말하다と이야기하다は、どちらも「話す」という意味で使われる言葉です。

そのためにどちらを使った方がいいのか、どちらを使うべきなのか迷ったことはないでしょうか。

今回は말하다と이야기하다の違いと使い分けについて解説していきます。

말하다と이야기하다の違いは?

口から言葉を発するのが「말하다」

말は口から発せられる「意味を持った音」のことをいい、これに하다が付いたのが말하다です。

簡単に言うと、口から言葉を発するのが말하다です。

したがって…

「うおぉ~」
「ぐわぁ~」
「ダァ~」

このようにわめいているのを말하다とは言いません。

流れや構成を持った話をするのが「이야기하다」

이야기하다の이야기は「話」を意味します。

話というのは適当に知っている言葉を並べればいいというわけではなく、言葉が集まって一つの流れや構成を持ったものが이야기です。

誰かが一方的に「語る」こともあれば、何人かで言葉を交わす時もあります。

いずれにせよ말がたくさん集まっているのが이야기とイメージしてみましょう。

이야기하다は「会話」と考えがちになる?

이야기하다というと、つい会話することばかりを考えがちではないでしょうか。

외국 사람이랑 영어로 많이 이야기하고 싶어요.
外国の人と英語でたくさん話したいです

確かにこれなら「英語で会話をしたい」という意味ですね。

그 때 무슨 일이 있었는지 이야기해 주세요.
あの時何があったのか、話してください

しかしこうなると言葉のやり取りは少ないとしても、相手から「流れに沿った話」が語られるでしょう。

コミュニケーションを取るのも話だし、ストーリーを語るのも話です。

이야기하다のニュアンスは少し大きく捉えましょう。

말하다と이야기하다はどちらも違いはない?

「誰にも言わないで」を韓国語で?

大抵の場合、말하다と이야기하다どちらを使ってもニュアンスにさほど違いは出ません。

절대로 아무한테 말하지 마요.
絶対に誰にも言わないでね
이건 아무한테도 이야기하지 말고 너만 알고 있어.
これは誰にも言わず、あなただけ知っておいてね

秘密を口から発することを禁止しているのか、内緒にしておきたいことについて誰かに話すことを禁じてるのか。

どちらにしても、言いたいことは同じですね。

「話があるんだけど」や「何が言いたいんだ?」も基本的には同じ

自分や相手の「言いたいこと」について話をする時もそうです。

얘기가 있는데 나 좀 잠깐 봐요.
話があるんだけど、ちょっといいかな
그러니까 하고 싶은 말이 뭐냐고?
だから何が言いたいのさ?

こちらの言いたいことや相手の話したいこと、いずれにしても말と이야기で意味が変わるわけではありません。

つまり말と이야기を入れ替えてもOKということになります。

「さあ言え!」には말하다?

状況によっては말하다と이야기하다を使い分けた方がいい時もあります。

같이 있었던 놈이 누구야? 어서 말해!
一緒にいた奴は誰だ?早く言え!
・・・

取り調べのような場面で말하다を使うのは、口を割らせるがイメージが強いからですね。

あるいは「言ってほしい一言」がある場合も말하다の方がいいでしょう。

말하다や이야기하다を使わないケースもある

「中国語話せますか」を韓国語にしたら?

말하다や이야기하다を使わないケースもあります。

어떤 외국어를 할 수 있어요?
どんな外国語を話せますか?
혹시 스페인어를 할 줄 아세요?
もしかしてスペイン語話せるんですか?

これらは-ㄹ 수 있다-ㄹ 줄 알다に「하다」を組み合わせているだけですね。

必ずこう言わなければいけないというわけではないですが、こういう表現の仕方もあるという例です。

「さっき電話で話したよ」などと言いたい時

電話で話をする場合には통화하다を使うこともあります。

방금 수경씨랑 통화했는데 내일하고 모레는 바쁘대요.
さっきスギョンさんと電話したけど、明日と明後日は忙しいそうだよ
대학에 입학하고 혼자살고 나서부터는 엄마랑 자주 통화해요.
大学に入学して一人暮らしを始めてからは母とよく電話します

もちろん「전화로 이야기하다」でも間違いではないし、意味は通じます。

しかしより短く簡単に表現できる言葉がある以上、통화하다もどんどん使っていきましょう。

말하다と이야기하다はどちらを用いても問題ないことがほとんどなので、気にせず使いましょう。