バイバイ

韓国語に限らず語学を学ぶ時に、最初に習うのがあいさつ。

ところが基本通りには、なかなか挨拶をしないのが現実です。

そこで、教科書に出てこない表現も含めた「別れの挨拶」を紹介していこうと思います。

別れの挨拶の種類

基本は안녕(アンニョン)

挨拶の基本といえば안녕(安寧)です。

안녕.
バイバイ

안녕だけでも挨拶として使え、「バイバイ」に近い感覚です。

ただこれだとタメ口になってしまうので、他の言葉をつなげることで敬語にしていきます。

안녕히 가세요.
さようなら

このように안녕と合わせて使っていくのが、別れの挨拶の基本になります。

別れの挨拶は3パターンからなる

別れの挨拶は大まかに、3つに分けることができます。

別れの挨拶3パターン

1.相手に「行け、そこにいろ」と命令するもの

2.自分が「行きます」と表現するもの

3.その他の挨拶

迷ったら、このうちのどれに当てはまるかを考えてみましょう。

相手に「行け、そこにいろ」と命令するもの

相手が去っていく時の「さようなら」

相手が去って行く、その場から離れていく時は「가다の命令形」を使います。

가.
가요.
가세요.
가십시오.

가요や가세요のように一言で済ませてしまう言い方も、一応は別れの挨拶と考えてもいいでしょう。

잘 가요.
さようなら
조심해서 가세요.
気を付けて帰ってください
안녕히 가십시오.
さようなら

こんな感じで、2つ以上の言葉を組み合わせるのは定番ですね。

また가다の尊敬語は가시다で、これを命令形にしたのが가세요가십시오です。

相手がその場に残る時の挨拶

相手がその場に残る時は、있다の命令形を使います。

안녕히 계세요.
さようなら

있다の尊敬語は계시다で、この命令形が계세요や계십시오になります。

안녕히といった言葉と組み合わせるのは、가다の場合と同じです。

電話を切る時の挨拶

電話を切る時の挨拶として「들어가새요」などと言うことがあります。

相手が自宅から電話をかけているなら、電話を切る時も相手はその場にいるのになぜでしょうか?

これは下宿などで共用の固定電話を使っていた時の名残りで、「自分の部屋に戻れ」という意味から来ています。

下宿やシェアハウスなどでは、みんな同じ食卓で食事をとるので、食べ終わって自分の部屋に戻る際にも、やはり들어가다を使うことになります。

様々な言い方がある別れの挨拶

自分が「行きます」と言うパターン

自分が主語になり、相手が去っても、その場に残っても、関係なく使えます。

간다.
갈게요.
가보겠습니다.

「간다、갈게」のようにフランクな言い方もあれば、가보겠습니다のような敬語もあります。

これだけでも挨拶として成り立ちますが、他の表現も見てみましょう。

먼저 일어나겠습니다.
お先に失礼します
이만 실래하겠습니다.
この辺で失礼します

일어나다は会議や雑談など場で、座っている状態から起き上がる動作を意味する「席を立つ」のようなニュアンスです。

「お先に失礼します」も、韓国語と日本語で使い方が似ているが特徴です。

また会う機会があるなら

「またお会いしましょう」というような表現も、挨拶としてよく見られます。

또 봐요.
またね
다음에 봬요.
また会いしましょう

組み合わせる言葉には또や다시、あるいは다음에などがによく使われます。

ちなみに뵈다뵙다は、보다の謙譲語です。

もう会えないかもしれない時

永遠に近い別れや、しばらく会えなくなる時だってあります。

몸 조심하고요.
体に気を付けてね
건강하십시오.
どうかお元気で
잘 먹고 잘 살아.
達者でな

直訳すると微妙な表現もあるので、そのまま覚えましょう。

ちなみに「잘 먹고 잘 살아라」は男同士ならともかく、女性や子供にはむやみに使わない方がいい言葉です。

さいごに

別れの挨拶にどんな表現を使うかは、その場の状況や人間関係にも左右されるので、これが正解というものはありません。

初心者は안녕히 가세요と안녕히 계세요を間違えたりすることがあるかもしれませんが、そのうち慣れるので心配はいりません。

ちなみに韓国人や中国人でも「バイバイ」を使う人は結構います。

日本語は世界共通の言語?かもしれません。