日韓関係

日韓関係を韓国語では한일관계と言い、日(일)と韓(한)が逆になります。

しかし韓国と北朝鮮をまとめて呼ぶ場合は、남북(南北)とそのままの順番です。

こうした並び順には「一定のルール」のようなものがあって、それがわかれば語彙も覚えやすくなります。

国名を並べる順番にはどんな規則がある?

「自国+相手国」の順番が基本になる

国の名前の並べる時は「自国+相手国」の順が基本になります。

自国の次に相手国が来る

한일관계:日韓関係
한일정상회담:日韓首脳会談

ここで重要なのは「自国はどこか?」です。

韓国語で話す時は自国は우리 나라(韓国)になるし、日本語なら「日本」が基準になります。

日韓が韓国語では「한일」のように順番が逆になるのは、こうした理由があるからです。

その国を基準に順番を見極めればよい

南北関係

日本と韓国であれば、前後の順番を入れ換えるだけでいいですが、他の国が出てきた時はどのような順番になるのでしょうか。

例えば北朝鮮が出てきたとしても、順番はあくまで「その言語の国」を基準にすればいいだけです。

その言語の国を基準にしよう

남북관계:南北関係
북일 외교관계 :日朝の外交関係

韓国と北朝鮮であれば、基準はもちろん韓国ですね。

また北朝鮮と日本の場合、優先順位は「北朝鮮」になります。

これは北が韓国と同じ言語を話す国であることを考えれば、表記の順番はすぐ理解できると思います。

韓国と日本以外の国がある場合、その国との「関係性」が鍵を握る

日韓ともにアメリカとの関係が大事

韓国と日本以外の国名がいくつも出てきた時、表記の順番はどのようになるのでしょうか。

これはその国との関係性などによって変化します。

国と国の関係性による順番

한미일 군사동맹:日米韓軍事同盟
한미 무역협상:米韓貿易交渉

日米韓が한미일のように、미(米)が2番目なのはなぜ?

それぞれの言語を基準にすれば、韓国語では한(韓)、日本語なら「日」が最初に来ます。

ところが日本語も韓国語も、2番目は미(米)になっています。

あるいは한미が日本語では「米韓」となっていますが、なぜでしょうか?

日韓ともにアメリカとの関係が重要?

韓国:日本よりもアメリカとの関係の方が重要

日本:韓国よりもアメリカとの関係の方が重要

要は日韓それぞれにとって、アメリカとの関係が重要だからです。

その国との外交関係も、表記の順番と大きく関係しているわけです。

中国との関係も無視できない

米中関係

日韓にとってアメリカとの関係は重要ですが、中国との関係も無視できません。

中国もアジアでは強い影響力を持っている国です。

中国は古代から影響力の強い国

한중언어교환:中韓言語交換
한중외교장관회의:中韓外相会議
한중일 20주년 기념 행사:日中韓20周年記念行事
중일 경제협력:日中経済協力
중일전쟁:日中戦争

韓国は中国とは因縁が深いので、なるべくトラブルは起こしたくないし、日本も中国との衝突はできる限り避けたい。

こうしたことが、表記の順番からもある程度わかるわけです。

ちなみにニュースなどの記事では、元の記事の言語と誰が訳したのかによって順番が変わることもあります。

第三国が加わった時の表記の順番はどうなる?

アメリカや中国以外の国が加わったら?

アメリカや中国といった日韓と深い関係にある国以外の「第3国」が加わった場合。

外交関係の他に物理的な距離も表記の順番に関わってきます。

物理的な距離にも左右される?

러일경제협정:日露経済協定
중러, 대북제재 일부해제:中露、対北制裁を一部解除

러일(日露)を見る限り、韓国から見てロシアの方が日本よりも力があるのか、あるいは韓国にも強い影響力を持っているのかもしれません。

しかし중러(中露)を見ると、中国よりも物理的に距離のあるロシアが後の方に来ています。

これらが絶対というわけではないですが、新聞やニュースなど見る際に、ある程度参考になると思います。

まとめ

1.自国+相手国の順に表記
한일관계(日韓関係)
남북통일(南北統一)

2.その国との関係性がどのくらい重要か
한미일(日米韓)
북미정상회담(米朝首脳会談)

3.物理的な距離や力関係も影響
한중러(中韓露)

英語の場合はここで紹介した通りにはならないと思うので、あくまで韓国語と日本語での話と考えてください。