パソコンで韓国語の入力

仕事で韓国語を使う人、学校の授業やレポートなどでパソコンが必要な人、理由は様々ですが、パソコンでハングルを入力する機会のある人は増えたと思います。

そこで、パソコンで韓国語を入力する方法です。

中国語など他の言語でも基本的なやり方は同じなので、日本語以外の言語を入力したい人も参考にしてください。

Ads

韓国語キーボードの追加と設定

通常、パソコンのキーボード言語は1つしか入っていません。

日本語のパソコンであれば、日本語が入っているという具合にです。

したがってまずは、韓国語のキーボード言語追加する必要があります。

以下の方法で、Windowsに韓国語のキーボードを追加してみてください。

コントローパネルから「時刻と言語」のメニューを呼び出す

win10キーボード追加

スタートからメニューに入り、「設定」をクリックします。

歯車のマークを探してみましょう。

win10コントロールパネル

設定画面が現れたら、「時刻と言語」を選択します。

設定画面はwindows8やwindows7のパソコンであれば、「コントロールパネル」に相当します。

win10言語設定

細かい設定画面に入っていきます。

ここでは「地域と言語」を選択します。

外国語の言語を追加する

win10キーボード言語追加

「言語」という項目を見ると基本言語が日本語になっているのがわかります。

ここで「言語を追加する」を選択します。

win10追加言語選択

様々な言語の一覧が出てきます。

ここで選ぶのはもちろん「韓国語」です。

中国語を追加したければ「中国語」を選べばOKです。

win10言語追加完了

キーボードが追加されるまで数分かかることがありるので、気長に待ちましょう。

画面のようになれば、韓国語のキーボード追加はOKです。

これで韓国語の入力ができるようになります。

Windows8も似たような手順でキーボード言語の追加を行うので、win8のパソコンで韓国語を追加したい人にも参考になるかと思います。

Ads

日本語とハングルの入力切替

マウスによる入力切替

韓国語のキーボードの追加が済んだら、日本語と韓国語の切り替えてみましょう。

切り替えは画面下の言語の部分をクリックして韓国語を選択するだけです。

win10日韓言語切り替え

クリックするのは「あ」(韓国語モードの時は「한」と表示)と書かれた場所のとなりの赤い線で表示した部分です。

これで、日本語入力と韓国語入力が切り替わります。

ショートカットキーで入力切替

キーボードを切り替えるたびに、いちいちマウスを動かすのは面倒という人もいるかと思います。

そういう時は、入力言語をを切り替えるショートカットキーを使いましょう。

女子4-R

「shift+Alt」キーで切り替えができます!

ショートカットキーによる方法では、設置されたキーボード言語を順番に切り替えます。

例えば「日本語、韓国語、中国語」の3つのキーボードが入ったパソコンであれば、「shift+Alt」キーを押すたびに「日本語→韓国語→中国語→日本語」というように切り替わっていきます。

ハングルと英語の切り替え

韓国語のキーボードでは、ハングルと英語(アルファベット)の入力が可能です。

切り替えには画面下のキーボード切り替えのところの「가」と書かれた部分をクリックして切替えます。

win10ハングルと英語の切り替え

英語入力モードになっている時は表示が「가」から「A」に変わります。

また、韓国語キーボードでもショートカットキーを使ったハングルと英語の入力切り替えが可能です。

女子4-L

韓国語キーボードでハングルと英語を切り替えるには「右のAltキー」を押します

韓国製のキーボードの場合は한/영(韓/英)と書いてあることが多いです。

キーボードがうまく切り替わらない時

ショートカットキーによる切り替えはスピーディーです。

ところが、キーボードがうまく切り替わらないことがたまにあります。

「英語入力」の状態から、「日→韓、韓→日」のように言語を切り替えると、ひらがなや漢字、ハングルの入力がうまくいかない時があります。

win10英語入力切替

英語入力の「A」のマークがあらわれ、アルファベットしか入力できなくなります。

なぜこういうことが起こるのかよくわかりません。

経験上からの対応策として、切り替えがうまくいかなった時は、日本語を「かな入力」にするか、韓国語を「ハングル入力」にしてから、言語切り替えを行うとうまくいきます。

※ここで言う「かな入力」とは、日本語キーボードで画面下には「あ」と表示された状態で、「ローマ字方式」でかな入力を行います。

Ads

韓国語キーボードの位置がわからない時

キーボードの配置を確認する方法

せっかく韓国語のキーボードを設置して、ハングルが打ち込めるようになっても、キーボードの配置がわからなければ意味がありません。

そこでキーボードの位置を確認する方法です。

win10キーボードの配置確認

メニューの「Windows簡単操作」から「スクリーンキーボード」を選択しましょう。

win10日本語キーボードの位置

すると画面上にキーボードの配置を示す図があらわれます。写真は日本語キーボードの配置です。

win10韓国語キーボードの位置

そしてこちらが韓国語のキーボードの配置です。

ハングルのキーボードの位置がわからなくなった時は、一度スクリーンキーボードを呼び出してみましょう。

スクリーンキーボードは目安程度に

一見便利に見えるスクリーンキーボード機能ですが、表示されるキーボードはデスクトップ型のパソコンが基準になっています。

そのため、ノートパソコンを使っている場合、表示されるキーボードの位置とパソコンのキーボードで位置が異なるものも出てきます。

子音や母音の位置は同じでも、記号の位置は変わってくるので、スクリーンキーボードはあくまで目安にとどめておきましょう。

さいごに

日本製のパソコンに韓国語キーボードを導入する方法を紹介しましたが、韓国製のパソコンに「日本語のキーボードを入れる場合」も、やり方は同じです。

もし、韓国のパソコンを買って、日本語を入力したい場合も、ここで紹介した方法で、キーボードを設定してみましょう。