-입니다の次に学ぶのが「~ではありません」という表現です。

これは早い話、韓国語を勉強する人が最初に習う否定文です。

韓国語で否定の文を練習してみましょう。

「-이/가 아니다」の使い方

韓国語の「~ではない、~ではありません」

「~ではない」を意味する아니다を、-이/가 아닙니다の形にして使います。

名詞 + -이/가 아닙니다

배우 + -가 아닙니다 = 배우가 아닙니다
가수 + -가 아닙니다 = 가수가 아닙니다

학생 + -이 아닙니다 = 학생이 아닙니다
경찰 + -이 아닙니다 = 경찰이 아닙니다

組み合わさる名詞の「パッチムの有無」によって、助詞-이と-가を使い分けます。

パッチムのない名詞の場合

저는 배우가 아닙니다.
僕は俳優ではありません
지수씨는 간호사가 아닙니다.
ジスさんは看護師じゃありません

パッチムのない名詞には、-가 아닙니다を組み合わせます。

パッチムのある名詞の場合

저는 대학생이 아닙니다.
私は大学生ではありません
상우씨는 경찰관이 아닙니다.
サンウさんは警察官じゃありません

パッチムのある名詞には、-이 아닙니다を組み合わせます。

出身国や地元をたずねてみよう

どこの国の人かを聞いてみる

-이/가 아니다を使って、どこの国の人かやり取りしてみましょう。

승기씨는 중국 사람입니까?
スンギさんは中国人ですか?
아니요, 저는 중국 사람이 아납니다.
いいえ、中国人ではありません
그럼 어느 나라 사람입니까?
じゃあどこの国の人ですか?
저는 한국 사람입니다.
僕は韓国人です

「国名+사람」でどこの国の人かを表します。

また国名を어느 나라にすることで、出身国をたずねることもできます。

国の名前と韓国語

일본 日本 한국 韓国
중국 中国 대만 台湾
북한 北朝鮮 몽골 モンゴル
미국 アメリカ 캐나다 カナダ
영국 イギリス 프랑스 フランス
독일 ドイツ 스페인 スペイン
이탈리아 イタリア 터키 トルコ
러시아 ロシア 인도 インド
태국 タイ 필리핀 フィリピン
베트남 ベトナム 미얀마 ミャンマー
말레이시아 マレーシア 호주 オーストラリア
브라질 ブラジル 아르헨티나 アルゼンチン

国名も覚えながら練習してみましょう。

地元はどこかを話してみる

国名の代わりに都市名を使うと、地元を聞くこともできます。

민기씨는 서울 사람입니까?
ミンギさんはソウルの人ですか?
아니요, 저는 서울 사람이 아납니다.
いいえ、僕はソウルの人ではありません
그럼 어디 사람입니까?
じゃあどこの人ですか?
저는 부산 사람입니다.
僕は釜山の人間です

「都市名+사람」も合わせて練習してみましょう。

都市の名前と韓国語

서울 ソウル 부산 釜山
인천 仁川 수원 水原
춘천 春川 대구 大邱
광주 光州 청주 清州
도쿄 東京 오사카 大阪
교토 京都 나고야 名古屋
후쿠오카 福岡 삿포로 札幌

후쿠오카 사람で「福岡に住んでる人」あるいは「福岡出身の人」のように、場によってニュアンスは多少変わることはあります。

しかしこういう言い方も覚えておいて損はないでしょう。

よく使いそうな職業や国の名前は、積極的に覚えていきましょう。