疑問詞とは、文字通り「疑問文」によく用いる言葉です。

疑問詞にはいろんな種類があり、何をどのようにたずねるのか?によって、使う語彙が変わります。

今回は、韓国語の疑問詞について、その種類と使い方を解説していきます。

それが何か全くわからない時

誰かわからない時に使う「누구」

疑問詞を使い分ける時は、何をどう知りたいのかがポイントになります。

まず、知りたいことが「人」である場合、누구を使います。

김영주-L

누구세요?
どなたですか?

황수지-L

오늘은 누구랑 같이 올 거예요?
今日は誰と一緒にくるんですか?

김대호-L

누가 아직 안 왔어요?
誰がまだ来てないですか?

누가は「누구가」を短くしたものです。

行動やものには「무엇」

知りたいことが「行動やもの」など、人以外の場合は、무엇を使いましょう。

김선아-R

저 나무의 이름이 무엇입니까?
あの木の名前は何ですか?

兵士-R

일단 무엇을 하면 좋을까?
とりあえず、何をすればいいだろうか?

양승희-R

어제 저녁은 를 먹었어요?
昨日の晩は何を食べましたか?

박기영-R

보다 중요한 건 실력이다.
何よりも重要なのは実力だ

「뭐」は무엇の、いわば口語体です。

聞き方を変えたのが「무슨」

知らないことについて、先ほどとは質問の仕方を変えると、무슨になります。

김지성-L

이게 무슨 냄새야?
これは何のにおいだ?

ベジ-L

오늘은 무슨 요일이에요?
今日は何曜日ですか?

みか-L

이거 무슨 노래인지 알아요?
これ何の歌か知ってますか?

「何の~?」のような文ですが、仮にこれらを次のように言ったらどうでしょう。

言い方を変えただけで、意味は変わらない

이 냄새는 뭡니까? → においが何か知りたい

오늘 요일이 뭐지? → 曜日を聞いている

이 노래가 뭐예요? → 歌がわからない

結局、質問のニュアンスは同じなんです。

「무엇입니까? 뭐예요?」のように、疑問詞が文の後に来るのではなく、前に持ってきたと考えましょう。

具体的にわからない時

くわしく聞きたい時は「어떤」

知りたいことについて、より詳しいことを聞きたい場合です。

이현빈-R

그 여자는 성격이 어때요?
彼女は性格はどうなの?

박석중-R

자네 생각은 어떤가?
君の考えはどうだ?

細かい部分について質問する言葉といえば、어떻다(どうだ)ですが、これも聞き方を変えてみましょう。

이현빈-L

그 여자는 어떤 성격이에요?
彼女は、どんな性格なの?

박석중-L

자네는 어떤 생각을 가지고 있나?
君はどういう考えを持っている?

어떻다を名詞の前に持って来れば「어떤」ですね。

こんな感じで、内容や特性・状態などを聞き出してみましょう。

무슨と어떤はどこが違うの?

무슨と어떤の質問の違い

무슨
聞きたい対象「そのもの」がわからない

어떤
聞きたいことについて「詳しく」わからない

무슨と어떤の違いをざっくり言ってしまえば、こうなります。

ただし質問の仕方によっては、무슨と어떤の差がなくなることもあります。

최지현-R

무슨 영화를 좋아하세요?
何の映画が好きですか?

최지현-L

어떤 영화를 좋아하세요?
どんな映画が好きですか?

意味をどうとらえるかは相手次第ですが、こういう質問であれば「特定の好きな映画はあるのか、好みの映画のジャンルは何か」といったように、ニュアンスを区別できなくもありません。

しかし、次のようなケースはどうでしょうか?

김지성-R

공항에서 무슨 일을 해요?
空港で何の仕事をしているんですか?

김지성-L

공항에서 어떤 일을 해요?
空港でどんな仕事をしているんですか?

