「足のむくみがとれない」

疲れがたまっている時ほど、こうしたことはよくあることですが、足のむくみを韓国語ではどう言えばいいでしょうか?

今回は脚に関する表現を紹介していきます。

腰から下の部位と名前

「脚、下肢」足がむくんだ時の表現は?

肩から手までを「腕」というのに対して、お尻から足までの部分、いわゆる「脚」を韓国語では、다리といいます。

다리를 어깨 넓이만큼 벌리고 두 팔을 앞으로 뻗어 줍니다. 
脚を肩幅に開いて、 両腕を前に上げます

一応、하지(下肢)という言葉もありますが、다리を優先的に練習しましょう。

다리가 붓고 무거울 때는 정맥순환이 잘 안 되는 경우가 많습니다.
足がむくんでだるい時は、静脈の血の巡りがよくないことが多いです

足のむくみというと「ふくらはぎ」をイメージする人もいると思いますが、韓国語では다리가 붓다(脚が腫れる)のように表現します。

「お尻、臀部」のストレッチは腰痛を防止するカギにもなる?

お尻は둔부(臀部)よりも、엉덩이が一般的に使われます。

엉덩이 근육이 약해지면 허리통증이 생기는 경우도 있습니다.
お尻の筋肉が衰えると、腰が痛くなるケースもあります
처진 엉덩이를 올리려고 힙업 운동을 하고 있어요.
垂れたお尻を引き上げるため、ヒップアップの運動をしています
허리통증을 예방하기 위해서는 엉덩이 스트레칭이 효과적이에요.
腰痛防止のためにはお尻のストレッチが有効です

臀部は下半身の中でも、筋肉の占める割合が大きい部分でもあります。

腰とつながっている部分でもあるため、ストレッチなどで血流を促してあげれば、腰痛が改善することがあるかもしれません。

「脚、ふともも」を韓国語で?

ふとももは허벅지といいます。

허벅지는 인체에서 가장 근육이 많은 부위예요.
ふとももは人体で最も筋肉が多い部位です
다이어트를 한다면 허벅지 근육을 늘리는 것이 중요합니다.
ダイエットするなら、ふとももの筋肉を増やすのが大事です

お尻とならんで筋肉量が多いと言われているのがふとももです。

ずっと座って勉強するのに疲れたら、下半身の筋肉を鍛えるスクワットで気分転換してみるのもいいかもしれません。

膝から下の部位と名前

膝の十字じん帯断裂はドラマでよくある?

スポーツをやっている人は、무릎(膝)に関する表現は必須?かもしれません。

10년전에 다친 무릎이 가끔 시큰거려요.
10年前に痛めた膝が、時々ズキズキします
약국에서 무릎을 보호해 주는 보호대를 샀어요.
薬局で膝を保護してくれるサポーターを買いました
삼순이는 무릎 십자인대 파열로 군면제를 받았습니다.
サムスンは膝の十字靱帯断裂で兵役免除になりました

肘や膝は관절(間接)や인대(靱帯)などとセットで練習すると、まとめて単語を覚えられます。

また「膝の十字靱帯断裂で兵役免除」とかは、ドラマにもたまに出てくる言葉なので、それっぽい場面になったら注目してみましょう。

ちなみに보호대は、サポーターやプロテクターのようなものを指す表現です、

急に激しい運動をすれば「ふくらはぎ」が肉離れを起こすことも

急に走ったりした時に、肉離れを起こすこともある「ふくらはぎ」の韓国語は、종아리です。

갑작스러운 운동으로 종아리 근육이 파열됐어요.
急な運動でふくらはぎの筋肉が肉離れしました
종아리나 허벅지의 근육 파열이 일어나면 못 걸을 수도 있어요.
ふくらはぎやももの筋肉が断裂すると歩けなくなるこもあります

脚が筋断裂(肉離れ)を起こすと、歩けなくなったりすることもあるので、体を動かす時は準備運動をしっかり行いましょう。

ところで「ふくらはぎだけ『むくみ』がひどい」という人もいると思います。

한 쪽 종아리만 붓기가 너무 심해요.
片方だけ足のむくみがひどいんです
종아리 붓기를 빼기 위해서 밤에 다리 마사지를 해요.
ふくらはぎのむくみを取るのに、夜にマッサージをしています

むくみは붓기ですが、脚の部位に合わせて組み合わせる言葉も変えてもいいでしょう。

叩かれるたりぶつけると超痛い「すね」

叩かれたりぶつけたりすると痛い「すね」は、정강이と言います。

정강이 뼈에 금이 간 것 같습니다.
すねの骨にひびが入ったようです
의자에 정강이를 부디쳐서 멍이 들었고 게다가 엄청 부었어요.
椅子にすねをぶつけてあざになって、しかもすごい腫れたよ

すねは簡単に鍛えられる部位ではないので、時にはプロテクターで保護する必要があります。

ちなみにサッカー選手が使う「すねあて」は、정강이 보호대となります。

まとめ

日本語 한국어
다리
ふともも 허벅지
ひざ 무릎
すね 정강이
ふくらはぎ 종아리

朝鮮半島では昔、子供がお仕置きとして「ふくらはぎを細い棒のようなもので叩かれる」というものがありました。