韓国の文化を知る上で避けて通れないのが、旧正月や秋夕といった명절(名節)の際に行う제사(祭祀)や차례(茶禮)といった儀式です。

今回は韓国の旧正月、および祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)の違いについて、話していきたいと思います。

Ads

日本と韓国のお正月

正月ってもともとどんな習慣?

もともとは旧暦の1月と7月に行っていた、先祖供養の風習から由来します。

日本では、旧1月に行っていた儀式が「正月」、旧7月の行事が「お盆」になりますが、韓国では、「正月」「秋夕」がメインになっていきます。

韓国の명절(名節)と旧正月

명절(名節)とは韓国の伝統的な行事やイベントを行う日のことで、早い話「祝日」のようなものです。

旧暦で行っていた行事がそのまま現代に受け継がれれているので、正月や秋夕はすべて旧暦で行うのが特徴です。

秋夕は韓国版のお彼岸とも言えますが、連休で里帰りして、お墓参りなどをするといった現状を見ると、むしろ「日本のお盆と同じ」と言えます。

正月や秋夕になると、韓国では連休となり、家族みんなで過ごします。

日本と韓国で大きくは変わらない

お正月と言えば、だいたい次のイメージでしょうか。

・家族や親せきが集まり、新年の挨拶をする
・お餅を食べる
・子供はお年玉をもらう

韓国の正月でも基本的にやることは、日本と大きくは変わりません。

Ads

旧正月にすることは?

新年の挨拶

新年の挨拶をすることを새해 인사를 하다새배를 드리다などといいます。

女子3-R

새해 복 많이 받으세요.
あけましておめでとうございます

挨拶は決まり文句ですので、そのまま暗記あるのみです。

韓国の年賀状

新年の挨拶としておなじみの年賀状ですが、韓国にもあります。漢字語でそのまま연하장

日本と同じく葉書が使われ、書かれている内容もハングルか日本語かの違い程度です。

しかし、実際には葉書の年賀状よりも、カカオトークの年賀状機能(正月の時期限定で追加される)などを使ってメッセージを送る人が大多数。

さすがIT大国です。

お年玉をもらう

子供は新年の挨拶をして、새뱃돈(お年玉)をもらいます。

金額はその家族や親戚の経済事情によっても変わります。

昔は、長男のお年玉の額が他の兄弟よりも多いという家庭も多く、それだけ長男が重要視されていたことがわかります。

管理人の父も長男で、子供のころは他の兄弟よりもお年玉をたくさんもったそうです。

お餅を食べる、韓国のスープ餅

お正月といえばやっぱりお餅。

でも日本のお餅と違うのは、もち米ではなく、うるち米ベースでできていることでしょうか。

そのためびよーん!と伸びはしません。

スープ餅
Phote: Neoadam

ついたお餅を棒状にのばしたものを가래떡といいますが、スーパーなどでは刻んだ状態で売られていて、これをスープに入れて食べます。

日本人でお雑煮を食べるように、韓国人は떡국(スープ餅)を食べます。

ご先祖様に挨拶

ご先祖様に挨拶の儀式を行いますが、これを차례(茶禮)といいます。

茶禮(チャレ)はもともと、旧暦の毎月1日と15日(新月と満月の日)、そして旧正月や秋夕といった명절(名節)の日に行っていました。

朝鮮時代だったら、最低でも年に24回は行ってることになります…( ゚Д゚)!!!!!

定期的に祖先にご挨拶をしていたわけですが、時代の流れで旧正月や秋夕といった大きな行事の日にしか行わなくなりました。

今の時代にしょっちゅう차례(茶禮)や제사(祭祀)をやっていたら、まちがいなく家計崩壊です。

Ads

제사(祭祀)と차례(茶禮)

祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)の意味合い

先祖供養の儀式として祭祀(チェサ)と茶禮(チャレ)がありますが、両者は全く異なります。

차례를 지내다

女子1-R

今でこそ正月や秋夕の時にしか行わないものの、かつては定期的かつ頻繁に行っていたのが茶禮で、祖先に対する挨拶としての意味合いが強いです。

제사를 지내다

男子1-L

故人が無事に成仏し、あの世で何不自由なく暮らせるように祈ります。故人の命日に行うので、ご先祖様すべてが対象ではありません。日本の法事に相当します

2つの違い

차례(茶禮) 제사(祭祀)
時期 명절(名節) 기일(命日)
時間帯
 お供え物 季節の物がメイン 酒、ご飯
 食べるもの 松餅
スープ餅
特になし

名節は、송편(ソンピョン)や떡국(スープ餅)などを食べるのも特徴ですね。

時期と時間帯

茶禮(チャレ)は명절(名節)の日の朝に行い、そのままお墓参りに行くというのが通常の流れです。

一方の祭祀(チェサ)は기일といって、故人の命日の日に行います。

時間帯も、猪の刻の終わりから子の刻にかけて(だいたい夜の11時から12時くらい)といった具合に夜に行われます。

日本の法事と韓国の祭祀

日本と韓国の法事

韓国の祭祀(チェサ)が日本の法事と違うのは毎年行うこと。

また、1주기、3주기、7주기、13주기、17주기(1回忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌)などは通常よりも大々的にやる傾向が強いです。

しかし、最近は正月や秋夕でみんなが集まった日に、まとめて執り行う傾向にあります。

あるいは命日に제사(祭祀)執り行ったとしても、次の日は仕事だという人も多く、10時くらいから始めて、早く帰ろうという人も増えています。

日本でも、お盆にまとめて法事というケースも多いので、なんだかんだいって日本と韓国でほとんど変わらないと言えそうです。

お供え物として並べるもの

秋夕のお供え物

차례(茶禮)ではたくさんのお供え物が並びます。

特に秋夕は収穫祭としての意味合いも兼ねているため、その年に取れたものがお供え物として並んだりもします。

一方の제사(祭祀)は、お酒やごはんと基本比較的シンプルですが、故人の好きだった食べ物を置く場合もあり、人それぞれとも言えます。

お供え物に並ばないもの

お彼岸のあずき

韓国の명절(名節)でお供えしないものがあり、それは「あずき」です。

あずきは、日本では「邪気を追い災いから身を守る」とされていますが、韓国では「すべての霊をはね返す」と考えられています。

そのため、守護霊などもみんな追い払ってしまい、ご先祖様が守ってくれなくなるからかえってよくないとしてあずきは使わないのです。

そのため、あずきが入ったものを食べることはあっても(松餅などに入れて食べることはあります)、お供え物としては並べません。

食べものやお供え物の準備

旧正月と秋夕

正月などで親戚が集まって차례(茶禮)を行うとなると、長男の嫁は大変になります。

親戚が一同に長男の家に押しかけ、会食でみんなが食べる料理やお供え物などを準備するわけですが、場合によっては長男の嫁がすべて一人でやらなくてはいけません。

長男の嫁だって人間ですから、「一人で大変な思いはしたくない」と考えます。

すると차례(茶禮)の準備をめぐって、姑との間で対立が起こります。

対立1

女子1-R

매번 많은 음식들을 챙겨야 되는데 나 혼자 어떡하라고.
毎回たくさんの料理を準備して大変なのに一人でできるわけないじゃん
요즘 차례상 차림도 배달까지 해주는데 이런 걸 이용해야지! 
最近はお供え物のセットも出前してくれるんだから、こういうのを利用しないと!

アジュンマ-L

상차림 요리를 적접해야 진심이 전해지는 거야. 배달? 말도 안돼.
お供え物や料理は手作りでこそ、ご先祖様に真心が伝わるんだ。出来合いでいいわけがない。

世代間のギャップが伝わってくるって感じです。

他にも、食品サンプルなどを使った簡易的な「お供え物セット」などもあり、どんどん変わってきています。

対立2

女子2-R

난 이제 기독교로 개종했으니까 유교와 상관이 없습니다.
私、キリスト教に改心したから、もう儒教ルールに縛られる必要ないし

アジュンマ-L

그게 말이 된다고 생각해? 으씨!!!
そんな勝手が許されると思ってるの?キィー!!!

キリスト教なら、そもそも차례(茶禮)を行う必要がないという考えですね。

嫁VS姑の関係が、そのまま宗教対立の図になっています(笑)

中にはこういう人もいたりしますが、いずれにせよ昔のやり方がそのまま残っている家庭は減ってきています。

まとめ

正月やお盆、秋夕などに親戚がみんな集まるというのは、都市部になるほど減ってきていますが、これは日本も同じです。

法事のやり方など、日韓で表面的な違いはあっても、共通点が多い気がします。