-입니다の次に学ぶのが「~ではありません」という表現です。

これは言ってしまえば、韓国語を勉強する人が最初に習う否定文です。

韓国語で否定の文を練習してみましょう。

「-이/가 아니다」の使い方

韓国語の「~ではない、~ではありません」

「~ではない」を意味する아니다を、-아닙니다の形にして使います。

名詞 + -이/가 아닙니다

배우 + -가 아닙니다 = 배우가 아닙니다
가수 + -가 아닙니다 = 가수가 아닙니다

학생 + -이 아닙니다 = 학생이 아닙니다
경찰 + -이 아닙니다 = 경찰이 아닙니다

ただし-입니다と違って、아닙니다の前の名詞には助詞「-아/가」が組み合わさり、-이/가 아닙니다の形で使います。

「-이」もしくは「-가」どちらの助詞を用いるかは、組み合わさる名詞のパッチムの有無によって変わります。

パッチムのない名詞の場合

저는 배우가 아닙니다.
僕は俳優ではありません

パッチムのない名詞には、-가 아닙니다を組み合わせます。

パッチムのある名詞の場合

저는 대학생이 아닙니다.
僕は大学生ではありません

パッチムのある名詞には、-이 아닙니다を組み合わせます。

-이/가 아닙니까で「~ではありませんか?」

-이/가 아닙니까?にすると「~ではないんですか?」という疑問文になります。

지수씨는 간호사가 아닙니까?
ジスさんは看護師じゃないんですか?
상우씨는 경찰관이 아닙니까?
サンウさんは警察官じゃないんですか?

否定文かどうかの違いだけなので、-입니다と使い方で大きな差はありません。

否定文を作ってみよう

出身国や地元をたずねてみよう

-이/가 아니다を使って、出身国や地元がどこか質問してみましょう。

승기씨는 중국 사람입니까?
スンギさんは中国人ですか?
아니요, 중국 사람이 아납니다.
いいえ、中国人ではありません
저는 한국 사람입니다.
僕は韓国人です

国の名前と韓国語

일본 日本 한국 韓国
중국 中国 대만 台湾
북한 北朝鮮 몽골 モンゴル
미국 アメリカ 영국 イギリス
프랑스 フランス 독일 ドイツ
이탈리아 イタリア 스페인 スペイン
러시아 ロシア 인도 インド
태국 タイ 필리핀 フィリピン
말레이시아 マレーシア 호주 オーストラリア
브라질 ブラジル 아르헨티나 アルゼンチン

文を完成させてみよう

文に合わせて「-이/가 아닙니다」を入れてみましょう。

저는 가수
私は歌手ではありません
엄마는 약사
お母さんは薬剤師じゃありません
아빠가 공무원
お父さんが公務員ではないんですか?
친구는 미용사
友だちは美容師ではありません
제니씨는 미국사람
ジェニーさんはアメリカ人じゃないですよ
하나코씨는 오사카 사람
花子さんは大阪の人じゃないんですか?

※タップすると解答が確認できます

よく使いそうな職業や国の名前は、積極的に覚えていきましょう。