韓国語を学んでいる人が間違えやすいのが「助詞の使い方」です。

いつどのような時に、どの助詞を使えばよいのか、迷ってしまう人は多いと思います。

そこで今回は、韓国語の助詞の基本的な使い分けをまとめてみました。

韓国語の「~が」

主語に使うことが多い「-이/가」

主語に使われることが多い助詞で、日本語の「~が」に相当します。

여기는 찌개 너무 맛있거든요.
ここはチゲがすごいおいしいんです
이제 기름 떨어졌습니다.
もうガス欠です

パッチムのあるなしで-이と-가を使い分けます

내 꿈이 소방관 되는 것이다.
僕の夢は消防士になることです

ただし소방관이 되다(消防士になる)のように、되다と一緒に使う-이/가は特殊なケースです。

人の名前に入る「-이」は助詞じゃない

呼び捨てのような言い方で、名前に「-이」が付くことがあります。

연실가 안 보이네.
ヨンシルがいないね
지현는 어디 갔어?
ジヒョンはどこ行った?

これは「接辞」とよばれるもので、言いやすくするために「-이」が入ると思えばいいです。

名前に-이が付くことでパッチムがない状態と同じようになり、-가や-는といった助詞を使うことができます。

主語が団体の場合は「-에서」

会社で面接

主語が団体の場合には、-에서を使うこともあります。

회사에서 보상금을 지급해 준답니다.
会社が補償金を支給してくれるそうですよ
학교에서 면접을 하겠대요.
学校で面接をするみたいだよ

日本語も団体が主語の場合に「~で」を使うことがあるのと同じですね。

とは言っても、必ず-에서を使わなくてはいけないというものでもありません。

尊敬語の場合は「-께서」

-이/가を敬語で使いたい時は、-께서になります。

아까 교수님께서 좋은 이야기를 하셨어요.
さっき教授がいい話をされましたよ

ただ実際に外国人が-께서を使う場面は少ないと思います。

-께서は特別に持ち上げなければならない相手ではない限り、使う必要が少ないからです。

과장님 어디 가신 거예요?
課長はどちらへ行かれたんですか?

-님が付いているだけでも尊敬語としては十分なので、よほどの人でない限り、-께서を使わなくても問題ありません。

韓国語の「~は」

「-은/는」も使用頻度が高い助詞

日本語の「~は」に相当する助詞が、-은/는です。

이거 재주도에서 나온 귤이에요.
これは済州島で採れたみかんです
명절 연휴 기간 고속도로 통행료가 무료입니다.
名節の連休期間は高速道路の通行料が無料です

日本語とほぼ同じような感覚で使うことができます。

ただし日本語では「~は」を使うのに、韓国語では-은/는を使わない時があります。

여기 어디예요?
ここどこですか?

-은/는でも話は通じますが、より自然に表現したいのであれば、-이/가と-은/는の使い分けを知っておく必要があります。

尊敬語の場合は「-께서는」

-은/는を敬語で使う時は、-께서는となります。

사장님께서는 외출중이십니다.
社長は外出中です

これも「-께서」と同じく、特別に尊敬している人にだけで十分なので、普段は使わなくても構いません。

もちろん個人的にリスペクトしている人がいるなら-께서는を使ってもOKです。

韓国語の「~に」

時間や場所には「-에」

「~に」には-에を使い、終着点となる場所や時間を表します。

이번 주부터 부산 출장을 갑니다. 
今週からプサンに出張に行きます
내일은 오후 2시반 오세요.
明日は午後2時半に来てください
동생은 10년전부터 미국 있어요.
弟は10年前からアメリカにいます

パッチムの有無も関係なくそのまま使えるので、シンプルです。

ちなみに目的地を示す場合に限り、-에の代わりに-(으)로(~へ)を使うこともできます。

다음 달에 인도 가요.
来月インドに行きます

この場合、-로の前に入るのはあくまで「場所」になります。

人に対して使う場合

人に対して使う「~に」は、-에게になります。

옛날에 아버지에게 들었어요.
ずっと前に、父から聞いたよ
이걸 그 사람에게 전해 줄래요?
これをあの人に渡してもらえる?

