韓国語で女らしい

「男らしい」
「子供っぽい」
「女性みたい」

こういった表現に使える文法といえば、-답다、-스럽다、-롭다の3つです。

日本語では「~らしい、~っぽい」と訳すことが多く、どれも同じように見えますが、それぞれ使い方やニュアンスが異なります。

-답다「~らしい、~らしく」

답다のニュアンス

日本語にも「男らしい」という言葉があるように、「~らしい」に相当する表現です。

납자답게 행동해라.
男らしく行動しろ
사람답게 살고 싶어요.
私は人間らしく生きたい

-답다は一部の名詞および名詞句に付き「その性質や特性を持っている」ことを意味します。

難しく言いましたが、要は「言葉通りの特性や性質があるか」ということです。

답다を使う時の条件

例えば남자답다といえば「男性としての特徴が見られるか」がポイントになります。

「力がある、体格が大きい」など…

外見や中身、性格などが一般的な男性に対するイメージと一致していれば「남자답다=男らしい」となります。

男性が「男性としての性質」を備えている必要があるので、女性に남자답다は使えません。

겨울다운 추운 날씨입니다.
冬らしい寒さでです
인간다움이 드러난 작품입니다.
人間らしさが出た作品です

寒いから「冬らしい」のはもちろんですが、動物に対して인간답다(人間らしい)とは言いません。

-스럽다「~っぽい、~っぽく」

스럽다のニュアンス

日本語の「~っぽい、~みたい」に相当します。

난 우리 아들이 자랑스럽습니다.
私は息子が誇らしいです
오늘은 여성스럽게 나왔네요.
今日は女の子っぽくしてきたね

-스럽다は一部の語幹に付き、そのような性質があることを表します。

簡単にいうと「どのような内面、性質なのか」という意味です。

스럽다を使う時の条件

仮に여성스럽다といえば、性格や行動などに「女性のような一面が見られるか」ということになります。

「どのような性質なのか」を表すだけなので、-답다と違ってすべてが一致しなくてもかまいません。

したがって女性に남성스럽다もありだし、大人っぽい子供に어른스럽다と言ってもOKです。

사랑스러운 인형들이 많습니다.
愛らしいぬいぐるみがいっぱいです
걱정스러운 일이 있으면 표정이 어두워져요.
心配な事があると表情が暗くなります

愛らしいさといった特徴を持っているものが、人間である必要はありません。

心配なことも、あくまで性質を表しているだけです。

韓国語の「男性らしさ」と「女性らしさ」

여성답다と여성스럽다の違い

여성답다は、見た目はもちろん性格や行動など、すべてに「女性らしさ」を求めます。

좀 더 여성답게 행동해요.
もう少し女性らしく行動しなよ

もしこう言われれば、メイクや服装から細かい言動まで、あらゆることに「女性として気を使え」という意味になります。

一方で여성스럽다を使えば、女の子っぽくしているというニュアンスです。

「女性らしい」には여성스럽다を使う

韓国語で「女性らしい」には、여성답다より여성스럽다の方が多用されます。

-답다と-스럽다のどちらを用いるかには、一定の傾向があるためです。

수연이는 정말 여성스러워요.
スヨンは本当に女性らしいです (ㅇ)
수연이는 정말 여성다워요.
スヨンは本当に女性らしいです (?)

女性らしいには「여성스럽다」と、無条件に覚えてしまってもいいでしょう。

「男らしい」に남성스럽다は使わない

男性に남자답다はよくても、남자스럽다を使うことはありません。

これは文法うんぬんの話ではなく、一般的なイメージとしての問題です。

例えば「Tシャツ、Gパン、ノーメイク」で、普段は男のように振る舞っている「男性っぽい女性」はたくさんいます。

そんな女性がおしゃれもして、メイクもバッチリ、普段とは違う一面を見せたらどうでしょう?

女の子っぽくてかわいい!

おそらく好反応を得られるのではないかと思います。

しかし男性は、あくまで男性です。

普段女性っぽい格好をしている「ごく一部の男性」が、たまに普通の格好をしたところで見向きもされません。

그는 남자다워요.
彼は男らしいです (ㅇ)
그는 남자스러워요.
彼は男っぽいです (×)

草食系男子が増えたところで、男性っぽい男性はありえないのです。

男らしいは「남자답다」です。

-롭다「~な、~に、~だ」

-롭다のニュアンス

-롭다でも「~らしさ」を表すことがあります。

난 내 인생을 자유롭게 살고 싶어요.
私は自分の人生を自由に生きたいです
어제 새로운 옷을 샀어요.
昨日、新しい服買いました
담배는 건강에 해롭습니다.
タバコは体に悪いですよ

パッと見てどのような特徴があるのかというのが-롬다です。

また-롭다は「~らしい、~っぽい」とは訳さないものが多いです。

-롭다は母音の後ろに付く

-롭다は母音で終わる語幹の後ろに付いて「~だ、~に値する」を表します。

입맛이 까다로운 사람이에요.
味にうるさい人です
커피가 너무 향기롭습니다.
コーヒーがすごく香り高いですよ

「刃が鋭い、香りがいい、味にうるさい」どれも、パッチムの後ろに-롭다が続いてはいないですね。

こういうところからも、-롭다を使うかどうか判断してもいいでしょう。

-롭다と他の文法の組み合わせ

-롭다は他の文法と組み合わさることもよくあります。

점점 감각이 날카로워지는 것 같습니다.
だんだん感覚が鋭くなっていく気がします
혼자 외로워하는 거 아닐까요?
一人寂しがっているんじゃないですか?

「変化」を表す-아/어지다や、「~がる」という意味の-아/어하다などは、-롭다と組み合わさることも多いので、合わせて練習してみるのもいいでしょう。

まとめ

1.-답다(らしい)
外見、中身、あらゆる特徴が文字通り

2.-스럽다(っぽい)
それらしい性質を持っている

3.-롭다
パッと見てそれっぽい

まずは「男らしい」と「女性らしい」を丸暗記して、他は少しづつ覚えていきましょう。