ガソリンの韓国語を辞書で調べたことがある人はわかると思いますが、가솔린とか휘발유など、いくつかの語彙が出てきてます。

ところが韓国で「가솔린」と言う人はまずいません。

ガソリンの韓国語として、実際によく使う言葉はどれなのでしょうか?

ガソリンは휘발유、スタンドは주유소

韓国にもレギュラーやハイオクはある

ガソリンを韓国語では、휘발유と言います。

휘발유は漢字で「揮発油」と書きますが、揮発性の高い油のことを指すわけではありません。

またガソリンスタンドを韓国では주유소(注油所)と言いますが、扱っている油は次のように表現します。

휘발유:レギュラー
고급휘발유:ハイオク
경유:軽油
등유:灯油

日本のガソリンには「レギュラー」と「ハイオク」の2種類がありますが、韓国でも似たような感じですね。

あるいはレギュラーとハイオクを、일반유고급유のように呼び分けることもあります。

単に기름と言う時もある

ガソリンのことをシンプルに、기름ということもあります。

이제 기름이 떨어질 것 같아요.
もうガス欠になりそうです
얼른 주유소로 가서 기름을 넣어야겠네요.
はやくスタンドに行って油入れないとね

車やストーブなどの燃料のことを「油」と呼ぶのも、日本と同じですね。

요즘 기름이 많이 올라갔어요.
最近、油の値段がすごい高くなったよ

기름값と表現してしまえば、ガソリン代や灯油代、あるいは原油価格といったニュアンスまで表現可能です。

便利な言い方なので、ぜひ知っておきましょう。

「満タン」はそのままでも通じる?

ガソリンスタンドで給油する時に「レギュラー満タンで」といった言い方もすると思います。

満タンは韓国語でも、そのまま만땅で通じたりします。

휘발유 만땅이요.
レギュラー満タンで
고급유 가득이요.
ハイオク満タンで

あるいは「いっぱい」を意味する가득を使っても構いません。

일반유를 가득 넣으면 얼마 나오나요?
レギュラーを満タンに入れるといくらになる?
만땅으로 출발해 급유계시판의 바늘이 1칸이 내려갔어요.
満タンで出発して、燃料計の針が1目盛り下がりました

만땅と가득、どちらでも問題ないので、給油に関する話題になった時にでも使ってみましょう。

휘발성이 강한 기름에 불을 가까이 해서는 안됩니다.
揮発性の高い油に火を近づけてはいけません

ちなみに「揮発性が高い」は、휘발성이 강하다と言います。

寒い時期、火の扱いには気をつけましょう。