こちらもパッチムの有無は関係ありません。

時間や場所には-에、人には-에게と覚えましょう。

人に対してのみ使える「-한테」

人に対してのみ、-에게の代わりに-한테を用いることもできます。

남자친구한테 선물을 받았어요.
彼からプレゼントもらいました
방금 어머니한테 들었어요.
さっき、母から聞いたよ

한테は口語によく用いられ、에게は文語がメインになります。

もし尊敬語にしたい場合は、-께にしましょう。

乗り物に乗る場合は「-을/를」

乗り物などに使う「~に」には、-을/를を使います。

서울에서 고속버스 타고 왔어요.
ソウルから高速バスに乗って来ました
기차 안 타면 시간이 많이 걸려요.
汽車に乗らないと時間がかかるよ

乗り物の「-을/를」は、そのまま覚えましょう。

韓国語の「~で」

場所を表す「-에서」

場所を表す「~で」には、-에서を使います。

카페에서 커피를 마시면서 공부하고 있습니다.
カフェでコーヒー飲みながら勉強しています
어렸을 때 학교에서 먹었던 그 맛이에요.
小さい時学校で食べたあの味です

場所は小さいエリアから大きい地域まで様々です。

根拠を表す時にも使う

評判のお店

話のもと、材料といった「情報の根拠」を表すこともあります。

블로그에서 맛집이라고 나왔는데요.
ブログでおいしい店だって出てたよ
금메달을 땄다고 뉴스에서 봤어요.
金メダル取ったって、ニュースで見たよ

日本語でも「新聞読んだ、テレビ見た」といった言い方はするので、似ているのではないでしょうか。

韓国語の「~から」

時間や行動の範囲・順番には「-부터」

「〇〇から△△まで」のような表現には、-부터がよく使われます。

1시부터 회의를 시작합니다.
1時から会議を始めます
오늘은 10페이지부터 공부합니다.
今日は10ページから勉強します
18번 고객님부터 들어오세요.
番号札18番のお客様からお入りください

부터は「時間や動作の範囲、順番」を表す場合に用います。

場所や動作の出発点・基準点・スタート地点「-에서」

「~を出発して」といった文には、-에서を使いましょう。

여기(에)서 가면 금방이에요.
ここから行けばすぐだよ
서울에서 부산까지 얼마나 걸려요?
ソウルからプサンまでどのくらいかかる?
기온이 10도에서 영하 5도까지 내렸어요.
気温が10度からマイナス5度まで下がったよ

-에서は、ものごとの基準点出発点を表します。

「-에서と-부터」どちらも使える?

-에서と-부터、どちらを使っても問題ないケースもあります。

그 드라마는 1회에서 10회까지 봤어요.
そのドラマは1話~10話まで見たよ
그 드라마는 1회부터 10회까지 봤어요.
そのドラマは1話~10話まで見たよ

