お前のせいだ

너 때문이야(お前のせいだ)なんて言い方をよくしますが、理由や原因などを表す文法「때문이다」を使った表現についてです。

また、때문이다と기 때문이다の違いについても話していきます。

Ads

~ 때문이다の使い方

名刺+때문이다が基本

「~のせいだ」は名詞に때문이다をつけるのが、使い方の基本です。

김대호-R

밤에 잠을 못 자는 건 이것 때문이야.
夜眠れないのは、これのせいだ

김영주-R

너(당신) 때문이잖아.
お前(あんた)のせいじゃないか

이소룡-R

시합에 진 건 나 때문이라고?
試合で負けたのは俺のせいだって?
※나 때문이라고?=나 때문이라고 해?

때문の語尾は、~이에요や~이야だけでなく、間接話法などと組み合わせることも可能です。

動詞や形容詞と때문이다を使いたい時

動詞や形容詞と一緒に使う場合は、ひと手間加えなければいけません。

動詞や形容詞を「名詞」に変えてから、때문이다と組み合わせます。

김영주-L

여름에 곰방이가 많이 발생하는 건 습도가 높기 때문입니다.
夏にカビが発生しやすいのは湿度が高いためです

김지성-L

병원에서 왔기 때문에 집에서 계속 기다리고 있었어요.
病院から連絡が来たから、家でずっと待っていたよ

用言と組み合わせて使う場合は、-기 때문이다の形で表現することになります。

動詞や形容詞を名詞にする方法には、기とㅁ/음がありますが、それぞれの違いにも注意しましょう。

よくないことに使うとは限らない

あんたが悪いんだろ

때문이다は「~のせいだ」のような意味でよく使うため、よくないことが起こった時に使うイメージがあります。

たしかに物事の「原因」を表す場合、よくない内容の文になりがちです。

김철수-R

사막이 아름다운 이유는 그곳 어딘가에 물을 감추고 있기 때문이다.
砂漠が美しいのは、そのどこかに水が隠されているからだ

양승희-L

요리가 맛있는 것은 만든 사람의 마음이 담겨 있기 때문입니다.
料理がおいしいのは、作った人の心がこもっているからです

しかし、このような「理由」を表すの場合、よくないイメージとはかけ離れた文章になることもあります。

したがって、「때문이다=よくない印象の文」という先入観は持たないようにしましょう。

Ads

이다を때문이다と使う

名詞+이기 때문이다

名詞に이다をつけてから、때문이다と組み合わせて使うこともあります。

김지성-L

지원자가 많은 건 대기업이기 때문이에요.
志望者が多いのは大企業だからだよ

양승희-L

정규직이 아니기 때문에 월급이 적어요.
正社員じゃないから、給料少ないです

~이기 때문이다で「~であるせいだ、~であるためだ」というようなニュアンスになります。

이다を使う場合も、이기に変えてから때문と組み合わせます。

이다のあるなしで意味が大きく変わる

名詞と때문이다を使う場合、이다が入るか入らないかで、意味が大きく変わります。

박기영-R

미성년자이기 때문에 체포를 못 합니다.
未成年者だから、逮捕できません

박석중-R

대학병원을 선택한 건 큰 병원이기 때문이에요.
大学病院を選んだのは大病院だからです

もしこの文に이다が入らなかった場合、次のような意味に変わります。

박기영-L

미성년자 때문에 체포를 못 합니다.
未成年者のせいで、逮捕できません

박석중-L

대학병원을 선택한 건 큰 병원 때문이에요.
大学病院を選んだのは大病院のせいだからです

「大病院だから」という理由と「大病院のせいだ」という原因では、まったく違うというか、わけのわからない文になってしまいますね。

こういうこともあるので、気をつけましょう。

Ads

文語でよく使う文法

試験の作文には最適

때문이다は아서/어서と並んで、文語にもよく使う文法です。

강소영-R

미세먼지 농도가 높기 때문에 마스크를 사용하시는 것이 좋겠습니다.
PM2.5の濃度が高いため、マスクを使用した方がいいでしょう

강소영-L

미세먼지 농도가 높아서 마스크를 사용하시는 것이 좋겠습니다.
PM2.5の濃度が高いため、マスクを使用した方がいいでしょう

作文で理由や原因を表す時は、때문이다や아서/어서を使うといいでしょう。

黄砂がひどいからマスク着用

ちなみに日本でpm2.5などと呼ばれる、空気中の微細な有害物質を韓国では미세먼지(微細なほこり)と呼びます。

まとめ

1.名詞+때문이다で「原因」を表す

2.名詞+이다+때문이다で「理由」を表す

3.用言は名詞形(-기)に変えてから
-기 때문이다

이다が入る時はニュアンスに気をつける必要がありますが、それ以外は特に気にせず、どんどん使っていきましょう。