-ㄹ래요は-ㄹ게요と同じく意思表示に用いられる文法です。

ただ使い方やニュアンスが異なるため、混同する人も多い表現です。

ここでは-ㄹ래요の特徴を押さえ、うまく使い分けられるようになりましょう。

意志や決断を表すけれども…

本人のやりたいことや希望を表す

-ㄹ래요は自分がやりたいと思っていることを表す時に使います。

自分がやりたいことを表す

やりたいこと
영화를 보고 싶어요.
映画を見たいです

行動に移すことを表明
↓↓↓

やりたいことを宣言
영화를 볼래요.
映画を見るよ

ただしやりたいことについて宣言しても、それが実現するかはまた別の話です。

「-ㄹ래요」の使い方

-ㄹ래요は動詞の語幹と組み合わせましょう。

動詞 + -(으)ㄹ래요

가다 + -ㄹ래요 = 갈래요
마시다 + -ㄹ래요 = 마실래요
취직하다 + -ㄹ래요 = 취직할래요

먹다 + -ㄹ래요 = 먹을래요
받다 + -ㄹ래요 = 받을래요
읽다 + -ㄹ래요 = 읽을래요

놀다 + -ㄹ게요 = 놀래요
듣다 + -ㄹ게요 = 들을래요
돕다 + -ㄹ게요 = 도울래요

語幹にパッチムがなければ-ㄹ래、ある場合には-을래を使います。

추석 연휴는 집에서 쉴래요.
秋夕の連休は家で休みます
(쉬다)
난 대학에 안 갈래요.
私は大学に行かないよ
(가다)
전 팔성자동차에 취직할래요.
私は八星自動車に就職します
(취직하다)

自分の希望を軸に進路などを決めた場合、このような言い方をすることも珍しくありません。

당분간 여기서 혼자 살래요.
当分の間ここで一人で暮らします
(살다)
난 이제 술 안 마실래요.
私はもうお酒は飲まないよ
(마시다)

当分お酒は飲みたくないのか、本当に禁酒するのかはともかく、どちらにせよ「お酒を控えたい」という意思が込められています。

「ㄹ래요」は自分本位の表現になる

自分の意志とは関係なしに「やります」と言うこともあるのが-ㄹ게요です。

そのため相手の意向に配慮した発言も出てきます。

귤은 1킬로당 사천원으로 해 드릴게요.
みかんは1キロあたり4000ウォンにいたしますよ

しかし-ㄹ래요に「やりたくない」と思っていることは含まれません。

自分がやりたいことに話を限定するので、自分本位の表現になります。

이거는 절대 안 팔래요.
これは絶対に売りません

-ㄹ래요が-ㄹ게요と違うは「自分はこうしたいから」という意思に基づいてる点にあります。

「-ㄹ래요」はこんな使い方もできる

意志確認をしたり、相手を誘ったりもできる

-ㄹ래요は本人の考えが重要なので、疑問文なら相手の意志を確認することになります。

먼저 씻을래?먹을래? 
先に風呂に入る?ごはんにする?
술을 마실래요? 아니면 음료수로 할래요?
アルコールにする?それともジュースにする?
우리 같이 영화 보러 갈래요?
一緒に映画見に行かない?

こちらの立場や都合は関係ない「相手がどうしたいのか」に焦点を置いた表現なので、使い方によっては遊びに誘ったりといったこともできます。

頼み事をする時にも使える

-ㄹ게요の意思確認はお願いをする時に使えます。

내일 시간 좀 줄래?
明日ちょっと時間ある?
잠깐 비켜 주실래요?
ちょっとどけていただけますか?
전화를 영업팀하고 연결해 주실래요?
電話を営業チームにつないでいただけますか

「~してくれる意志はありますか」という意味で考えれば、頼み事のニュアンスも理解できるかと思います。

迷ったら意思表示には「-ㄹ게요」を用い、意思確認には「-ㄹ래요」を使いましょう。