-ㄹ래요も-ㄹ게요と同じく、意思表示によく用いられます。

ただ使い方やニュアンスが異なるため、混同する人も多い表現です。

今回は二つの違いを押さえ、うまく使い分けられるようになりましょう。

意志や決断を表すけれども…

本人のやりたいことや希望を表す

-ㄹ래요にも「~します」という意味はありますが、自分がやりたいと思っていることを表します。

自分がやりたいことを表す

やりたいこと
영화를 보고 싶어요.
映画を見たいです

行動に移すことを表明
↓↓↓

やりたいことをやる
영화를 볼래요.
映画を見るよ

つまり「自分はこうしたいから~します」という話をすることになります。

「-ㄹ래요」の使い方

-ㄹ래요は、動詞の語幹と組み合わせましょう。

動詞 + -(으)ㄹ래요

가다 + -ㄹ래요 = 갈래요
마시다 + -ㄹ래요 = 마실래요
취직하다 + -ㄹ래요 = 취직할래요

먹다 + -ㄹ래요 = 먹을래요
받다 + -ㄹ래요 = 받을래요
읽다 + -ㄹ래요 = 읽을래요

놀다 + -ㄹ게요 = 놀래요
듣다 + -ㄹ게요 = 들을래요
돕다 + -ㄹ게요 = 도울래요

語幹にパッチムがなければ-ㄹ래、ある場合は-을래を使います。

不規則活用の語彙も、-(으)が組み合わさる時のパターンに合わせて使い分けましょう。

전 팔성자동차에 취직할래요.
僕は八星自動車に就職します
(취직하다)
난 대학 안 갈래요.
私は大学に行かないよ
(가다)

自分の希望を軸に「進路など」を決めた場合、このような言い方をすることは珍しくありません。

また「안」が付けば、やりたくないと言っていることにもなります。

난 이제 술 안 마실래요.
俺はもう酒は飲まないよ
(마시다)

もう二度と飲酒はしないという意味にもなるし、二日酔いで具合が悪く、当分は飲みたくないというニュアンスにもなりますが、いずれも「飲みたくない」という意思が込められています。

「ㄹ게요」と「ㄹ래요」の違い

自分から行動するのか、無理やり動くのかは関係なしに「やります」と言うのが-ㄹ게요です。

일찍 자고 일찍 일어날게요.
早寝早起きします

この場合「早起きしろ」と言われたのか、そうしなければならない理由があるかもしれません。

일찍 자고 일찍 일어날래요.
早寝早起きします

ところが-ㄹ래요には「やりたくない」と思っていることは含まれません。

自分がやりたいことに話を限定するので、自分本位の表現になります。

「-ㄹ래요」はこんな使い方もできる

「意志確認」をすることもある

-ㄹ래요は「本人の考え」が重要なので、疑問文なら相手の意志を確認することになります。

먼저 씻을래요?먹을래요? 
先にお風呂にしますか?ごはんにしますか?
커피로 하실래요? 차로 하실래요?
お茶になさいますか?コーヒーにいたしますか?

相手の希望を聞くので、こちらの立場や都合は一切関係ありません。

죽을래?
死にたいのか?

またこういう言い方に「-ㄹ래요」を使うことはありますが、いずれも「相手がどうしたいか」に焦点を置いた表現です。

頼み事をする時にも用いられる

-ㄹ게요の意思確認は、お願いをする時に使うこともできます。

내일 시간 좀 내 줄래?
明日ちょっと時間もらえる?
1시간이 지나면 깨워 줄래?
1時間経ったら起こしてくれる?
이거 받아 줄래요?
これ受け取ってもらえますか?
좀 비켜 주실래요?
ちょっとどけていただけますか?

「~してくれる意志はありますか」という意味で考えれば、頼み事のニュアンスも理解できるかと思います。

「ㄹ래요」以外で相手の意思確認をしたいなら

もし-ㄹ래요以外の表現を使って、相手の意思を聞きたいのであれば、予定を意味する-ㄹ거예요や、提案を表す-ㄹ까요などを使いましょう。

정말 이 책을 읽을 거예요?
本当にこの本を読むつもりですか?
우리 스페인어를 배울까요?
私たちスペイン語を習いましょうか?

ただし-ㄹ까요は、相手と一緒に何かをすることを提案するニュアンスになります。

「-ㄹ래요」にしてみよう

動詞を「-ㄹ래요」に変えてみましょう。

택시를
タクシーに乗らないんですか?
(타다)
선생님은 뭐를
先生は何を召し上がるんですか?
(드시다)
같이 차나
一緒にお茶でもどうですか?
(한잔하다)
우리 집에 놀러
家に遊びに来ますか?
(오시다)
한 번
一回使ってみますか?
(써 보다)
이 옷을
この服着てみますか?
(입어 보시다)

※答えはタップして確認できます

迷ったら意思表示には「-ㄹ게요」を使い、意思確認には「-ㄹ래요?」を用いてもいいでしょう。