韓国で服や靴を買いたいと思った時、知っておくといいのが、服に関する語彙や表現です、

韓国の服は日本とサイズ表記などが異なるため、それらがわかれば買い物が楽になります。

そこで日本と韓国のサイズや服に関する表現などを紹介していきます。

日韓のサイズ表記の違い

靴のサイズ表記の仕方

日本はcm単位で靴のサイズを表示するに対し、韓国はmm単位で表します。

日本と韓国の靴のサイズ表記の例

日本
(cm)
22.0 22.5 23.0 23.5
韓国
(mm)
220 225 230 235

靴は0.5cmごとにサイズが大きくなるので、韓国なら5mmづつサイズが変わるということですね。

シャツやジャケットなど上着のサイズ表記の仕方

Tシャツやコート、ジャケットなど「上に着るもの」も、日本と表示が違うことがあります。

韓国には「90」や「95」といった、数字でサイズを表した服もあります。

Tシャツなどのサイズ表記の例

日本 S M L XL
韓国
(女性)
90
(85)
95
(90)
100
(95)
105
(100)
US 36 38 40 42

日本でMサイズを着ている男性は、韓国では95を選べばいいということになります。

数字は「服の胸囲」を表していて、女性は男性とサイズが違ってきますが、5を引いた数が目安です。

男性用・女性用がない服を買うことがあれば、これらも考慮しながら選んでいくと、より適正なサイズのものを選べると思います。

ちなみにUSのサイズはインチ表記なので、2.5倍すればおおむねcmのサイズと一致します。

首まわりとYシャツのサイズの目安

もし韓国でYシャツを買いたい、買わなければいけない状況になった時。

Yシャツ選びで困るのは、首回りに合わせたサイズ選びでしょう。

首まわりの長さとサイズの目安

首まわり
(목둘레)
36~37 38~39 40~41 42~43
日本 S M L XL
韓国 90 95 100 105

首回りの長さがわかれば、間に合わせでYシャツを買わなければいけない場合でも、とりあえずなんとかなるでしょう。

ちなみに首回りは、목둘레と言います。

韓国のお店や通販で服を買う

通販で必須「裾や着丈」など、上着などのサイズ

通販で服を買う場合は、裾や丈などの情報が「自分に合ったサイズ」を知る手がかりになります。

肩幅 身幅 袖丈 着丈 アーム
ホール
어깨너비
어깨단면
가슴너비
가슴단면
소매길이
소매기장
팔기장
기장
총길이
암홀

サイズ表示において、肩幅や身幅は「-단면」と表示されている場合があります。

例えば가슴(단면)=55cmであれば、가슴둘레(胸囲)は110cmということになります。

あるいはサイズ表に「가슴둘레=120」とあるのに、服のサンプル写真に「가슴x2」のような表示がされている時は、身幅は「120÷2=60」ということになります。

ウエストや裾など、ズボンなどのサイズ

ズボンを買う時、サイズで最も重要なのは「ウエスト」ですね。

ウエスト ヒップ 股上 股下 ワタリ 裾幅 総丈
허리(둘레) 엉덩이
밑위 다리길이
인심
허벅지 밑단 기장

股上・股下など、いろいろありますが、ひとまず허리(ウエスト)기장(総丈)の二つだけ覚えておきましょう。

기장はシャツのサイズでも出てきましたが、全体の丈や長さを表すと思っても構いません。

長袖や半袖、ノースリーブの韓国語は?

ついでに長袖や半袖などの韓国語も覚えてしまいましょう。

日本語 한국어
長袖 긴팔
긴소매
半袖 반팔
반소매
ノースリーブ 민소매
ズボン 바지
半ズボン 반바지

長袖のTシャツなら긴팔티、半袖なら반팔티などと言います。

他にもパーカーを후드티といったり、니트(ニット)や가디건(カーディガン)など、いろいろありますが、キリがないので少しづつ覚えましょう。

ズボンは手直しや修正が必要になるかも

「裾上げ、丈直し」の韓国語は?

お店で服を買う時は、鏡の前で服を当ててみたり、試着できるのがメリットです。

ところで上着やTシャツと違い、ズボンは裾の長さを調整したい、手直したいといったことがあると思います。

기장을 수정하고 싶은데요.
裾の長さを直したいんですけど
기장도 바로 수선이 가능하세요?
裾直しもすぐにできますか?
기장을 수정하는 데 얼마나 걸리나요?
裾上げにはどのくらい時間かかりますか?

裾あげや丈つめは“기장을 수정하다/수선하다”などといいます。

会計の際に裾を直したいことを一言伝えれば、20~30分程度で対応してくれます。

自分の体形に合わせて裾や丈の長さを測る

裾上げや丈詰めをする際には、どのくらいの修正が必要なのか、長さを測らないといけません。

옷가게에서 기장을 잡아서 수선까지 해 줬어요.
服屋で裾を測って手直しまでしてくれました
기장은 잡았지만 수선까지는 안 되더라고요.
長さは測ったけど手直しまではしてくれなかったよ

体形に合わせて服の長さを測る、試着しながらどの程度修正するかを決めることを“기장을 잡다”と言います。

こうした表現を知っているだけでも、韓国で服を買う時には役に立つかもしれません。

裾あげや丈つめはクリーニング店でも可能

裾や丈の修正に対応していない店だったり、通販で服を買った場合は、自分でを手直しをする必要があります。

そういう時は세탁소(クリーニング店)に行きましょう。

바지 수선 좀 부탁드려요.
ズボンの手直しお願いします
기장을 2cm 줄여 주세요.
裾を2cm詰めてください

韓国のクリーニング店でも、洋服の手直しは可能です。

ちなみに以前、近所のクリーニング店で裾の手直しを依頼した時は4000ウォンだったので、日本よりはずっと安いと思います。

韓国のクリーニング店は、なんでもやってくれる感じが結構あります。

特に「靴の洗濯」は、自分で洗うよりもずっと綺麗になるのでおすすめです。

スニーカーを洗うのが面倒になった時は、クリーニングに出してみましょう。