先日、毛玉取りを買いました。

ニットなどを何着か持っているのですが、これまで毛玉がついてきても除去が面倒でそのまま(洗濯はちゃんとしています)にしていました。

しかし「いいかげん取り除いた方がいい」と思い、ダイソーで毛玉取りを購入。

今回はその韓国ダイソーの毛玉取りを紹介します。

韓国ダイソーで毛玉取りを購入する

毛玉取りと乾電池を一緒に購入しよう

ダイソーで毛玉取りを見てみると、3種類ありました。

どれもシェーバーになっている部分は同じで、異なるのはデザインだけですが、写真中央のものが一番使いやすそうだったので、こちらを購入しました。

乾電池式で、電池はAA規格のものが必要のようです。
※単三といった電池のサイズ

こちらがそのアルカリの乾電池。

最初は毛玉取りの横にあった別の電池を買おうとしたのですが、ダイソーの店員が「このNEOというパッケージの電池の方が強力でおすすめですよ」というので、こちらに決定。

こういうやり取りは韓国ならではかなと思います。

本体は思ったよりも大きめのサイズ

帰って箱から毛玉取りを取り出してみると、本体はかなり大きい感じがします。

パッケージにある강력한 절삭력(強力な切削力)の文字通り、毛玉をガンガン取ってくれそうです。

分解するとこんな感じで、割とシンプルに作られています。

刃が回転する中央の部分に対し、外側のスペースに切り取った毛玉が溜まる仕組みになっています。

毛玉取りの使い心地は?

強く押し当てすぎないないのがポイント

さっそく毛玉だらけのニットに使ってみます。

写真では毛玉が出ているような感じはしないかもしれませんが、実際はかなりすごいことになっています。

今回はこれらの3着に試してみました。

毛玉を取るのは電動シェーバーでひげを剃る時の感覚に似ていますが、音が結構うるさい気がします。

また強く押し当てすぎると、刃が欠けたりする恐れがあります。

そうなると毛玉が絡まって故障の原因にもなるので、そっとなでるようにするといいでしょう。

外側のカバーを外して、溜まった毛玉を捨ててあげます。

毛玉が溜まりすぎると、毛玉取りの動きが鈍くなってきます。

こまめに取り除きながら、作業を進めていきましょう。

毛玉取りの仕上がり具合は?

左が毛玉を除去する前、右が除去後です。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、かなりすっきりした感じがします。

他のニットからもかなりの毛玉が出てきました。

これだけ出てくるということは、どれだけ毛玉の除去をサボっていたんだということにもなりますが…。

特に黒とグレーの毛玉が相当な量になっていました。

これからは毛玉もこまめに除去しようと思います。

布マスクの毛玉にも使えるか試してみた

毛玉なら何でも取れそうな感じがする

韓国では「布マスク」もおなじみですが、布マスクは洗いながら使うという人が多く、洗濯するうちに毛玉ができてきます。

そこで手持ちのマスクにも試してみました。

いい感じに毛玉を取ってくれ、まるで新品かと思うような仕上がりになりました!

毛玉を取り除いた後にマスクをつけたら呼吸が楽になったので、マスクの毛玉もちゃんと取り除いた方がいいのかなと思いました。

ちなみにこの黒マスクは模様のパターンが気に入ってるのですが、薬局で4000ウォン程度でした。

日本のダイソーの毛玉取りと比べたことはありませんが、韓国ダイソーの毛玉取りは、かなり強力に毛玉を取り除いてくれる印象です。

日本の毛玉取りでは不十分、あるいは韓国のものを使ってみたいという方は、ぜひ韓国ダイソーで購入してみてください。