ドラマの放送回数は에서と부터、どちらも使いますが、これはもう例外として覚えておくしかないでしょう。

韓国語には例外のようなものが多い気がしますね。

当てはまる単語を考えてみましょう。

1.문제를 1번 10번까지 풀어봐.
問題を1番~10番まで解いてみて

2.영어로 1 10까지 셀 수 있어요.
英語で1(일)~10(십)まで数えられるよ

※答えはタップすると確認できます

韓国語の「~の」

省略されることも多い「-의」

日本語の「~の」に相当し、後ろにくる単語の「所有、所属、属性、方向、特性」などを表します。

서울 겨울은 추워요.
韓国の冬は寒いです
이 책 내용은 어려워요.
この本の内容は難しいです
앞() 차량에 들이박았어요.
前の車に突っ込んだんです

日本語と違うのは、省略されることが多いことです。

「-의」の省略ができない場合

次のような場合は、-의の省略ができなくなります。

の省略ができないケース

1.数を表す時
네 개 사과
4個のりんご
딱 하나 희망
たった一つの希望

2.比喩的な表現
침묵 시간
沈黙の時間

3.後ろの名詞を説明する一部分
일본 눈이 많은 지역.
日本の雪が多い地域
범인 뻔뻔한 태도.
犯人の図々しい態度

例えば「日本の地域、犯人の態度」のことを言っている文で-의が抜ければ、意味がおかしくなりますね。

このようにすぐ後ろではなく、さらに後の言葉に対して働きかける-의も、省略はできなくなります。

「-의」は1つの意味だけではない?

-의が使われた文では、ニュアンスが複数になる場合もあります。

例えば「친구의 편지」という言葉には、次のような意味が含まれています。

複数の解釈が成り立つ文

1.友達がもらった手紙

2.友達が自分で書いた手紙

3.友達がただ持っているだけの他人の手紙

このうちどのニュアンスになるかは、その場面によって変わります。

こういうケースに遭遇した時は、文の前後などから意味を把握しましょう。

その他の助詞「~を、~と」

目的語に使う「~を」

「~を」に相当する助詞には、-을/를を使います。

김밥 2000원으로 샀어요.
キムパを2000ウォンで買いました
공부 하다가 졸았어요.
勉強してたら、うとうとしちゃった
회의 마친 후 귀국할 예정입니다.
会議を終えた後、帰国する予定です

いわゆる「目的語」に当たる表現です。

ところで-을/를は「~を」に訳せないケースがたくさんあります。

こういうパターンでは「-를 ~다」のように、ひとまとまりの表現で覚えてしまうといいでしょう。

「会いたい」には가?

~に会いたいを、-가 보고 싶다と言う時があります。

니가 보고 싶다.
(お前に)会いたい

本来なら-을/를を使うところを、-이/가を使うことで内容が強調されます。

変わった使い方のパターンの一つとして、覚えておきましょう。

複数を表す「-와/과、-하고、-랑」

複数「~と」を表す助詞には、-와/과、-하고、-랑が使われます。

どれも意味は同じですが、使う場面が変わってきます。

하고と랑と와/과

-와/과:文語あるいは公式的な場がメイン
-하고:口語での使用が多いものの、いつでも使える
-랑:プライベートな場面で使う話し言葉

강한 비 바람이 동반한 날씨가 예상됩니다.
強い雨と風を伴う天候が予想されます
하고 잠깐 얘기합시다.
ちょっと話があるんだけど
(俺と少し話をしよう)

-와/과や-하고は、ニュースなどで頻繁に出てきます。

막걸리 두부김치 하나 주세요.
マッコリと豆腐キムチを一つください

注意しておくべきことは、-랑は文語で使わないことです。

よく使う助詞の一覧

助詞 意味
-이/가 ~が 친구가
선생님이
-은/는 ~は 친구는
선생님은
-와/과
-하고
-랑
 ~と 친구와
선생님하고
친구랑
-을/를 ~を  친구를
선생님을
-부터 ~から
(範囲、順番)
1시부터
1페이지부터
-에서 ~から
(出発点)
학교에서
-에서 ~で
(場所)
학교에서
-에서 ~で
(根拠)
뉴스에서
-에 ~に(時間)
~に(場所)
1시에
학교에
-에게
-한테
~に(人) 선생님에게
친구한테
-을/를 ~に
(乗り物)
 버스를
지하철을
-의 ~の  친구의

日本語と同じ使い方をする助詞もあれば、同じ意味でも異なる助詞を使う場合もあります。

また「人、物、場所、時間」などによっても、組み合わせる助詞は変化します。

数も多いので、少しづつ覚えていきましょう。