鼻水がでる

韓国で生活する上で、覚えておきたい風邪に関する表現を紹介していきます。

簡単にでいいので、自分で症状を説明できるようになりましょう。

病院で医師の診察を受けたり、薬局で薬を購入する場合にも役立ちます。

Ads

かぜや病気にかかった時

「風邪をひく」と風邪の種類

風邪をひくは감기에 걸리다です。

女子2-R

어제부터 감기에 걸린 것 같아요.
昨日から風邪ひいた気がする

単なる風邪なら감기ですが、鼻風邪など細かく表現したい時は言葉を少し変えます。

熱の風邪:열감기
鼻風邪:코감기
喉の風邪:목감기

また、걸리다は他の病気などにも使える言葉です。

ちなみに감기를 걸리다という人も多いですが、文法上は間違いです。

インフルエンザを韓国語で?

インフルエンザは外来語なので、そのまま인플루엔자となりますが、実際はインフルエンザという単語よりも독감(毒感)という言葉を使います。

女子4-L

중국에서 조류독감의 확산이 우려되고 있습니다.
中国で鳥インフルエンザの感染拡大が懸念されています

リーR

중국에서 돼지독감으로 인한 사망자가 확인된 것으로 보입니다.
中国で豚インフルエンザによる死亡者が確認されたようです

鳥インフルエンザ(AI)と豚インフルエンザは、조류(鳥類)と돼지(豚)それぞれを독감と組み合わせます。

他の病気にかかった時

風邪に限らず、病気にかかるという表現には걸리다です。

タバコの煙

담배를 피우면 폐암에 걸릴 확률이 높아진다.
タバコを吸うと肺癌にかかる確率が高くなる
옛날에는 결핵에 걸린 사람이 많았었다.
昔は結核にかかる人が多かった。

病名には漢字語が多いので、日本人には覚えやすいのではないかと思います。

Ads

風邪の種類と症状を説明する

風邪にかかってしまったら、病院や薬局に行くと思います。

そうなれば、医者や薬剤師に증상(症状)をえなければいけません。

鼻水が出るのか、熱があるのか、あるいは喉が痛いのか、症状に合わせた表現を覚えておきましょう。

韓国の薬局では、症状を伝えるとそれに合わせて薬剤師が薬を選んでくれます。

熱のかぜ

兵士-L

열이 나고 오한도 있어요.
熱が出て寒気(悪寒)もします

女子2-L

열이 40도까지 나서 그런지 오한이 와요.
熱が40度まで出てるせいか寒気がします

熱が出るは열이 나다、寒気がするは오한이 오다/있다です。

鼻のかぜ

デブ-R

콧물은 안 나와요.
鼻水は出ないです

男子2-R

재채기를 하면 걸쭉한 콧물이 뭉텅이로 나와요.
くしゃみをすると粘っこい鼻水のかたまりで出てきます

鼻水が出る:콧물이 나다/나오다
くしゃみをする:재채기를 하다

鼻風邪に関しては、最低限このくらいは覚えておけばいいでしょう。

喉のかぜ

女子1-L

기침이 나고 가래가 자꾸 생겨요/걸려요.
咳が出てかなり痰がからみます

アジュンマ-L

가래기침이 심해요.
痰がからむ咳がひどいです

のどが痛い:목이 아프다
咳が出る:기침이 나다/나오다
痰がからむ:가래가 생기다

のどの風邪は、とりあえずはこのくらいでしょうか。

急に熱が出た時

ビッグボス-R

몸살이 났어요.
熱出したよ

疲れが溜まることで、急に熱が出ることもありますよね。

いわゆる疲れからくる発熱のことを、몸살이 나다と言います。

Ads

風邪や病気に関するその他の表現

「風邪気味」はどう言えばいい?

風邪気味は감기 기운이 있다と言い、風邪の気があるって感じになります。

アジュンマ-R

어제부터 감기 기운이 있어요.
昨日から風邪気味なんだよね

かなり実用度の高い表現です。

風邪をうつす、うつされる

風邪をうつされた

風邪をうつす、うつされるには옮기다を使います。

デブ-L

감기를 누구한테 옮겨받은 거야?
風邪を誰にうつされたんだ?

兵士-L

얘가 나한테 옮겼어.
こいつが俺にうつしたんだ

うつす:옮기다、옮겨주다
うつされる:옮겨받다

옮기다は風邪以外にも使える表現です。

お大事にはなんて言う?

女子3-R

빨리 나으세요. 
빨리 회북하세요.
早くよくなってください

こういった表現はありますが、なぜか病院や薬局で言われたことは一度もありません。

患者が帰る際に「안녕히 가세요~」と言っているのしか見たことがありません。

「お大事に」と言いたい時は、「早くよくなってください」と言えばいいでしょう。

重症患者には何と言えばいい?

意識不明の重体患者のような人に呼びかけてあげたい時は何と言えばいいでしょうか。

緊急入院中

鬼軍曹-R

빨리 일어나.
早く目をさませ

直訳すれば「はやく起きろ」となりますが、意識を取り戻し、起き上がれる状態になってくれというニュアンスです。

実際に使うことはまずないとは思いますが、ドラマなどで出てきた場合は注目してみましょう。

挨拶にも使えそうな表現

「お大事に」というよりは、予防を促すための言葉です。

医者-L

조심하세요.
お体に気をつけて

ビッグボス-L

감기 조심하세요.
風邪にひかないでね

こういう言葉は、健康な人に言ってあげましょう。

すでに風邪をひいている人、病気にかかってる人に対して「お体に気をつけて」と言ったところで、手遅れです・・・

風邪や病気がよくなってきた、回復してきた時

体調がよくなってきた時には、何と言えばいいでしょうか。

男子1-R

많이 좋아졌어요.
だいぶよくなったよ

女子1-R

이제 다 나았어요.
もうすっかり治ったよ

좋아자다は、形容詞+아/어지다で「変化」を表す文法です。

また、낫다は病気などが治るという意味で、다 나았어요はセットで覚えましょう。

まとめ

1.風邪をひく:감기에 걸리다

2.風邪の種類
熱の風邪:열감기
鼻風邪:코감기
喉の風邪:목감기
疲れからくる熱:몸살이 나다

3.風邪の症状
熱がでる:열이나다
寒気がする:오한이 오다/있다
咳がでる:기침이 나다/나오다
痰がからむ:가래가 생기다/걸리다
鼻水が出る:콧물이 나다
くしゃみが出る:재채기가 나다

5.風邪をうつすは옮기다

6.お大事に
빨리 나으세요
회복하세요

7.回復したら
많이 좋아졌어요.
다 나았어요.

普段から体調管理には気をつけ、風邪をひかないのが一番です。