語学力の高い人を見ると、つい「そうでない自分」と比較してしまうことはないでしょうか?

あの人は留学したから、韓国語が上手なんだ…
彼女は韓国人の友達がたくさんいるけど、自分はそうじゃないから…

だから、自分も留学すれば話せるようになるかもと考えている人も多いでしょう。

ところで、韓国に留学すると話せるようになるというのは本当なのでしょうか?

先生、今日はうちの母が来てるんです。
韓国語を習いたいらしくて。
あ、うちも姉が来てますよ。
おお!
入会希望者は大歓迎だぞ。
こんにちは。
こんにちは。
こんにちは。
どうぞ、こちらに。
本当にお前のお姉さんか?
似てないぞ
そういうこと言わない!
ところで、韓国語の勉強は初めてですか?
いえ。
独学で勉強していたんですが、なかなかうまくならなくて…
やっぱり、誰かから教わる方が早いんでしょうか?
必ずとは言えませんが、そういう部分はあります。
せっかくですので、これまでどういう方法で勉強をしてきたのか、少しお話していただけますか?

勉強には最適の環境「韓国留学のメリット」

思い切って留学するか考えてますか?

私は書店で購入した教科書を使ってて、読み書きはそれなりにできるようになったつもりです。
でも、会話になると相手の言ってることがまるでわからなくて…
聞き取りが苦手ということでしょうか?
はい。
話すのはどうですか?
簡単な受け答えはなんとか。
でも、少しでも難しくなると話せなくなります。
네(はい)・아니요(いいえ)・이거(これ)・저거(あれ)を使いながら、なんとか乗り切ってるといったところですか?
そうです!
私はいろんな教材を買ってはみたんですが、どれも自分には合わなくて…
それに毎日勉強する時間も取れないんです。
働いている方にとって、勉強時間の確保は難しい問題ですからね。
「留学して1年でペラペラになった」とかいう話を聞くと、思い切って韓国に住んでみようかなって考えたりもしてます。
どのくらい勉強すれば、話せるようになるんでしょうか?
個人差もあるし、このくらい勉強すればいいですよと断言するのは難しいですね。
そうですか…
ただ、個人差があると言っても、目安のようなものはありますよ。

韓国語が話せるようになるまでの平均時間

もし韓国に留学したら、どのくらいで話せるようになると思いますか?
半年くらいあれば、それなりの会話はできるようになるのではないでしょうか?
それなりの会話というと?
専門用語はわからなくても、日常生活に必要な表現はできるようになる気はします。
なるほど。
まあ「半分正解で、半分はずれ」といったところですね。
半分ですか?
まず、韓国の「語学学校のカリキュラム」をちょっと説明しましょう。

語学学校の授業とレベルは?

韓国には「語学堂」といって、大学付属の語学学校があります。

1~6級のレベルに分かれて授業が行われ、4級以上を修了すれば、外国人が韓国の大学に入学するための条件の一つ「語学力」をクリアできることになります。

初級:1級、2級
中級:3級、4級
上級:5級、6級

したがって、中級が「ある程度の会話ができるかどうかの目安」と考えてもいいでしょう。

韓国語が全くできない状態で入学すれば、1年間で4級まで勉強することになるので、それなりの会話はできるようになるとも言えます。
でも、どうして「半分はずれ」なんですか?
1年というのは「平均値」であって、個人差があるんですよ。
1年で韓国語を覚えられない人もいるということですか?
極端な言い方をするとそうなんですが、語学学校に入学すると、1日にどのくらいの時間勉強すると思いますか?
3~4時間くらいですか?

語学学校の授業時間は?

語学学校では、およそ3か月を1学期として、以下のようなスケジュールで授業が行われます。

授業日:月~金
授業時間:4時間
総授業時間:200時間

1級から4級までを終了すれば、トータルで800時間

800時間 ÷ 365日 = 2.19

1日平均なら、毎日およそ2時間づつ勉強していることになります

1日平均2時間なら、思ったよりも少ない気もしますね。
ただし、これは「学校での勉強時間だけ」を指しているのであって、自宅に戻って宿題や課題をすれば、その分だけ勉強時間は増えていきますよ。

1日の平均勉強時間で見る年間の学習時間

1日平均 年間
3時間 1095時間
4時間 1460時間
5時間 1825時間
6時間 2190時間
7時間 2555時間
8時間 2920時間
学校での1日平均2時間に加えて、さらに自宅で1時間ちょっと宿題をしただけでも、年間で1000時間を超えるんですね。
ある程度話せるようになるためには、このくらいの時間は勉強する必要があるわけですが、こうした勉強時間を確保できるのが、留学のメリットです。
やっぱり留学した方が、話せるようになりそうですね。

留学のデメリットはある?

