「昔は嫌いだったものが、今では好きになった」
「以前よりも定期的に体を動かすようになった」

どんな人も前と比べて、何か一つくらいは変わったことはあると思います。

そんな「前と変わったこと」を韓国語で表してみましょう。

「~するようになる」の韓国語

以前と比べて「変わったこと」がある時

-게 되다は、前と比べて変わったことがあった時に使います。

前と変わったこと?

以前
매운 음식을 잘 안 먹었어요.
辛いものをあまり食べませんでした

現在は辛いものをよく食べる
↓↓↓

現在
매운 음식을 잘 먹게 됐어요.
辛いものをよく食べるようになりました

行動や習慣に変化が起こった時、それらがどのように変わったのかを表現します。

行動や習慣が変わった結果

-게 되다は、動詞の語幹と組み合わせて使いましょう。

動詞 + -게 되다

가다 + -게 되다 = 가게 되다
쓰다 + -게 되다 = 쓰게 되다
만나다 + -게 되다 = 만나게 되다

먹다 + -게 되다 = 먹게 되다
읽다 + -게 되다 = 읽게 되다
돕다 + -게 되다 = 돕게 되다

공부하다 + -게 되다 = 공부하게 되다
요리하다 + -게 되다 = 요리하게 되다
전화하다 + -게 되다 = 전화하게 되다

日本語なら「~するようになる」のような文ですね。

아버지랑 같이 중국에 가게 됐어요.
父と一緒に中国に行くことになりました
학교에서 가까운 곳에 이사해서 지각을 안 하게 됐어요.
学校から近いところに引っ越して、遅刻しなくなりました
한국에서 살면서 매운 음식을 많이 먹게 된 거예요?
韓国に住んでるうちに、辛い物をよく食べるようになったんですか?

되다を過去形にして「~するようになった」と表現するのは定番なので、しっかり覚えておきましょう。

ちなみに-게 되다は、こんな使い方もできます。

넌 반드시 후회하게 될 거야.
あんた絶対後悔することになるよ (ㅇ)

-ㄹ 것이다だけでなく、他の文法とも組み合わせながら使ってみましょう。

「-게 되다」を形容詞と使うのはおかしい?

形容詞と使ってもいい場合とは?

-게 되다を形容詞と使っても問題ない場合とは、どういうケースでしょうか。

찌개가 너무 짜게 됐네요.
チゲがすごいしょっぱくなりましたね
맛이 좀 맵게 됐어요.
味が少し辛くなりました

調理の結果「しょっぱくなった、辛く仕上がった」という意味で、何かをした結果を表すのであれば、形容詞と使っても問題ありません。

慣れるまでは動詞のみと使おう

内容によっては-게 되다と形容詞を組み合わせると、文がおかしくなることがあります。

날씨가 좋게 됐어요.
天気が良くなりました (x)
날씨가 나쁘게 됐어요.
天気が悪くなりました (x)

人間が天気をコントロールするのは不可能なように、何かをした結果ではありませんね。

ちなみに-게 되다と形容詞の使い方を間違えると、とんでもないことになる場合もあります。

形容詞と-게 되다を使う時はちょっと気を付けましょう。

動詞を「-게 되다」にしてみる

動詞を-게 되다に変えてみましょう。

다음 달부터 광주에서
来月から光州に住むことになりました
(살다)
담배를 전혀
たばこを全く吸わなくなりました
(피우다)
열심히 공부하면 영어도
一生懸命勉強すれば、英語もうまくなるでしょう
(잘하다)
다음 달부터 기숙사에
来月から寮に入ることになりました
(들어가다)
애인이 중국인이라서 중국어를
恋人が中国人だから、中国語を習うことになったんですか?
(배우다)
외국인을 만나면서 외국어에 관심을
外国人と会ううちに、外国語に興味を持つようになりました
(가지다)
그 때부터 책을
その時以来、本が好きになりました
(좋아하다)
무역회사에서 일하면서 외국인을 자주
貿易会社で働きながら、外国人と頻繁に会うようになりました
(만나다)

※タップして答えを確認できます。

-게 되다を勉強したら、ついでに-게 하다も一緒に復習してみましょう。