「パン」
「コーヒー」
「ケーキ」
「バス」

こうした「外来語」は日本語と韓国語では発音の異なるものが多く、苦手意識を持っている人は多いです。

そこで今回は、日本語でよく使う外来語(カタカナ)をハングルに変換するポイントを話していきます。

韓国語で外来語を表記するパターン(母音編)

カタカナをハングルに変換するポイントとして、まずは「母音」に重点を置いて解説します。

「ア」を「ㅐ」にする

カタカナで表記している言葉を韓国語に変える時のパターンとして、まずは「ア→ㅐ」を覚えましょう。

これは「a」を「エ」のように発音する単語で、例えば次のようなものです。

アップル:
ハム:
ハンバーガー:버거
ジャズ:
タクシー:
LANケーブル:케이블

※LANケーブルを「랜선」と言う人も多い

ハンバーガーを햄버거と発音するのは、この典型的な例ですね。

より英語(本来の音)に近い発音で表記しようとするために、このようになります。

リンゴもアップルではなく「エップル」って言うような感じですね。

日本語は「ア」ですが英語では「エ」のような感じになるので、ハングルでは「ㅏ」のような口を開け方をする「ㅐ」になると覚えておくといいでしょう。

「エ」を「ㅔ」にする

次のパターンは「エ→ㅔ」です。

これは「e」を「エ」と、ほぼ文字通りに発音する場合です。

ホテル:호
エンジン:
テニス:니스
デスク:스크
メモリ:모리

日本人の名前も「エ」の発音は「에」で表記することになる。

日本語と韓国語で発音が似ているので、覚えやすいと思います。

でも韓国語には「애と에」二つあるから、どちらを使えばいいのかややこしくなりますね。

英語の「a」と「e」はどちらも「エ」に近い音ですが、日本語で表記する場合は「ア」と「エ」に分かれます。

つまりカタカナで「ア」と「エ」どちらなのかを見れば、「ㅐ」と「ㅔ」が区別できるということです。

「アー」は「ㅓ」になる

「アー」と伸ばす長音は、ハングルでは「ㅓ」になることが多いです。

ワールド:
ワード:
ターミナル:니널
タワー:타
メーター:미
ハンバーガー:햄버거

「ハンバーガー」やmicrosoftの文書編集ソフト「word」などが、このパターンです。

ただこれは発音が「ˈəː」の場合なので、「アー」と伸ばす音がすべて「ㅓ」になるわけではないんです。

あくまで目安の一つと考えてください。

a(エー)は「에이」

次は「エー」の長音です。

「エー」と伸ばす音は「에이」にしましょう。

スケート:스케이
テープ:테이
ケーブル:케이
ステーキ:스테이
ケース:케이
エース:에이

ハートのAは「에이스」になるということですね。

これは比較的覚えやすいと思います。

「メーター」を韓国語にすれば미터ですよね?
메이터にはならないんですか?

実は「エー」と伸ばす音すべてが「에이」となるわけではないんです。

skate:스케이
tape:테이
cable:케이
stake:스테이
case:케이
ace:에이
meter:

メーターが「미터」になるのは「a」じゃなくて「e」だからです。

つまり英語では「a」が入る言葉なんです。

「エ」だけど「イ」?

では「メーター」が미터になるのは、どういうパターンでしょうか。

これは「e」を「イ」で発音するケースです。

meter:
green:그
business:비즈
sea:
KOREA:코

カタカナでは「エ」もしくは「イ」になるので、ちょっと覚えにくいかもしれません。

KOREAの「e」が「イ」になるのは音が似てるので簡単ですが、ビジネス(business)のようなケースはそのまま覚えるしかないでしょう。

韓国語で外来語を表記するパターン(子音編)

ここからは「子音」に重点を置いたポイントです。

「~イング」には「ㅇパッチム」

カタカナで「~イング」となる言葉には「ㅇパッチム」を使いましょう。

これは「-ing」とかの英単語のことですが、-ngの部分が「ㅇパッチム」になります。

ファンミーティング:팬미
合コン:미
ハンティング:헌
モーニングセット:모세트

「-ng」で終わる単語をㅇパッチムで表すケースには地名もあります。

例えば香港「hong kong→홍콩」がそうですね。

「ファ行」には「ㅍ」

「ファ行」の言葉には「ㅍ」を使いましょう。

正確にはファ行ではなく「f」に「ㅍ」を使う場合ですが、次のようなケースです。

ファイティング:이팅
ファンタスティック:타스틱
フィーリング:
フィギュアスケート:겨스케이트
フェ:카

こんな感じで「ㅍ」を使えばいいわけですが、例外もあります。

환타(ファンタ)ですか?

