語学はどうしても一人で勉強する時間が多くなりがちです。

しかし、インターネットの普及で日本にいながらでも、昔よりはるかに効率的に勉強できる環境になってきました。

今回は、独学にも役立つ韓国語のwebサイトを紹介していきます。

Ads

初級編

NHKゴガク

NHKゴガク

参考:NHKゴガク

言わずと知れたNHKの語学学習プログラム。基礎から段階的に韓国語を学んでいくことが可能です。

NHKゴガクの教材で、韓国語を勉強し始めたという人も多いかと思います。

ストリーミング音声の試聴には、会員登録(無料です)が必要です。

東京外国語大学言語モジュール

東京外国語大学言語モジュール

参考:東京外語大言語モジュール

東京外国語大学が制作した言語モジュールです。

会話モジュールでは台本を見ながら、動画を視聴することができます。

若干、昔の映像っぽいような気はしますが、勉強に支障はありません。

KBSworld – Let’s learn korean

KBSワールド

参考:KBSworld – Let’s learn korean

文字の基本からスタートして、順番に学習していくことができます。

教科書がない人でも、すぐに勉強を始めることができるのが特徴です。

ただし、音声の再生スピードが遅めに設定されているので、この点をしっかりふまえておかないと、実際の韓国人が話すスピードについていけなくなります。

慣れてきたら、他の音声を使った教材などに切り替えていくのが望ましいでしょう。

ヴィヴィ韓国語

やさしい韓国語

参考:ヴィヴィ韓国語

基礎的な表現や文法を動画で解説してくれます。

10~20分程度の時間で編集されているので、無理なく少しずつ学習していくことができます。

動画は基本文法編、基本表現編、10日間韓国語会話、毎日韓国語、K-POPで習う韓国語などバリエーションも豊富です。

動画はかなりの量になるので、全部見るのは大変です。

Ads

中級編

K-ウェザー気象情報

Kウェザー天気予報

参考:K-ウェザー気象情報

韓国で放送されている天気予報を見ることができる、気象情報サイト「K-ウェザー」です。

過去の予報なども視聴することができる上に、アナウンサーの解説を文章で同時に確認できるのも、韓国語学習者には魅力的です。

通常の天気予報の他に、紫外線対策미세먼지(PM2.5など)に関する大気汚染情報などもあり、生きた表現を学ぶのに役立ちます。

実際の予報の確認にも使えるので、一石二鳥でしょう。

KLEM – 韓国語教育メディア

klemミニドラマ

参考:KLEM – 韓国語教育メディア

韓国語教育を目的として制作されたミニドラマです。

日常会話によく使いそうな表現が多く、見やすい内容になっています。

動画も5~10分程度で構成されているので、電車やバスの移動中に見るのに、ちょうどいいでしょう。

上級編

YTNチャンネルライブ

参考:YTNチャンネルライブ

韓国のリアルタイムの番組を見ることができるサイトです。

ニュースがメインになるので、語彙のレベルも一気に上がりますが、韓国の時事用語なども覚えることができます。

芸能ネタは少ないですが、よりリアルな韓国を知ることができるサイトだも言えます。

スマートフォンのアプリでも、同じようなことはできるので、パソコンも持っていない人は、アプリを使ってもいいでしょう。

聯合ニュース(Yonhap-news TV)

参考:연합유스 TV

聯合ニュースのサイトでも、ニュースの視聴が可能です。

同じニュース番組でも、メディアによって報道の仕方がどのように変わるのかを比べるのもいいと思います。

日本語字幕などはないですが、一部のニュースは原稿を見ながらの視聴も可能なので、勉強にもうまく活用できるのではないでしょうか。

ちなみに聯合ニュースも、アプリによる視聴は可能です。

さいごに

どのサイトも無料で利用できる上に、上手に使えば韓国語の勉強に役立つと思います。

ただしスマホを使う場合は、電波の弱いところでは動画がうまく再生されない可能性もあります。

視聴の際は、通信状態をしっかりと確認しましょう。

あるいは、自宅でパソコンを使って視聴するのがベストかもしれません。