軍人が出てくる韓国ドラマの影響もあってか、-ㅂ니다や-ㅂ니까を多用した「軍隊の言葉」が以前より注目されるようになりました。

다나까말투もしくは다나까체(タナカ体)などと言われますが、軍隊で使う言葉は敬語表現とは切っても切れない関係にあります。

軍隊の言葉다나까「タナカ」とは

韓国語には「ドレスコード」が存在する?

丁寧語の語尾には大まかに-요-ㅂ니다の2種類の系統が存在します。

これはドレスコードのようなもので「-요はジーンズ、-ㅂ니다はスーツ」のような感覚だと思ってください。

軍隊ではカジュアルな「-요」ではなく、フォーマルな「-ㅂ니다」を使うのが基本です

-ㅂ니다体は少し機械的な感じはあるものの、形式や規則をキッチリと守らねばならない軍隊にピッタリだからです。

新兵は「-ㅂ니다」を使うよう徹底される

入隊したばかりの新兵は-ㅂ니다体を使うように指導されます。

そのため普段「-요」を使って話しているような言葉はすべて「-ㅂ니다」などに言い換えることになります。

言い換えるとどうなる?

어디 가세요?
お出かけですか?

↓↓↓

어디 가십니까?
お出かけですか?

こうして常に-ㅂ니다や-ㅂ니까を使うのが「다나까」です。

タナカは다나까ではない?

タナカを「다・나・까」と思っている人は多いですが、正しくは다나 까(다の後にスペース)です。

つまり「-ㅂ니다や-ㅂ니까」を使えという意味で、-다と-나と-까ではありません。

話す時に何が変わるわけでもないですが、-나は「-나?」ではないというのを知っていると、もしかしたら自慢できるかもしれません。

立場によって語尾が変わる

다나까はフォーマルな言葉遣いをしなさいというものですが、相手との立場によっても使う言葉は変わります。

部下が上官に

식사하셨습니까?
食事されましたか?

上官が部下に

식사했나?/했어?
食事はとったか?

上官が部下に対して話す時も敬語にはならないので、반말(ため口)も出てきます。

모두 완전군장으로 연병장을 50바퀴 뛰어간다!
全員完全武装でグランド50周だ
예, 알겠습니다…
はい…

部下に命令を下す時は、한다体なども使われます。

軍隊では「-요」を一切使ってはいけない?

-요の代わりに-말입니다?

軍隊では原則「-요」を使ってはいけません。

そのためどうしても「-요」を使いそうな部分を「-말입니다」など、他の言葉に置きかえて話します。

좀 어려운데요.
ちょっと難しいです
좀 어려운데말입니다.
ちょっと難しいです

そのため時にはちょっと不自然な文になってしまうこともあります。

なんでも「-말입니다」と言えばいいわけではない

-요を使うなとは言いつつも、大事なのは「フォーマルな言葉遣い」です。

バカの一つ覚えみたいになんでも「-말입니다」と言えばいいわけではありません。

한번 해보시지말입니다.
ちょっとやってみてください (△)
한번 해보십시오.
ちょっとやってみてください (ㅇ)

個人差はあっても、あくまでも変な言葉は使わないようにするのが基本です。

-요体を使ってもよくなった?

一部の不自然な言い回しが言語破壊だと言われていることもあって、2016年3月から「-요を使ってもよい」ということになりました。

ただし勤務外での話であって、訓練や作戦中の命令・指示はこれまで通りタナカで通します。

今までは24時間スーツで過ごさなければいけなかったのが、家の中くらいはスーツを脱いでもいいよという感じになったと思えばいいのではないでしょうか。

これだけでもだいぶ気は休まると思います。

軍隊の敬語、압존법(圧尊法)って?

日本ではよく使う「相対敬語」

軍隊の言葉の特徴としてもう一つ挙げられるのが、압존법(壓尊法)と呼ばれるものです。
※一般社会に合わせて相対敬語は廃止になりましたが一応解説します

압존법とは相対敬語のことで、目上の人について話をしていても、話し相手がもっと上の立場であれば、話題の人を持ち上げないというものです。

이대리, 박과장 어디 갔어?
イ代理、パク課長はどこ行った?
박과장은 외근 나갔습니다.
パク課長は外回りに行ってます

例えば「キム部長>パク課長>イ代理」のような関係で、イ代理はキム部長の前でパク課長を持ち上げたりはしません。

韓国よりも日本の方が相対敬語を使っているので、イメージはしやすいと思います。

韓国では「絶対敬語」が一般的

韓国では相対敬語よりも絶対敬語の方が一般的です。

そのため会話もこのようになります。

이대리, 박과장 어디 갔어?
パク課長はどこ行った?
박과장은 외근 나가셨습니다.
パク課長は外回りに行ってます

自分より立場が上の人は無条件に持ち上げていますね。

ただし家庭内では相対敬語を使うケースもあります。

例えばおじいさんが孫に「お父さんはどこにいったのか」聞いた時、孫は父を祖父の前では持ち上げたりはしません。

適切な敬語の使用は韓国語を習得する上で避けては通れない道です。

タナカも含めて敬語の使い方を知っていれば、勉強や仕事はもちろん、あらゆる場面で役立ちます。

覚えておいて損にはならないので、少しづつ勉強してみましょう。