あるいは화이팅(ファイティン)のような言い方をするケースもそうです。

「ㅍ」じゃなく「ㅎ」を使うのは、より英語の発音に近づけるためです。

「ッシュ」は시になる

次は「ッシュ」には「시」です。

これは「sh」で終わる単語のことです。

フィッシュ:피
フラッシュ:플래
スマッシュ:스매

フラッシュメモリの「フラッシュ」とか、「ッシュ」が付く言葉のほとんどは「시」をつければOKです。

また「시」の代わりに「쉬」を使う人もいたりしますが、시か쉬で発音すれば問題ないでしょう。

「ド」で終わる言葉は드

続いては、カタカナの「ド」です。

「ド」で終わる単語はほぼ「드」になるというパターンです。

マクドナル:맥도날
ハーバー:하바
サンイッチ:샌위치

サンドが「샌드」になったりと、日本語からはイメージしにくいかもしれません。

これは英単語の子音だけの部分に「으」を当てはめることで起こります。

Donald Trump:도널 럼프
Mcdonalds:맥도날
Harvard:하바
Sandwich:샌위치

例えばハーバード(Harvard)をハングルに置き換えた時、最後のdは母音と一緒ではありません。

こういう子音には「으」を付けて表記することになります。

だからTrumpのtやpにも「으」が付くことで、트럼프になるわけです。

同じようにmilkもkに「으」がついて「밀크」です。

小さい「ッ」が入る言葉

「ップ」はㅂパッチム

小さい「ッ」が入る言葉にはいくつかのパターンがあります。

まずは「ップ」はㅂパッチムになるケースです。

ップ
ップ
ップ
K-pop:케이

英語の「p」で終わる部分をㅂパッチムにするだけなので、さほど難しくはないとは思います。

「ック・ッグ」はㄱパッチム

二つ目は「ック・ッグ」にㄱパッチムというパターンです。

これは「k」や「g」で終わる単語をㄱパッチムにするものです。

ハンドバッグ:핸드
ッグック빅맥
ック

ドッグとかマックとか、何となく覚えられそうではないでしょうか。

「ット」はㅅパッチム

三つ目は「ット」の単語はㅅパッチムで終わるケースです。

ショット
ヘルメット:헬
ット

よく一気飲みのことを「ワンショット」と言いますが、これも원샷です。

ところでカット(cut)は컷でしょうか?
커트ってよく見かけるんですけど。

「ット」の中にはcutのように、ㅅパッチムと트のどちらでも通じるものがあります。

レイアウト:레이아웃/레이아우트
アウトライン:아웃라인/아우트라인
アウトレット:아웃렛/아우트레트
カット:컷/커트
アウ:아

※ㅅパッチムで締めくくる場合と트で終わるケースと、どちらでもよい言葉はたくさんある

アウトは「아웃」と言う人が多いです。

しかしマットレスを「매트레스」とは言っても、맷레스と言う人はまずいないです。

こういうのは使い方の傾向を押さえておくといいでしょう。

「ル」がつく言葉は発音が難しくなる?

先頭以外の「ル」にはㄹパッチム

次は「ル」にはㄹパッチムです。

ミルク:
ボール:
ホール:

「ボール」や「ミルク」など、カタカナの「ル」の部分がㄹパッチムなっていますね。

これは英単語の中に「Ⅼ」の子音のみが入っている場合にこうなります。

ただ雰囲気で何となく覚えられそうなパターンではないでしょうか。

「L+母音」にはㄹが2つ続く

これは日本人が一番苦労する外来語かもしれません。

「L+母音」になっている英単語は、ㄹが2つ続きます。

galaxy:갤럭
pilot:파일럿
salad:샐러
ㄹパッチム+ㄹになる

子音L+母音の場合、パッチムと次の音でㄹが2回続くことになる

ブラックホールも「black hole=블랙홀」とパッチムを含めて発音するので、ㄹが苦手な人はしっかり練習をしておきたいところですね。

逆に言うと、パッチムにㄹがある英単語はLであるということでもあります。

外来語をうまく発音するポイント

長音は伸ばさない?

韓国語には本来「長音」もありますが、外来語を発音する時のポイントとして、長音をのばさないというのがあります。

ハーブ:
ジュース:
コーヒー:
コンピューター:컴퓨터

長音を伸ばさない感覚には慣れが必要ですが、これだけでもだいぶ印象は変わると思います。

先頭の平音や激音を濃音で読む

他に先頭の平音や激音を濃音で発音するケースもあります。

버스→
사인→
카페→
사이다→이다

自分の発音のままにハングルを打ち込む韓国人は多いので、カカオトークやライン、検索エンジンなどでこういった文字はよく見られます。

そのため사이다を「싸이다」で検索しても出てきます。

韓国人も全員こうだというわけではありませんが、こういう傾向があることも知っておきましょう。

ここで紹介したものを押さえておくだけでも、韓国語の外来語の読み書きはかなり楽になるのではないかと思います。

パターンの数も多いので、少しづつ覚えていきましょう。