こうなると、仕事の内容について質問していることに変わりないので、結局は同じ意味になります。

무슨と어떤の定型パターン

무슨と어떤には、決まった使い方のようなものもあります。

김철수-R

이건 대체 무슨입니까?
これはいったい何事ですか?

박기영-R

지금 무슨 말씀을 하시는 겁니까?
何をおっしゃっているのですか?

박석중-R

무슨를 써서라도 반드시 찾아내야 돼.
どんな手を使ってでも必ず探し出さないと

강소영-L

이 중에서 어떤이 마음에 들었어요?
この中で、どんな服が気に入りましたか?

이소룡-L

어제 어떤 사람이 찾아 왔어요.
昨日、ある人が訪ねてきました

무슨と어떤を入れ替えても問題ない場合もありますが、ある程度は定型パターンとして覚えてしまってもいいでしょう。

内容を限定して質問する

場所がわからないなら「어디」

質問したい内容を、細かく限定して表現することもあります。

例えば、場所がわからない時は어디、といったようにです。

이현빈-R

여기 주소가 어디예요?
ここの住所はどこですか?

박석중-R

어디까지 알고 있어?
お前はどこまで知ってるんだ?

場所としてのニュアンスもあれば、ある範囲を表す場合もあります。

김대호-L

어디, 한 번 해 보자.
どれ、ちょっとやってみよう

ただしこういう使い方もあるので、なんでも「場所をたずねる」と思わないようにしましょう。

時期をたずねるなら「언제」

時期がわからないのであれば、언제の登場です。

강소영-R

휴가는 언제부터예요?
休暇はいつからですか?

김지성-R

이건 언제까지 하면 됩니까?
これはいつまでにやればいいですか?

「언제=いつ」に、細かい説明は必要ないでしょう。

김선아-L

언제 한번 만나요.
いつか一度会いましょう

しかし、언제にもこういう使い方があったりします。

複数あるうちの選択肢「어느」

複数あるものの中から「どれか一つ」を意味するのが、어느です。

최지현-R

어느 것이 정답일까요?
どれが正解だろうか?

양승희-R

민경씨는 어느 계절을 좋아해요?
ミンギョンさんはどの季節が好きですか?

まさに「どれにしようかな?」ですね。

A씨-L

옛날 옛날 어느 마을에 어떤 부자가 있었다.
昔むかし、ある村にとあるお金持ちがいた

B씨-L

어느 날 부자는 딸을 불러놓고 이렇게 말했다.
ある日、お金持ちは娘を呼び出して、こう言った

やっぱり、어느にも「ちょっと違う使い方」はあります。

数や量に関する質問

量や程度をたずねるのが「얼마」

疑問詞には「数や量」に関するものもありますが、文量や程度をたずねるのが、얼마です。

한상우-R

시간이 얼마나 지났어?
どのくらいの時間が過ぎた?

김영주-R

관리비가 한 달에 얼마예요?
管理費が1か月にいくらですか?

金額をたずねる時の定番でもありますね。

なび-L

얼마든지 저한테 물어보세요.
いくらでも私に聞いてください

박기영-L

얼마나 힘들었을까요?
どれほど辛かったろうか?

ただし얼마も、こういう用法の場合は、パターンで覚えてしまうといいでしょう。

数に関する質問には「몇」

量に関する質問でも「数字そのもの」について聞くのが、です。

悟-R

8에 3을 더하면 이 됩니까?
8に3を加えたらいくつになりますか?

황수지-R

지금은 시예요?
今、何時ですか?

양승희-L

내일은 며칠이에요?
明日は何月何日ですか?

時間や日付には欠かせない言葉ですね。

ただし「何日」は、몇 일ではなく며칠です。

まとめ

1.全くわからないことを聞く
누구
무엇
무슨

2.具体的なことを質問する
어떤
어디
언제
어느

3.数字や量に関すること
얼마

疑問詞を質問以外に使うケースは、少しづつ覚えていきましょう。