2月から3月の韓国は、미세먼지(微細ほこり)と呼ばれる「pm2.5など」の大気汚染物質の広がりがひどくなる時期と言われています。

特にミセモンジがひどい日の空は、霧がかかったようになり、視界がぼんやりとします。

今回は、韓国のpm2.5や大気汚染対策などについてまとめてみました。

韓国のpm2.5がどのくらいか調べたい

スマホアプリの「AirVisual」がオススメ

韓国に滞在、あるいは旅行などで渡航する人は、その日の「大気の状態」が気になると思います。

できれば、空気の綺麗な日に外に出たいものです。

そこで、スマートフォンのアプリを使いましょう。

AirVisual(大気汚染, 空気の品質モニタリングと予報)

評価:
価格:無料
開発:AirVisual

韓国だけでなく日本の大気の状態も確認できる

アプリを立ち上げると、デフォルトで設定されている地域の大気の状態が表示されます。

この時点で、ソウルの空気はよくない状態であることがわかります。

AirVisualには予報の機能もついていて、数時間後から数日後は、大気がどのようになるかを見ることもできます。

また、このアプリの特徴は、世界中の大気の状態がわかることです。

そのため韓国だけでなく、日本のpm2.5の状況を調べることも可能です。

새 장소 추가하기(新しい地域の追加)から、調べたい都市名を入力しましょう。

「tokyo」と入力してみました。

東京の大気の状態が表示されます。

この日の東京は、空気が少し良くないようです。

直感的に大気の状態を確認できるビジュアル機能

他の地域と大気の状態を比べたい時に便利なのが、地図表示です。

地図上に空気の状態を数値化して表示してくれるので、どのエリアの空気の状態が悪いのか(良いのか)が一目でわかります。

地図を拡大させていけば、韓国はもちろん東京や大阪など、他の地域の状態も調べることができます。

また、AirVisualのすごいところは、ビジュアル機能がついていることです。

これは直感的に大気の状態を確認できるもので、風の流れと合わせて、大気の状態を色で表示してくれます。

青や緑は空気がきれいなところで、黄色や赤はpm2.5が多い地域です。

こうして見ると、やはり中国の大気は非常に良くないのがわかります。

ちなみにAirVisualには「PCサイトのページ」もあり、こちらはより細かい情報が確認できるようになっています。

空気の状態が良くない日は「マスクの着用」が基本

韓国のマスクはバリエーションも豊富

韓国には、日本のような「紙のマスク」と、韓国特有?の「布のマスク」が売られています。

白いマスクもかなり出回るようになりましたが、韓国といえばやっぱり黒マスクでしょう。

以前はあまりマスクをつけない人が多かった韓国ですが、最近はマスクを使う人が増えました。

それだけ、大気汚染に対する意識が高まってきていると言えます。

pm2.5に有効なマスクでおすすめは?

pm2.5が気になる人は、これらをしっかり遮断してくれるマスクが有効です。

マスクを選ぶ際に「KF94」などの表示のあるか確認しましょう。

薬局でも、2500~3000ウォン前後で購入できます。

ただ、使い捨てマスク1枚でこの値段なので、少し割高な感じはすると思います。

マスクの表示で「KF」ってなに?

マスクに書かれているKFとは「korea Filter」の略で、フィルターとして一定以上の機能を持っていることを意味する認証です。

KFの表示とランク

KF80 0.6μmの粒子の80%以上を遮断
KF94 0.4μmの粒子の99%以上を遮断
KF99 0.4μmの粒子の99%以上を遮断

これらのマスクは黄砂も防げるので、KF80以上の認可を受けたものなら、とりあえず大丈夫ということになります。

ところで、厳密にはpm10を미세먼지、pm2.5は초미세먼지といいます。

pm2.5:2.5μm以下の粒子
pm10 :10μm以下の粒子
(pm2.5の方が小さい)

しかしこれらをまとめて「미세먼지」と呼ぶことは多いので、普段の会話では「pm2.5=미세먼지」のような感覚で使って問題ありません。

韓国の「個人でできるpm2.5対策」にはどんなものがある?

うがい手洗いだけでなく、洗顔やシャワーを浴びるのが理想

個人でできる韓国のpm2.5対策も紹介します。

まず、マスクの着用以外で基本になるのが「うがい手洗い」ですが、pm2.5の粒子が付着するのは手だけではありません。

そこで推奨されているのが、外出後すぐにシャワーを浴びることです。

「全身綺麗に洗ってしまえばいいじゃん」ってことですが、シャワーを浴びる時間がない場合もあると思います。

そういう時は、洗顔をするだけでもいいそうです。

一度着た服はすぐに洗濯する

体だけでなく、服も洗ってしまえという発想です。

しかし、みんな毎日洗濯できるとは限らないし、コートなどは簡単に洗濯できるものでもありません。

ところがそんな中、スーツなど手軽に洗えない衣類に着いた「ほこりや花粉など」をとってくれるクローゼットは人気があるようです。


LG styler ミラー S3MF

ただこういうものは、それなりに値段もします。

できる範囲で、こまめに洗濯を行うがいいのではないかと思います。

意識して水分を取ろう

水分の摂取を心がけるのも大事です。

利尿作用を促し、体の中に入り込んだものを流し出してしまおうという考え方ですね。

ただし水分といっても、コーヒーはカフェインが含まれているため、飲みすぎはよくありません。

カフェインの少ないお茶や水にしておきましょう。

ちなみに、옥수수차(とうもこしのひげ茶)は、体の中の老廃物などを排出する働きが高いそうです。

韓国で行われている大気汚染対策は?

大気汚染のひどい日は車の利用が制限される

韓国政府・国が行っている対策として、pm2.5のひどい日は、自動車の使用が制限されます。

차량2부제(車両2部制)といい、日付の数字によって、その日運転できる乗用車が変わります。

차량2부제とは?

カレンダーの日付が偶数か奇数かによって、その日使用してもよい車を決めるというものです。

偶数日:ナンバープレートの末尾が偶数の車はOK
奇数日:ナンバープレートの末尾が奇数の車はOK

例えば奇数日の場合、偶数ナンバーの車は運行していけないということになります。

対象は主に公務員で、規制がかかると彼らは電車やバス、あるいはタクシーを使って通勤することになります。

規制は乗用車だけではない「トラックや工場なども」

pm2.5による規制は、乗用車だけではありません。

一定以上の排気量のトラックなども対象になります。

また、工場から出る排気も問題になっていて、規制がかかると工場は一時操業を停止しなければならなくなります。

まさに「国全体」で 大気汚染対策に取り組んでいるという感じですね。

さいごに

個人でできるpm2.5対策には限度があるものの、基本はマスクの着用ですね。

ちなみに韓国には、미세먼지 많은 날 삼겹살을 먹으면 좋다(pm2.5のひどい日はサムギョプサルを食べるとよい)という話があります。

ただこれは、俗説で「医学的な根拠はない」そうです。

しかし豚肉のビタミンB1には疲労回復の効果もあるようなので、免疫力という意味では何かしらの効果はあるかもしれません。