韓国の文化を知る上で避けて通れないのが、旧正月や秋夕といった명절(名節)の際に行う제사(祭祀)や차례(茶禮)といった儀式です。

今回は、韓国の旧正月や祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)の違いについて、話していきたいと思います。

Ads

日本と韓国のお正月

日本の正月って?

もとは、旧暦の1月と7月に行っていた、先祖供養の風習から由来します。

あの世から帰ってくる「ご先祖様の魂」を出迎えるために行われていた儀式が、「正月」として現代に受け継がれていきます。

また、7月は仏教の行事と融合することで「お盆」になります。

韓国の旧正月と명절(名節)

명절(名節)とは、韓国の伝統的な行事やイベントを行う日のことで、早い話「祝日」のようなものです。

旧暦で行っていた行事が、そのまま現代に受け継がれれているので、正月や秋夕はすべて旧暦で行うのが特徴です。

正月や秋夕になると、韓国は連休となり、家族みんなで過ごします。

連休で里帰りするといったことは、日本と同じだと言えます。

日本と韓国で大きくは変わらない

日本のお正月と言えば、こんなイメージでしょうか。

・家族や親せきが集まり、新年の挨拶をする
・お餅を食べる
・子供はお年玉をもらう

韓国の正月でも基本的にやることは、日本と大きくは変わりません。

Ads

韓国で旧正月にすることは?

新年の挨拶をする

新年の挨拶をすることを새해 인사를 하다새배를 드리다などといいます。

황수지-R

새해 복 많이 받으세요.
あけましておめでとうございます

挨拶は決まり文句ですので、そのまま暗記あるのみです。

韓国の年賀状

新年の挨拶としておなじみの年賀状ですが、韓国にもあり、漢字語でそのまま연하장といいます。

韓国の年賀状にも「葉書」が使われ、書かれている内容がハングルか日本語かの違い程度です。

しかし、実際には葉書の年賀状よりも、カカオトークの年賀状機能(正月の時期限定で追加される)などを使ってメッセージを送る人が大多数。

さすがIT大国です。

お年玉をもらう

子供は新年の挨拶をして、새뱃돈(お年玉)をもらいます。

金額はその家族や親戚の経済事情によっても変わります。

昔は、長男のお年玉の額が他の兄弟よりも多いという家庭も多く、それだけ長男が重要視されていたことがわかります。

僕の父も「長男」で、子供のころは他の兄弟よりもお年玉をたくさんもったそうです。

お餅を食べる、韓国のスープ餅

お正月の食べ物といえばお餅ですね。

しかし日本のお餅と違うのは、もち米ではなく、うるち米ベースでできていることでしょうか。

そのためびよーん!と伸びはしません。

スープ餅
Phote: Neoadam

ついたお餅を棒状にのばしたものを가래떡といいますが、スーパーなどでは刻んだ状態で売られていて、これをスープに入れて食べます。

日本人がお雑煮を食べるように、韓国人は떡국(スープ餅)を食べます。

ご先祖様に挨拶

ご先祖様に挨拶の儀式を行いますが、これを차례(茶禮)といいます。

茶禮(チャレ)はもともと、旧暦の毎月1日と15日(新月と満月の日)、そして旧正月や秋夕といった명절(名節)の日に行っていました。

朝鮮時代だったら、最低でも年に24回は行ってることになります…

定期的に祖先にご挨拶をしていたわけですが、時代の流れで旧正月や秋夕といった大きな行事の日にしか行わなくなりました。

今の時代にしょっちゅう차례(茶禮)や제사(祭祀)をやっていたら、まちがいなく家計崩壊ですね。

Ads

제사(祭祀)と차례(茶禮)

祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)の意味合い

先祖供養の儀式として祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)がありますが、両者は全く異なります。

차례를 지내다

양승희-R

今でこそ正月や秋夕の時にしか行わないものの、かつては定期的かつ頻繁に行っていたのが茶禮で、祖先に対する挨拶としての意味合いが強いです。

제사를 지내다

김지성-L

故人が無事に成仏し、あの世で何不自由なく暮らせるように祈ります。故人の命日に行うので、ご先祖様すべてが対象ではありません。日本の法事に相当します

祭祀と茶禮はここが違う

차례(茶禮) 제사(祭祀)
時期 명절(名節) 기일(命日)
時間帯
 お供え物 季節の物がメイン 酒、ご飯
 食べるもの 松餅
スープ餅
特になし

名節は、송편(ソンピョン)や떡국(スープ餅)などを食べるのも特徴ですね。

時期と時間帯

茶禮(チャレ)は명절(名節)の日の朝に行い、そのままお墓参りに行くというのが通常の流れです。

一方の祭祀(チェサ)は기일といって、故人の命日の日に行います。

時間帯も、猪の刻の終わりから子の刻にかけて(だいたい夜の11時から12時くらい)といった具合に夜に行われます。

日本の法事と韓国の祭祀

日本と韓国の法事

韓国の祭祀(チェサ)が日本の法事と違うのは毎年行うこと。

また、1주기、3주기、7주기、13주기、17주기(1回忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌)などは通常よりも大々的にやる傾向が強いです。

しかし、最近は正月や秋夕でみんなが集まった日に、まとめて執り行う傾向にあります。

あるいは命日に제사(祭祀)執り行ったとしても、次の日は仕事だという人も多く、10時くらいから始めて、早く帰ろうという人も増えています。

日本でも、お盆にまとめて法事というケースも多いので、なんだかんだいって日本と韓国でほとんど変わらないと言えそうです。

お供え物として並べるもの

秋夕のお供え物

차례(茶禮)では、たくさんのお供え物が並びます。

特に秋夕は収穫祭としての意味合いも兼ねているため、その年に取れたものも並んだりします。

一方の제사(祭祀)は、お酒やごはんと基本比較的シンプルですが、故人の好きだった食べ物を置く場合もあり、人それぞれとも言えます。

ただし、韓国では基本的に「あずき」をお供えはしません。

小豆をお供えしてはいけない?

お彼岸のあずき

あずきは、日本では「邪気を追い災いから身を守る」とされていて、おはぎなどの材料にもなりますね。

しかし、韓国では「あずきはすべての霊をはね返す」と考えられています。

そのため、守護霊などもみんな追い払ってしまい、ご先祖様が守ってくれなくなるからかえってよくないとして、あずきは使わないのです。

あずきが入ったものを食べることはあっても(松餅などに入れて食べることはあります)、お供え物としては並べないのが基本です。

食べものやお供え物の準備

旧正月と秋夕

昔は正月などで親戚が集まるとなると、みんなが食べる料理やお供え物の準備などを、長男の嫁が一人でやらなくてはいけませんでした。

しかし、最近では「出前」を利用するケースも増えています。

注文一つで料理はもちろん、食品サンプルを使った「お供え物セット」なども配達してくれます。

昔のやり方がそのまま残っている地域や家庭もありますが、時代の流れでどんどん変わってきています。

さいごに

親戚がみんな集まるというのは、都市部になるほど減ってきていて、こうした点は日本も似ています。

日本も韓国で表面的な違いはあっても、共通点が多いですね。