鬼軍曹-R

평소에 안 하던 짓을 하니까 열 받았어?
普段やらないようなことして、イライラしてきたか?

リーR

도발에 열 받지 말고.
相手の挑発に乗るなよ

「不器用な人が細かい作業をしている」
「パソコンが言うことをきかない」
「挑発されて熱くなる」

こういう時は、ついイライラしがちです。

気持ちは熱くなっても、頭は常にクールを心がけましょう。

성질을 내다、성질을 부리다

八つ当たり

ストレスや不満などが溜まって機嫌が悪い時などはこれ。

要するに「八つ当たり」です。

女子2-L

과장님이 아침부터 성질내가지고 다가가지 않는 게 좋아.
課長は朝から機嫌が悪いから、近づかない方がいいよ

女子4-L

그만한 일로 친구에게 성질부려서는 안되지.
そんなことで友達に当たったらダメだろ

機嫌の悪い人に不用意に近づくと、何が起こるかわかりません。

距離をとっておきましょう。

짜증이 나다、짜증을 내다

짜증とは「むかっ腹」のこと。

いわゆる「ムカつく」という意味で使われます。

화(怒り)と同じで、짜증이 나다짜증을 내다の2つがあります。

兵士-R

아, 완전 짜증나.
あ~、すげぇムカつく

화가 나다などと意味は同じでも、あまりいい言葉ではありません。

覚えておくだけにして、なるべく使わない方がいいでしょう。

まとめ

1.화(怒り)の表現
화가 나다:怒りが露になる
화를 내다:怒りを露にする
화가 풀리다:怒りが鎮まる
화를 풀다:怒りを鎮める

2.その他の怒りの表現
열을 받다:イライラする、熱くなる
성질을 내다:八つ当たり
짜증 나다:ムカつく

怒りというのは冷静な状態ではないで、使わずにすめばそれにこしたことはありません。