紅葉の葉の色が変わる時、大抵は「赤くなる」と言うことが多いのではないかと思いますが、これを韓国語ではどのように表現するでしょうか?

今回はこのように「変化」が見られた時に使う表現です。

外見上の変化をはじめ、様々なものの移り変わりを表してみましょう。

「~くなる」の韓国語

異なる点や変化が見られた時

-아/어지다は、どこか変わった点が見られた時に使います。

変わった点がある?

글자가 작아요.
文字が小さいです

↓↓↓

글자가 커졌어요.
文字が大きくなりました

代表的な例は、色や大きさといった「見た目の変化」です。

日本語なら「~くなる」と考えてもいいでしょう。

性質や特性などが変化する

-아/어지다は、形容詞と一緒に使いましょう。

形容詞 + -아/어지다

작다 + -아/어지다 = 작아지다
좁다 + -아/어지다 = 좁아지다
나쁘다 + -아/어지다 = 나빠지다

길다 + -아/어지다 = 길어지다
넓다 + -아/어지다 = 넓어지다
무겁다 + -아/어지다 = 무거워지다

약하다 + -아/어지다 = 약해지다
시원하다 + -아/어지다 = 시원해지다
따뜻하다 + -아/어지다 = 따뜻해지다

文型は-아요/어요に「지다」を付け足したと思えばいいでしょう。

해가 져서 하늘이 어두워졌어요.
日が沈んで空が暗くなりました
(어둡다)
집에서 회사까지 거리가 가까워졌어요.
家から会社まで距離が近くなりました
(가깝다)
앞머리가 길어졌네요.
前髪が長くなりましたね
(길다)

まずは身の回りの比較的簡単なものから表現してみるといいでしょう。

「-아/어지다」を動詞と使わない

-아/어지다の一番の特徴とも言えるのが、形容詞を動詞に変えることで変化を伝えることです。

점점 날씨가 더워지는 것 같습니다.
だんだん暑くなってきているようです
유진이를 만나면서 좀 착해졌어요.
ユジンと付き合いながら、少し優しくなりました

ところが動詞に-아/어지다を使うと「受け身の表現」になります。

1년 동안에 600톤을 넘는 쓰레기가 버려졌습니다.
1年の間に600トンを超えるごみが捨てられました
(受け身)
남겨진 가족들은 어떻게 해요?
残された家族はどうすればいいの?
(受け身)

文型は似ていても、ニュアンスは全く違うので気を付けましょう。

肉体や精神の変化には欠かせない表現

見た目の変化にもよく用いられる

-아/어지다は性質や特徴が変わることを表すので、人間の見た目の変化などにもよく用いられます。

오랫동안 운동을 안 하면 뚱뚱해질 수 있어요.
ずっと運動をしないと、太ることもありますよ
야채도 잘 먹으면 몸이 든든해질 거예요.
野菜もしっかり食べれば体が丈夫になりますよ
날씬해지고 싶으면 운동해야 해요.
痩せたいなら、運動しないとだめです

体形や体力の変化など、表現できることはたくさんあります。

感情など抽象的なものの変化

-아/어지다は「性格や感情」など、目に見えない抽象的なものに対して使ってもOKです。

맛있는 거를 먹고 기분이 좋아졌어요.
美味しいもの食べて、気分よくなりました
겨울이 되면 고향이 그리워집니다.
冬になると故郷が恋しくなります
예전보다 성격이 밝아졌어요.
以前よりも性格が明るくなりましたよ
기분이 우울해지고 한숨만 나와요.
気分が憂鬱になって、ため息しか出ません

形容詞は外見的な特長を表すだけではないので、様々な変化を表現できるわけです。

形容詞を「-아/어지다」にしてみる

形容詞を「-아/어지다」に変えてみましょう。

컴퓨터의 부팅속도가
パソコンの起動の時間が遅くなりました
(느리다)
이번엔 행사의 규모가 조금
今回はイベントの規模が少し小さくなりました
(작다)
충전을 할 때 폰이
充電する時、携帯電話が熱くなるんです
(뜨겁다)
청소가 끝나서 방이 엄청
掃除が終わって部屋がとってもきれいになりました
(깨끗하다)
갑자기 눈앞이
突然目の前が真っ暗になったんです
(깜깜하다)
고객의 만족도가 더욱
顧客満足度がさらに高くなりました
(높다)
며칠이 지나면 금방
何日か経てば、すぐになれると思いますよ
(익숙하다)
체력이 떨어지면 면역력이
体力が落ちると、免疫力が弱くなることもあります
(약하다)

※タップして答えを確認できます。

-아/어지다に慣れるまで、最初は簡単な単語から練習してみましょう。