本人の性格にも左右される会話力

ただし留学にはデメリットもありますよ。
留学しても話せるようになるかどうかは、個人差が激しいんです。
留学はいいことずくめのような気がしますけど?
先ほどの勉強時間の話は、基本的に「真面目に勉強すること」が前提なので、適当に過ごしている人が上達するかどうかはわからないですよね?
でも韓国人の友達ができて、彼らと遊びながらでも、どんどん上手くなる人はいますよね?
もちろん教科書を見ることだけが勉強ではないですから。
韓国人と話しながらでも学べることはたくさんあるし、どんどん会話すれば勉強したことが身に付きやすくなるのも事実です。
やっぱり韓国の人たちと、話せる機会があるというのは大事ですよね。
韓国人と話す場を作るのも必要ですが、それよりも積極的に会話に参加できるかが重要なんです。
「もう少しうまくなってから」と言いながら、なかなか話さない人っていませんか?
私がそういうタイプかも…
「通じなかったらどうしよう」とか考えちゃって。
こっちが話しても、返ってきた答えを聞き取れないと、そこで会話が止まっちゃうし。
それでもお構いなしに、どんどん話をしていけるか。
言葉が通じない分はボディランゲージでカバーするとか、どこまで自分から会話に入っていけるか。

こうした「壁」をこえられるかが、会話では大事になってくるんです。

簡単ではないですね。
本人の性格にも左右されるので、難しいところです。
当然、語学学校でも日本人同士で仲良くしてばかりいると、どうなるか想像はできますよね?
せっかく韓国に留学したのに、日本語だけ話して終わってしまいそう…
その通りです。
日本人同士で情報を交換したりするのはいいことなので、日本人と仲良くするなとは言いません。
授業以外の時間に、日本語ばかり話しているのがいけないんですね。
そういう意味でも、自分からどんどん韓国語を使っていく必要はありますよ。

実力の伸び方も人それぞれ

語学は「ある時を境に、急に力が伸びる」って話を聞いたことがあるんですが、どうなんでしょうか?
実力の伸び方と感じ方にも、やはり個人差はあると思った方がいいでしょう。
上達しにくい人もいるってことなんでしょうか?
誰にでも得意不得意の差は出ますからね。
「得意不得意の差」ですか?
なんだかピンと来ないですね…
語学は「聞く、話す、書く、読む」の4つが、それぞれどのくらいかによって、能力を判断します。
何を言っているのか聞き取れるけど、話すのが苦手とか…?
そうです。
話すのと書くのは得意だけど、読むのが遅いという人だっていますよ。
そうなんですね。
例えば、初級レベルの時に「話す力」が伸びた学生がいたとします。
周りから見れば、短期間ですごくうまくなったように見えませんか?
「あっという間に話せるようになった印象」を受けると思います。
ところが、その学生も「中級から実力がなかなか伸びなかった」とすれば、どうでしょう?
他の学生も力はつけていくだろうし、周りとの実力差は無くなっていくと思います。
さらに、もし「読み書き」が苦手だとしたら?
そこそこ話せるけど、試験問題には弱そうですね
そうなんです。
だから短期間でうまくなった人を見て、「自分はだめだ」とか落ち込む必要はないんです。
勉強の仕方にもよるんだろうけど、どの能力がどう伸びていくかにも、個人差があるんですね。
当然、高い学費を払ったのに「思ったほどうまくならなかった」ということはありえます。
これが留学のデメリットですね。
でも、留学はメリットの方が大きそうですね。
結局は、韓国でどのような時間を過ごすのかですから。
ところで、みんなが留学できるわけではないし、留学しなくても語学力をつけることは無理なんでしょうか?
留学しなくても語学力をつけることは、十分可能ですよ。
本当ですか?

まずは勉強時間を確保しよう

日本で勉強しながらでも、韓国語を話せるようにはなれますが、それなりの「工夫と努力」が必要になります。
どんなことをしていけばいいんでしょうか?
まずは、勉強時間を確保することです。
そのために手っ取り早いのは、睡眠時間を削ること。
夜遅くまで勉強しろってことですか?
そうとは限りません。
夜中に勉強してもいいですが、朝早く起きても構わないですよ。
平日に一日1時間勉強したとして、これだけでも1年で240時間くらいの勉強はできますよ。
韓国の語学学校1学期分以上の勉強時間にはなりますね。
体力に自信のある人なら、1日3~4時間の睡眠でも、平気かもしれないですよね。
でも私には、1日3~4時間の睡眠なんて無理です。
もちろん、体力のない人がいきなりこんなこと始めたら、体を壊してしまうかもしれないでしょう。
そうですよ…
だから平日無理をした分は、週末に睡眠をとるとか、休みもしっかり取りましょう。
例えば「日曜日だけは昼まで寝る」とか。
お昼まで寝てたら、時間がもったいない気もしますけど。
自分に合った方法で構わないですよ。
テレビやスマートフォンでSNSを見る時間を削るとか、あるいは「スキマ時間」を利用するという手もあります。

1日30分でもいいので、少しでも勉強できる時間を確保するんです。

でも時間のやりくりだけでは、限度がありますよね。
短い時間でも、より集中して勉強できるような工夫も大事ですね。
例えば「耳栓」をして、雑音を遮断してもいいし。

学習環境を少しでも良くするとでも言えばいいでしょうか。

他に、何か効率のいい勉強法とかはないんでしょうか?
語学において「効率のいい勉強法」とか「これさえやれば話せる」といったものはないと思った方がいいですよ。
そうですか…
ダイエットでも、簡単に○キロ減量とか言ってるようなものは、あてにならない場合がほとんどでしょう。
そうかもしれないですけど。
逆に、やってはいけない勉強法とかはありますよ。
それも興味ありますね。
やってはいけない勉強法があるというのは、言い変えれば「どのように勉強していくべきか」という意味でもあるので。
ぜひ聞かせてください。

やってはいけない勉強とは?→