ダイエットしようと

「ダイエットしようと思って」
「引っ越しするのに大変」

「~するのに、~しようと」を韓国語で表現すると、-려고 하다、-느라고、-고자 하다の3つが出てきます。

もちろんどれも使い方やニュアンスが異なるわけですが、どのように使い分けるのでしょうか。

「-려고 하다」のニュアンスは?

行動の目的や何かをやろうとする意思を表す

「~しようと思って」という文によく使われるのが、-려고 하다です。

휴가 신청했다면서요.
休暇申請したそうですね
오랜만에 여행 가려고 해요.
久々に旅行に行こうと思ってるんです

旅行に行くために休暇を申請したという文ですが、後ろに来る内容が行動の目的を表していることがわかると思います。

졸려 보이는데 어젯밤에 늦게 잤어요?
眠そうだけど、昨日は夜遅かったの?
아뇨, 공부하려고 일찍 일어났거든요.
いいえ、勉強しようと早く起きたんです

-려고 하다は「하다」を省いたり、代わりに他の言葉を入れて表現することもあります。

やったかやらないかはどうでもいい

-려고 하다のポイントは、これからやろうと思っていることです。

そのため「何かをしようとした」という話を、時間が経ってからすることもあります。

운동하려고 일찍 일어났는데 비가 와 가지고 포기했어요.
運動しようと早起きしたけど、雨が降ってたからやめました

起きた時点では運動しようという意志があるだけで、まだ運動を始めてはいません。

したがって早起きしたけど「やっぱりやらなかった」という文になってもいいわけです。

実際に何かをやったかどうかではなく、その時やるつもりかどうかが重要であることを押さえておきましょう。

「-느라고」ってどういう文?

ある行動や状態の「理由」を表す「~するのに」

-느라고も「~するのに」という文章によく使います。

요즘은 이사하느라고 정신이 없어요.
最近は引っ越しでバタバタです
게임하느라고 잠을 제대로 못 잤어요.
ゲームしてたのでまともに寝てません

引っ越しをするために忙しかった、ゲームをして睡眠不足になった等、-느라고は後ろに来る内容の理由や原因を表します。

그동안 시험준비하느라 고생많으셨습니다.
これまでの試験準備お疲れさまでした

また「고」を省いた、-느라の形で使うこともよくあります。

行動した「結果」どうなったのか

-느라고で大事なことは、実際に行動したかどうかです。

「忙しいのは、引っ越し作業に追われていたから」
「寝ていないのは、ゲームをしていたから」
「ねぎらいの言葉は、これまでの試験準備に対して」

上の文はどれも、何かをした結果を表しています。

意味 前の内容
-려고 하다 理由、目的 まだ行動していない
-느라고 原因 実際に行動した

-려고 하다は「これから何かをする」のに対し、-느라고は「どんな行動をしたのか」が語られているわけです。

2つの違いがわからなくなったら、この点を比べてみましょう。

「-고자 하다」って何?

「~しようと、~するつもり」という文になるけど

-고자 하다も「~しようと、~するつもり」と訳すことができる文法です。

올해부터는 운영방침을 바꾸고자 합니다.
今年からは運営方針を変えようと思います
행사는 모레 오후 6시 정각에 시작하고자 합니다.
イベントは明後日の午後6時きっかりに始めたいと思います
지금부터 연구결과에 대해 발표하고자 합니다.
これから研究結果について発表したいと思います

-려고 하다と同じく「これからすること」を表すので、特に差はないように見えます。

これから何をするのかを宣言する

-려고 하다は「勉強するつもりで早起きした」のように、やろうという意志を表すだけなので、実際にやるかやらないかは別の話です。

しかし-고자 하다は確実にやります。

つまりこれから何をするのか宣言するようなものです

そのため表現も固く、限られた場面でしか使われない傾向があります。

単なる意思表示とは違うのが-고자 하다です。

まとめ

1.-려고 하다
やろうという意志表示のみ

2.-느라고
実際に何かをした結果

3.-고자 하다
これからやることを宣言する

普段の会話では-려고 하다と-느라고を使うことの方が多いかもしれません。